トップページ » バラエティ番組からの気づき

バラエティ番組からの気づき

こんにちは。
レイキ ヒ-ラ-&ヒプノセラピストの瀬川です。

 

先日、日本TV系列の所 ジョ-ジさんの「笑ってコラえて!」という番組を観ていました。
その番組の中で「朝までハシゴの旅」というコ-ナ-があります。
このコ-ナ-は終電後から始発までの間、色々なお店を巡ってお客さんと出会い会話をしていくという内容です。

そのコ-ナ-にタレントの平 愛梨さんが出演していました。
この「朝までハシゴの旅」に行くように言われた平 愛梨さんは、

 

「人見知りだから出来ない。人に疑問(興味)がないから人としゃべれない。」

 

と、泣き出して拒否をします。
そして、渋々?あるいは及び腰?ながら結局は出かけることになった訳ですが、
始発までの約5時間程の中で色々な人と出会い、会話を進めていきました。

そして、始発が来る時間帯になってハシゴの旅も終了するのですが、
そこで平 愛梨さんは以下のように発言しました。

 

「会話をすることで、人に疑問(興味)が出てくるってことが分かりました!」

 

バラエティ番組ですので、ある方針の元に編集されていることも当然です。
しかし、私は平 愛梨さんはとても素晴らしい「気づき」を得たと思いました。

それは、

 

「人に疑問(興味)がないからしゃべれないのではなく、まずは会話をすることで疑問(興味)が湧いてくる」

 

ということです。
表現を変えれば平 愛梨さんの今までの心の中には「ボタンの掛け違え」があったのかもしれません。
しかし、「一歩」を踏み出したことによって、その「ボタンの掛け違え」が見事に修正されたように思います。

 

同じような例ですが、ヒプノセラピスト認定講座においては、
「意識(顕在意識、潜在意識・無意識)」の仕組みも学んでいきます。
その中で無意識の性質として、

 

「無意識とは あなたの意識の一部 しかし、 今は、意識していない意識」

 

と定義しています。
お分かりになるでしょうか?

このTOPICSを読んで下さっている皆様に今からある質問をします。

 

「このTOPICSを読んでいる今、あなたの足の裏の感覚はどんな感じでしょうか?」

 

例えば、床の感触がある、履いているものの感触がある、など様々かもしれません。
しかし、私が質問をする以前から足の裏の感覚は存在していたはずです。
ただ、足の裏の感覚を意識していなかっただけです。
質問をされて初めて、足の裏に意識を持っていったことで感覚を感じたに過ぎません。
これは呼吸なども同様です。

 

このように本来は私達は全てを意識しています。
ただ、全てに意識の焦点を合わせていない、そして、ある箇所に意識の焦点を合わせていることをリアルに感じています。

 

「気づき」も同様です。
本来「気づき」は身の周りに溢れています。
ただ全てに「気づいていない」だけです。

 

意識を別の焦点に合わせることでリアルに感じるのと同様に、
「気づき」も「一歩」を踏み出し、そこで起こってくる体験を「(可能であれば楽しく)受け入れる」ことで、
どんどん「気づき」も増していきます。
そして「気づき」が増えていくことで、人生もどんどん「変化」していきます。

 

「気づく」こと、そして人生が「変化」していくことに苦労や苦痛などは必要ありません。
バラエティ番組やTVなどからも色々な「気づき」を得られますので、
どうぞリラックスしながら色々な「気づき」を発見してみて下さい。

2015年5月22日 02:05

«

»

TOPへ戻る

新着投稿

過去の投稿


プライバシーポリシー

当サイトのご利用規約

サイトの詳細につきましては上記のご利用規約をご確認ください。

当サイトはリンクフリーではありません。
事前の連絡と許可審査が必要です。

スマートフォン、タブレットで読み取ってください

先頭へ