第94回:『 便利と怠惰・・・そして、本当の優しさ 』

こんにちは、レイキ ヒーラー&ヒプノセラピストの瀬川です。

青森県内では、そろそろ車のタイヤ交換を行おうかどうかと、迷っている方も多い季節になりました。
私も先日タイヤ交換をして、その数日後に雪が降りましたが、もう大丈夫では?と思うような陽気も近づいています。

 

車と言えば、近頃ではTVコマーシャルなどでも自動制御ブレーキが搭載されている車が標準になりつつあるようです。
過去の痛ましい事故などから、二度と同じようなことが起こらないようにとの思いから色々開発されていることと思います。
そこで、今回のテ-マ「便利と怠惰・・・そして、本当の優しさ」です。

 

「便利」になるということは、その反面として「怠惰」になるという裏面が潜んでいます。
車の自動制御ブレーキにおいても、いざという時の安心感・安全感を感じられる反面、危険を未然に防ぐということが徐々に意識から薄れていく側面もあります。
勿論、「今の所」は機械に頼らず、充分注意して安全運転を心掛けている方が大半だと思いますが、、、、、

 

ところで、昨年の第153回の芥川賞を受賞した「スクラップ・アンド・ビルド」(文藝春秋)という小説があります。
作者は羽田圭介 氏ですが、最近はバラエティ番組などにも出演しているのでご覧になった方もいるかもしれません。

 

この小説の内容は、早くお迎えが来て欲しいというのが口癖の祖父に対して、孫である主人公が、究極の孫孝行?を行おうと葛藤していく物語です。
その孫孝行の行動は、

 

本人(祖父)が自分で出来ることまで、過剰に全てやってあげて、本人(祖父)の行動を奪っていく

 

ということを試みていきます。
バリアフリーではなく、行動を奪うためにバリアーを逆に作り上げ、要介護度をさらに重度に押し進める逆行的な介護を試みるという行動です。
つまり、孫が行う行動の全てが、

 

本人(祖父)にとっては究極的に「便利」になる

 

ということを意味し、その反面、

 

本人(祖父)の「自由」を徹底的に奪い取り「怠惰」にさせる

 

という動機・目的が隠されています。
そして、何も出来なくなることで本人(祖父)の死期を早め、究極の自発的尊厳死(※ 「究極の自発的尊厳死」というのは、この小説内にて用いられている表現ですのでご了承下さい)を目指していく内容です。
(※ ちなみに、最近のニュースなどでは、尊厳死と安楽死が混同されて報道されているケースもあるみたいですので、両者は違うものであることを心に留め置いて情報に接して下さい。)

 

「便利」になるということには、効率性や安全性が増すという側面も確かにあります。
そして、「便利」になるということは表現を換えれば、

 

意識を向けずとも物事が実現し

振り返ると、どうやって実現したかが分からなくなっている

 

という相反する現象が生まれる可能性も秘められています。
私自身も「漢字」を忘れたりした際は、以前であれば辞書を引っ張り出して調べていたことが、今ではスマフォや携帯で字を変換して思い出したりする時も勿論あります。
そして、辞書で調べていた時よりも、変換で思い出した「漢字」の方が、すぐ忘れる確率は高いと感じています。

 

また、私は車の自動制御ブレーキを否定している訳ではありませんが、赤信号を認識したら自動的に止まる、人を認識したら自動的にブレーキがかかる、、、、、このようなことが無意識に実現していくとしたら、これから先の車の運転はどうなっていくのでしょうか?

 

そして、この小説の本人(祖父)はあらゆることを自動的にしてもらい、自分で出来る自由が密かに奪われていく現実、そして、それが本人(祖父)にとっては無意識で実現していく、、、、、