第19回:『 自然の畏怖 』

こんばんは、レイキ ヒーラー&ヒプノセラピストの瀬川です。

10月に入ってから2度、台風が上陸しましたが、これは10年振りとのことです。
その前にも、火山の噴火や、土砂災害などが頻発し、災害に遭われた方々には、心からお見舞い申し上げます。
そこで、今回は自然災害に関する、ある物語をご紹介致します。

 

なお、今回ご紹介するお話は架空のものであり、皆様に「自分だったら、どうする?」という視点で考えて頂きたい趣旨ですので、実際の災害現場では当てはまらないケースがほとんどでしょうし、お話の中に「神」という用語も出てきますが、これは特定のものを指している訳ではございませんので、予め、お断り申し上げます。

 

では、物語の始まりです。

 

ある村に、一人で暮らしているお婆さんがいました。
隣近所とも仲が良く、お互いに助け合って暮らしていました。
そして、このお婆さんは、とても信仰深く、毎日「神」に対して、自分のことのみならず、村の人々も平穏な暮らしが送れるよう、熱心にお祈りしていました。

 

ある日、この村に大雨が降り、村は洪水に襲われてしまいました。
しかし、幸いなことに、このお婆さんは、何とか自力で自宅の屋根に昇り、難を逃れていました。

 

そうしている中、午前中に村の消防団の青年がボートに乗ってお婆さんの所にやって来て、言いました。
「お婆さん、洪水の水はまだ増えるかもしれないから、このボートに一緒に乗って避難所に行こうよ。」

 

お婆さんは答えました。
「私には神がついているから大丈夫だよ。」

 

また、お昼頃になって、再度その青年がボートに乗ってお婆さんの所にやって来て、言いました。
「屋根の上ではご飯も食べられないし、一緒に避難所に行こうよ。」

 

お婆さんは答えました。
「神が守ってくれるから安心だよ。私は信仰深いし。」

 

そして、夕暮れ時に、再々同じ青年がやって来て、言いました。
「お婆さん、これから雨が再度降る予報だし、夜になると危ないから一緒に避難所に行こうよ。」

 

お婆さんは答えました。
「私は自分のことだけでなく、村の皆のことも神にお祈りしてるから大丈夫だよ。なんたって、毎日熱心に信仰しているから、必ず神が守って下さるから。」

 

その青年は仕方なく、一人ボートを漕ぎ避難所に向かいました。
その後、天候は悪化し、お婆さんは屋根の上で洪水に巻き込まれて、この世を旅立ちました。

 

旅立ったお婆さんは天国に着いて、真っ先に神の元に行き、言いました。
「私はあなた様(神)のことを熱心に信仰していたのに、どうして助けてくれなかったのか?」

 

神は答えました。