第9回:『 「ストレス」って何だろう? 』

こんにちは、レイキ ヒーラー&ヒプノセラピストの瀬川です。

今回は「ストレス」って何だろう?というテーマで考えてみたいと思います。

なお、今回のテーマについては、「ストレス」を別な見方で捉えてみることを目的としており、あくまで私見であることと、医学的観点における定義とは違うこと、そして、医学的観点を否定するものではないことを、ご了承下さい。

 

「ストレス」という言葉を聞いたことがない人は、ほとんどいないと思います。

また、少し体調が不調な時に、「ストレスなんじゃないの?」と周囲の人から言われることは、今や挨拶のように使われているようにも思います。

 

「ストレス」には形があるのでしょうか?  あるいは、形はないのでしょうか?

「ストレス」に形があるとしたら、それは四角形でしょうか?  あるいは、丸形でしょうか?

その形は柔らかいのでしょうか?  あるいは、固いのでしょうか?

「ストレス」には色があるのでしょうか?  あるとしたら、何色でしょうか?

「ストレス」には香りがあるのでしょうか?  あるとしたら、どんな香りでしょうか?

「ストレス」は私達の外側からやって来るのでしょうか?

あるいは、私達の内側からやって来るのでしょうか?

 

皆様は「ストレス」をどのように捉えているのでしょう?

百人いれば百通りの捉え方があるかと思います。

 

ここで、私は「ストレス」は「反応」であると捉えてみたいと思います。

具体的に言えば、「ある出来事」に対し、「どう反応するか?」の「反応」と捉えてみたいと思います。

 

ある会社に太郎さんと花子さんがいます。

この二人に、忘年会での余興としてカラオケを歌うよう提案がなされました。

太郎さんはよくカラオケを歌いますし、とても歌が上手で、プロの歌手になりたいと夢見ていた頃もありました。

一方、花子さんはカラオケをしたことがなく、人前で話すのもどちらかと言えば苦手で、声も小さくなりがちです。

実は、花子さんは小学生の頃に、授業参観で上手く発表出来なかった体験がありました。

 

「人前でカラオケをする」という「出来事」は、太郎さんも花子さんも一緒です。

この「出来事」には、まだ、何の「意味付け」もありません。

今のところ、「出来事」は「中立」です。

 

では、太郎さんと花子さんとを較べて、「人前でカラオケをする」という「出来事」に対して、どちらが「ストレス」を感じるでしょうか?