トップページ » 被災者の御魂からのメッセ-ジ : 切り替え

被災者の御魂からのメッセ-ジ : 切り替え

こんにちは。
レイキ ヒ-ラ-&ヒプノセラピストの瀬川です。

 

3月も下旬に入り、色々と忙しい生活を送っている方もいらっしゃるかもしれません。
また、5年目に入った東日本大震災の3月11日から2週間ほど経過し、被災に遭われた方々、あるいは、震災を体験してなくとも心を痛めていらっしゃった方々の気持ちも、少し落ち着いてきた頃合いかもしれません。

 

そこで、今回は「被災者の御魂からのメッセ-ジ : 切り替え」というテ-マをお伝えしていきたいと思います。
このテ-マを進めるに当たりまして、一つの論文をご紹介致します。

それは、ノンフィクション作家である奥野修司 氏の「死者と生きる - 被災地の霊体験」(月刊 新潮:2016年4月号にて掲載)です。
※ 死者や霊というお題が冠されてますが、面白可笑しく取り上げられているものではなく、偏見を排し、真摯に取り組んでいる内容です。

 

震災後に、被災地では多くの不思議な体験や現象、あるいは、被災に遭われたご家族の霊を見たというお話は色々語られていました。
しかし、そのような内容を記事として取り上げるのは不謹慎である、あるいは逆に、それこそ興味本位のみから都市伝説的なお話のみが一人歩きしてきたという実態もあります。

 

そこで、奥野 氏は震災の2年目から毎月のように被災地に通い、当事者から様々な体験談の聞き取りを行ってきたそうです。
詳細はこの論文をお読みになって頂ければと思いますが、まず、そこで語られている被災者の方々に共通していることは、

 

後悔している

 

という思いがあることです。
あの時こうしておけば、、、、、別の行動をしていれば、、、、、など様々です。

 

このような後悔の念を今も持ち続けていることは、無理からぬことと思います。
一瞬にして今までの日常が流され、ご家族などが津波に飲み込まれてしまった状況などでは、後悔を手放すということは一筋縄ではいかない難しい面もあると思います。
また、後悔を手放すことに罪悪感を感じる方もいらっしゃるかと思います。

 

そして、この論文の被災者からの体験談を読ませて貰っていると、このような不思議な体験をした、また、残された方々へのメッセ-ジが届けられたという時には、大きく二つのパタ-ンがあるように見受けられました。

 

一つは、「これから先どうやって生きていけば良いのか分からない」という時です。
このような思いの時に、不思議な体験をし、それが被災されたご家族からのメッセ-ジと気づいて、心の「切り替え」が出来てきたというケ-スです。

 

そして、もう一つは、「今のままではダメだ、前に進み出そう」という時です。
このような心の「切り替え」が出来た時にも、同じようにメッセ-ジに気づいて、「さらなる励み」となっていったケ-スです。

受動的な切り替え、あるいは能動的な切り替えという意味では違いがあるのかもしれませんが、やはり共通しているのは、

 

切り替え

 

という点だと思います。
ある体験が元になって「切り替え」が出来るようになり、また、「切り替え」が出来るようになったことで、ある体験をした。

そして、「切り替え」と言っても、様々な側面があります。

 

例えば、「静から動へ」の切り替えです。
これは、少しでも前に進んで行こうという、行動の切り替えです。
やりたかったことを実行に移してみることなどが当てはまります。

 

また、「静から静へ」「動から動へ」という切り替えもあると思います。
「静から静へ」というのは、例えば後悔の念が深く、まだ何かに手を付けられる状態ではないが、心の中を整理し、少しでも心を動かす状況にしていこうという、心の切り替えです。
これも立派な切り替えだと思います。
「動から動へ」というのは、切り替え後の行動に、さらなる心をバネにして行動していくという、心と行動のコラボレ-ションと言えるかもしれません。

 

そして、「動から静へ」という切り替えもあります。
今までの切り替えも私達においても大切なことですが、この「動から静へ」という切り替えは、意外と盲点になっている面もあります。

例えば、何かが上手くいっていないと感じる時には、ひとまず立ち止まってみる、動かずに状況を客観的に把握してみるということになるかもしれません。

 

そして、この「動から静へ」というのは、大切なご家族などを失った場合にも当てはまります。
震災に限らず、事故やご病気などでも同様です。

大切な方を失った時は、悲しさ、寂しさなどに明け暮れることも多いと思います。
そして、だんだんと時が経過するにつれ、少しずつ自分を取り戻して日常を送っていくというケ-スも多いことでしょう。
これも大切なことです。

そして、私が盲点としてお伝えしたい点は、私達はこのような悲しさや寂しさなどを克服していこうと、

 

自分でも知らず知らずの内に、通常の自分以上にテンションを上げ続けている

 

という点です。
大切な方を失った時には、火葬やお葬式などの現実的な対処が必要な場面も多いものです。
悲しみや寂しさの渦中にありながらも、少しでも冷静を保とうと自覚もしていることも勿論多いです。
しかし、中には、

 

無自覚のまま、数ヶ月後も数年後もテンションを上げ続けている

 

というケ-スもあります。
そして、

 

今もテンションを上げ続けている自分に気づいていない

 

というケ-スです。
言わば、必要以上にアドレナリンが出続けている状態と言えるかもしれません。
つまり、喪失感などから少し立ち直れた、あるいは日常が戻ってきたと感じている今現在でも、

 

実際のテンションが本来の自分以上のまま継続している

 

ということです。
悪いことではありませんが、自分でも知らないままテンションを上げ続けていると、疲労感などが積み重なってしまうこともあります。
そのような時の切り替えが、

 

自覚を持って「動から静へ」

 

という意味合いです。
そして、この切り替えにより「本来の自分」を取り戻すということに繋がっていくことと思います。

被災地における復興には、インフラ整備などの現実的な対応も勿論必要です。
そして、復興のあり方としては、「元に戻る」のではなく、「新しい何か」が加味された、「発展」を見据えていくことも必要かもしれません。
これは、物的なものだけではなく、私達の「心」の側面においても同じことのように感じます。
「切り替え」が出来た時に、本当の「節目」と言えるのかもしれません。

 

被災に遭われた方々は、一方的に支援を受けている訳ではありません。
「生き方」を通じて、被災をしていない私達の日常に気づきや変化などをもたらしてくれてもいます。

このような不思議な体験には、幻覚だ、脳の産み出した錯覚だ、過度のストレスが原因だ、などの見解もあることと思います。
しかし、このような体験を語って下さった方々にとっては、紛れもない「事実」です。
信じる信じないも勿論自由です。
被災地の現状を見つめる際にでも、一つの側面として、偏見を排し、語られているお話も考えてみては如何でしょうか、、、、、
そして、それは「自分を見つめる」ということにも繋がっているのかもしれません。

 

年度末は色々な「切り替え」の頃合いとも言えます。
「切り替え」は、誰にでもいつでも出来ることです。
そして、自分で出来る範囲内の「切り替え」でも、大いに様々な気づきや変化をもたらしてくれることと思います、、、、、

 

ちなみに、この論文の中の体験談をよく読むと、子どもの胎内記憶、子どもは産まれてくる前はどのような状態なのか、そして、前世からの個性・能力の引き継ぎと思われるようなお話も多く見受けられます。
面白可笑しく読むような内容ではありませんし、それは今回体験を語って下さった方々への失礼にもなりますが、真摯にお話に耳を傾けていると、色々なことが見えてくるような内容も含まれている・・・・・と、個人的には思います。

2016年3月24日 04:03

«

»

TOPへ戻る

新着投稿

過去の投稿


プライバシーポリシー

当サイトのご利用規約

サイトの詳細につきましては上記のご利用規約をご確認ください。

当サイトはリンクフリーではありません。
事前の連絡と許可審査が必要です。

スマートフォン、タブレットで読み取ってください

先頭へ