日常に変化を起こすには ~違和感という感情の変化に気づいてみる~

第59回:『 日常に変化を起こすには ~違和感という感情の変化に気づいてみる~ 』

【 その他参照ワード:ウォーキング、寄り道、発見、立佞武多 】

S.Light.M(カウンセリング・ヒプノセラピー・レイキヒーリング・各種セミナー&認定講座)の瀬川です!

青森県内の主な祭りも終わり、お盆も過ぎ徐々に過ごしやすい秋めいた季節になってきました。

私は今回、地元の五所川原市の立佞武多を2回観に行きました!

昨年は初めて観るという事もあり、「ただただ観る」という感じでした(笑)

 

 

今回は2回目だったので前後の流れを把握出来たり、それぞれ別の場所からも観賞しました。

すると立佞武多の見え方、迫力、明るさ、周りの観光客の盛り上がりも違い、色々「違った」雰囲気で楽しめました!

 

【 見方を変えると様々に変化する 】

私は時間がある時に1時間程ウォーキングをしています。

毎回同じコースだと飽きてくるので反対回りに歩いてみたり、時には小道に入って寄り道などもします(笑)

 

反対回りに歩くだけでも、見ている「風景」が変わっていきます。

岩木山の風景も「角度」が少し変わるだけで「趣」が違って見えてきます。

 

そして、見方や風景が変わると、自分の中の「感情」や「捉え方」にも変化が起こります

そして、一方から歩いていた時には「見えていなかったもの」が「見えてくる」ことにも気づきました

 

ところで、皆さんもこんな経験はないでしょうか???

行きの時よりも帰りの方が時間が短く感じ、、、

 

ウォーキングでも歩いている「道」は同じです。

角度が違っても観ている「立佞武多」は同じです。

行きと帰りの「道」も同じです。

 

ほんの少し「見方」を変えることで、「新しい発見」に気づくことがあります。

そして、そのことで「感情」に「変化」が起こることもあります。

また、「時間」の「感覚」にも変化が表れることもあります。

 

青森県内はお盆を過ぎると、冬に向かっての生活を歩んで行く傾向が多いかもしれません。

そして、またいつもの「日常」に戻ったと感じる人も多いかもしれません。

 

何か「日常」に物足りなさや、空虚感などを感じる際には、「見方」や「方向」を少し変えてみてはどうでしょうか、、、

 

難しいことをする必要はありません(笑)

例えば、顔を洗ってから歯を磨くのが日常であれば、逆に歯を磨いてから顔を洗う。

通勤している人であれば、少し通勤路を変えてみる。

家事をしている人であれば、掃除をする部屋の順番を変えてみる。

 

 

すると、「違和感」を感じるかもしれません、、、

「違和感」というのは少しネガティブなイメージを持つかもしれませんが、「感覚」が「違う」というだけです。

そして、「感覚」が違うと感じるというのは、「感情」にも「変化」が表れているということです。

 

「見方」が変わることで「風景(日常)」が変わっていきます、、、

「風景(日常)」が変わることで「感情」が変わっていきます、、、

「感情」が変わることで「出来事(日常)」も変わっていきます、、、(笑)

 

※ 関連TOPICSはこちら

・ 『 変化を遂げるには・・・まず「安心」を 』

・ 『 見ている景色は・・・違う? 』

 

※ カウンセリング等をご検討の際には、私が登録相談員をしている以下のリンク先も参考になります。

☆ カウンセリング.COM

☆ 心理カウンセラー.COM