第35回:『 ニュースの違い 』

こんばんは、レイキ ヒーラー&ヒプノセラピストの瀬川です。

今回は、私自身が感じたニュースの違いについて書いてみたいと思います。
現在は、概ね夕方の5時からは全国版のニュースが流れており、その後、6時15分からは青森県内のニュースが流れるようにTVではなっています。
勿論、全国版のニュースも観ますが、私は県内版のニュースを主として観るようにしています。
というのも、県内版のニュースでは季節毎の風習や地域に根ざした話題が主になっているからです。
以前もお伝えしていたように、私は18歳から東京に行ってましたので、あまり青森県内の風習などについては詳しくありません。
しかし、県内版のニュースを観るようにしてから、県内の様々な風習や文化、そして前々回のTOPICSでも書いた旬の食べ物などがよく分かるようになってきました。

 

そこで、私の経験から、この夕方6時15分以降に東京で流れているニュースといえば、ほとんどが激安の美味しい飲食店関係などの話題、ブランド品を質屋に売ったりする話題、何かの犯罪捜査の密着などが主に流れていたように思います。

 

つまり、東京という「一地方」での話題はニュースとして流れていないことになります。
逆に言えば、東京という「一地方」で起こったニュースは、それは「全国」ニュースとして流れていることになります。
それぞれの区のケーブルTVなどでは季節のニュースなども流れているのかもしれませんが、地上波放送という一般に流れているTVでは、東京で起こることは全てが「全国に伝えるべきニュース」として扱われているようにも思います。

 

私も東京出身の友達などから「帰省出来る場所があるのは羨ましい」などの言葉をよく耳にしました。
物理的なこともあるのでしょうが、東京という「一地方」でありながら、その実体は「東京=日本」ということなのだと思います。

 

東京に居た折はあまり感じませんでしたが、東京で雪が降ると全国ニュースになるというのも、今にして思えば少し奇妙な感じもします。

取り留めのない内容ですが、私の感じた所としては、