第30回:『 「奇跡の人」 』

こんにちは、レイキ ヒーラー&ヒプノセラピストの瀬川です。

今回は一冊の本をご紹介致します。
それは、

 

「奇跡の人」 原田 マハ:双葉社  です。

 

この本は、ヘレン・ケラーとアン・サリヴァン先生の実話がベースとなっていますが、舞台は明治時代の青森県弘前であり、津軽弁のセリフや津軽三味線などの文化も描かれていますので、特に津軽地方にお住まいの方には身近な内容として心に入りやすくなっていると思います。

 

この本の主人公である6歳の少女、介良れんは、目が見えない・耳が聞こえない・口が利けない、という「三重苦」を背負っています。
(注:「三重苦」という表現は、この小説で用いられている表現であり、私の個人的見解ではないことをお断り申し上げます)
そして、このような状況でありながらも、「人間の可能性」をテーマとした物語が紡ぎ出されていきます。
そこで、ここからTOPICSを連ねていきたいと思います。

 

カウンセリング、ヒーリング、セラピーなどを行っている多くの人には、ある一つの共通認識があります。
それは、

 

「他の人と比較をすることの中に幸せはない」 ということです。

 

これには「人の欲望には際限がない」という戒めもありますし、例えば、お体などが不自由な方のTVなどを見て、「自分は五体満足だし、こんなことで悩んでいられない!」といった「奮起」を促す側面も確かにあるかもしれません。

 

しかし、それでもこのような比較の中に幸せを見い出すことは難しい、という意味合いです。
このことは、自分が他の人にアドバイスをすることを想定して貰えば分かりやすくなると思います。

 

例えば、あなたの友達が何かに悩んでいるとします。
するとあなたは、「悩みがあっても、あなたは健康だし幸せに思わなきゃ」とアドバイスをします。

 

また、あなたの友達がご病気を治そうと懸命に頑張っているとします。
するとあなたは、「治療は辛いかもしれないけど、あなたより大変な治療をしている人もいるんだから頑張らなきゃ」とアドバイスをします。

 

では、あなたの友達が理由は何であれ、「もう生きているのが辛い、死んでしまいたい」と思っているとします。
この時、あなたならどのようにアドバイスをするでしょうか?