トップページ » 厄払い

厄払い

こんばんわ。
レイキ ヒ-ラ-&ヒプノセラピストの瀬川です。

 

いきなり全くの私事ですが、私は本年「本厄」に当たっており、一足先に「後厄」のお祓いを、本日、岩木山神社で行って貰いました。
そして、これも全くの個人的見解ですが、「厄払い」は、気になるようでしたら行って貰うのも良いでしょうし、気にならなければ行わなくても良いと思います。

 

ただ、「厄払い」を行う一つの意味として、

 

「何かのせい、誰かのせいにしない」

 

という心構えが出来るかと考えます。
皆さんも、

 

「今年色々続いたのは厄年のせいかな」「厄年だったから良い事がなかった」

 

などの言葉を周りの人々から聞いたりしたことはないでしょうか?
私は「良くない事(あるいは、自分にとって都合の悪い事)が起こる」のは「厄年のせい」とは思いません。

 

また同様の意味で、「厄年」の時に、事業を開始したり、引っ越しは避けた方が良い、との言葉も聞かれます。
確かに、長年の智恵や経験から、そのような事もあるのかもしれません。
しかし、私は「本厄」の年にS.Light.Mを開設しました。
私にも現実の生活というものがあります。
それを「厄年」を言い訳に先に遅らすことは私自身にとっては無意味に思えたからです。

 

私自身が考えるポイントは、「厄年」を言い訳にしない事と考えます。
本当に心からやりたい事、あるいは取り組みたい事などがある場合、勿論、取りかかる前に色々熟考もするでしょうが、先延ばしに出来るでしょうか?
「本厄」は終わったけれども「後厄」だからという言い訳で先延ばしに出来るでしょうか?
「前厄」も含めたら「3年」もの時間を費やす事になってしまいます。

 

そして、「厄年だから悪い事が起こらなければいいな」「厄年だし悪い事が起こるかもしれないな」

 

などと、「怖れ」を抱えてその年を生きるのであれば、「お祓い」をして貰って、スッキリして生きるのも一つの考えだと思います。
「厄年」を気にするも、気にしないも自由ですし、「お祓い」を行うのも、行わないのも全くの自由です。

 

「何かのせい、誰かのせいにしない」という「責任主体」の生き方を心がけたいと、改めて思った次第です。

 

なお、余録になりますが、神社は、本来「お願い事」をしに行く場所ではありません。
神社は、

 

「誓い」や「決断」を伝えに行く場所です。

 

例えばお金が欲しいならば、「宝くじが当たりますように」とか、「大金持ちになれますように」という「願い事」をする代わりに、「私は自分の仕事を心を込めて精一杯行う事を決断しました」などのような「誓い」や「決断」をお伝えするのが本来の趣旨になります。
その道中で「最善の方向に行けるよう、必要な時に導きやメッセ-ジ」をお願いするのは構わないと思います。

 

実は、このような「願望」と「誓い・決断」の違いは、以前にもお伝えした「暗示の効果」と、とてもよく似ています。
「暗示」は、

 

「~になって欲しい」「~になりますように」という「願望形」は潜在意識に届きにくい特性があります。

 

この場合は、「~になります(なりつつあります)」「~になりました」という「現在進行形」や「過去完了形」の表現の方が、潜在意識には届きやすくなります。

 

古来の人々は「神」にお願いをするのは不躾と思っていたのかもしれませんが、このような潜在意識の仕組みを体感として理解していたのかもしれません。
これは「お墓参り」も同様です。

 

やたらと「ご先祖様」にお願いをしていると、「ご先祖様」はどう思うでしょうか?
あなたが「ご先祖様」になったつもりで、「子孫の方々」がどのようにお参りに来てくれたら嬉しいかを考えてみるのも一つの作法の参考になるかもしれません。

 

そして、これも全くの余談ですが、岩木山神社からの帰り道、信号待ちをしていた時ですが、ふと、車の走行距離のメ-タ-に目が行きました(普段は走行距離など考えることもありません)。
すると、「メ-タ-」は「50333km」となっていました。
そして、これも、ふと、時計を目にしたら「PM3:33」となっていました。

 

「333」という数字が共通しています。

 

心理学ではこのような現象を「シンクロニティ(共時性:意味ある偶然)」と表現したりします。

 

年始の初詣の際は、「誓い・決断」を、よろしければ参考になさって下さい。
そして、慌ただしい「師走」の季節になりますが、そんな中、余裕を持って、ふと、「シンクロニティ」の現象に「気づいて」みるのも、心の清涼剤になるかもしれません。

2014年11月28日 05:11

«

»

TOPへ戻る

新着投稿

過去の投稿


プライバシーポリシー

当サイトのご利用規約

サイトの詳細につきましては上記のご利用規約をご確認ください。

当サイトはリンクフリーではありません。
事前の連絡と許可審査が必要です。

スマートフォン、タブレットで読み取ってください

先頭へ