第13回:『 臨死体験&前世療法≒個人的体験 』

こんにちは、レイキ ヒーラー&ヒプノセラピストの瀬川です。

今回は、「臨死体験」&「前世療法」について、私の個人的体験から少しスピリチュアルなお話をご紹介致します。

 

臨死体験という言葉は多くの方が耳にされたことがあるかと思います。

臨死体験については、精神科医であるE・キューブラー・ロス氏の書籍が有名ですが、今回はアメリカの脳神経外科医である、エベン・アレグザンダー医師の資料をご紹介致します。

 

書籍:「プルーフ・オブ・ヘブン」(早川書房) エベン・アレグザンダー(筆)・白川貴子(訳)

DVD:「プルーフ・オブ・ヘブンを超えた対話」(ナチュラルスピリット)

 

詳細は書籍やDVDを参照頂ければと思いますが、概要は、脳神経外科医であるエベン・アレグザンダー医師が大腸菌性髄膜炎を発症し、7日間の昏睡状態中に体験したお話です。

氏はそこでの体験を不思議に思い、快復後自らの専門である脳神経学の観点から自らのCT画像などを詳細に検討しますが、医学的な観点からは昏睡状態の7日間は完全に脳機能が停止している状態であると判断されています。

にも関わらず、そこでの体験を記憶していることと、意識がない中で病室にお見舞いに来た人々を覚えており、そして、臨死体験を決定づける?「ある人」との再会を果たしました(「ある人」については書籍をお読み頂ければと思います)。

またDVDにおいては、40年あまり臨死体験を研究している医学博士のレイモンド・ムーディ氏との対話が掲載されています。

書籍やDVDの内容では、「神」などの表現が出てきますが、これには文化的背景もあると思われますし、「神」は特定のものを指しているのではないようにも思われますので、興味のある方は一度読んでみるのも面白いかと思います。

 

そして、ここでエベン・アレグザンダー医師が主張しているのは、

「意識は脳に依存しない」

ということを述べています。

 

ここから先は私事ですが、私は高校3年の時に自然気胸というものになりました。

これは簡単に言えば肺に穴が空く症状で、背が高くやせ気味の若い男性に多くある症例だそうです。

ただ、命に関わるような症例でもなく、今では私の時よりもずっと早く簡単に治る症例みたいです。

 

そして、その治療の一環として、肺の穴を塞ぐために薬剤を投与したのですが、それが強烈だったためか、私は呼吸が出来なくなってしまいました。