こんにちは!
レイキ ヒーラー&ヒプノセラピストの瀬川です。

 

GWも終了致しましたが、今年の連休は、一生に一度だけの経験でいい!、、、と言うより、二度と(自分は)経験したくないし、(他の人にも)経験させたくない!などの思いもあった事かもしれません。
また、多くの方が外出などの自粛をし、ほとんどの時間をお家で過ごしてストレスが溜まった!という方もいらっしゃるかと思います(笑)

 

そこで今回は「シンボルを活用して自分を知る遊び ~バシャールからの贈り物???(笑)~」というテーマをお届けして参ります!
ところで、このバシャールとは、このTOPICSでも幾度か取り上げた事もありますが、所謂、地球外知的生命体と呼ばれる存在!?です(笑)

そして、「シンボルを活用して自分を知る遊び」とのテーマのように、今回は自分一人で出来るヒプノセラピー(催眠療法)という側面も含まれており、実は、今回ご紹介する「遊び」は、S.Light.Mで開催しているヒプノ体験会でも活用しているものです。

 

そして、この基となっている素材は『 BASHAR バシャール ペーパーブック④ 』(著:ダリル・アンカ、訳:関野直行、VOICE新書)に掲載されておりますが、ヒプノ体験会ではこの素材を少しアレンジし、また今回お届けする内容におきましても、「読む素材」である事から、さらに少し手を加えて簡略化しております。

また、「自分一人で出来る」ともコメント致しましたが、お友達同士でも楽しむ事が出来ますので、そのような際にはドンドン活用して頂いても構いません!(笑)

 

では、進めていくに当たりまして、まず、シンボル(象徴)というのは、全員に当てはまる訳でもなく、その意味する所も絶対的なものではありません。
例えば、日本では「鳩(ハト)」は「平和の象徴」と言われたりしておりますが、諸外国では「(高級)食材」として扱われたりもしております(笑)
故に、ここからの内容は「杓子定規」に自分に当てはめる必要性もありませんし、一生懸命に取り組むなどの姿勢も必要ありません!
あなたの「遊び心」から自由に行ってみて下さい(笑)

また、今回はTOPICSという「読む素材」ですので、目を瞑(つぶ)る事は当然ながら必要ありませんが、その場面場面においてイメージや想像したりする際には、目を瞑って貰っても勿論構いません!

 

そして、「8つのステップ」を踏んで進んで行きますが、何となく浮かんできたイメージや、何となくこんな感じがする、などのように、頭で考えるのではなく、ただ、(心の)流れに身を任せ、ご自身の中に湧き出て来る・感じるフィーリングを大切にしてみて下さい。
そして、後半では「答え合わせ!?」ではありませんが、その場面場面が、あなたにとって何を現していたのか!?を読み解いていきますので、まずは、リラックスして楽しんで、試して(遊んで)みて下さい(笑)

また、「答え合わせ!?」の際に想い出しやすくなるように、箇条書きなど簡単で結構ですので、湧き出て来たイメージなどを(その都度ステップ毎に)メモ書き(単語だけでもOK)しておくと良いかもしれません!

では、ほんの少しの間、今回のGWでは、なかなか出来なかったかもしれない「旅行(トリップ)」に、一緒に出掛けて参りましょう!!!

 

まず最初に、リラックスする為に、何度か深呼吸してみて下さい、、、
あなたのペースで大丈夫です、、、

そして、やり方に、正しいも間違いもありません、、、
ただ、あなたの好きなように、あなたの自由にやって下さい、、、

それでは、終わりましたら、この先を読み進めてみて下さい、、、

 

「 ① 」
あなたにとって楽しめる『 森(もり) 』をイメージして下さい。
そして、その『 森 』をイメージしながら、次の事を観察して下さい。

・ 今、そこでは『 何時頃 』ですか?
・ 今、そこでは『 どんな日 』ですか?

 

では、その『 森 』をイメージしながら、次の事を考えてみて下さい。

・ その『 森 』を、『 どうやって(どういう風に) 』抜けていきますか?

 

道があるかもしれませんし、道はないかもしれません、、、
突拍子もない方法でも、何でも構いませんので、あなたりなりに歩き始めて下さい。
そして、周りに生えている木などの様子も観察しながら歩みを進めて下さい、、、

では、終わりましたら次に進みましょう!

 

「 ② 」
そのように進んで行くと、目の前に『 壁(かべ) 』が出て来ました。

・ その『 壁 』は、どんなものでしょうか?
・ その『 壁 』に対し、あなたは何かをするでしょうか?

 

では、終わりましたら、どのような方法でも構いませんので、その『 壁 』を通り抜け、再び森の中を進んで行きましょう!

 

「 ③ 」
ドンドン進んで行くと、今度は『 熊(くま)』と出逢いました。

・ それはどんな『 熊 』でしょうか?
・ その『 熊 』は、あなたに何かをするでしょうか?
・ あるいは、あなたはその『 熊 』をどうするでしょうか?

 

では、終わりましたら先に進みましょう!

あなたにとって、自然なちょうど良いペースで進んで行きます。

 

「 ④ 」
そして、進んでいると、今度は『 箱(はこ) 』と出逢います。

・ それはどんな『 箱 』でしょうか?
・ あなたは、その『 箱 』をどうするでしょうか?

 

では、見終わったら、さらに進んで行きますが、ちょうど「ステップの半分」まで来ましたので、ここらで一呼吸入れても大丈夫ですよ(笑)

 

「 ⑤ 」
さらに進んで行くと、今度は『 鍵(かぎ) 』を見つけます。

・ その『 鍵 』は、どんな風に見えるでしょうか?
・ あなたは、その『 鍵 』をどうするでしょうか?

 

では、終わりましたら次に進みましょう!

 

「 ⑥ 」
すると今度は、何かを飲むための『 容器(ようき) 』に出逢います。
液体を飲む『 容器 』です。

・ それはどんな『 容器 』でしょうか?
・ そして、あなたはその『 容器 』をどうするでしょうか?

 

では、今度も終わりましたら先に進みましょう!

 

「 ⑦ 」
すると、今度は目の前に『 水辺(みずべ) 』が出て来ました。

・ それはどの位の『 水辺 』でしょうか?
・ そして、どんな『 水辺 』でしょうか?
・ あなたは、その『 水辺 』をどうするでしょうか?

 

では、終わりましたら、その水辺を離れて、さらに先に進んで行きます。
そのように進みながら、イメージとして湧き出て来るもの、あるいは、感じるもの全てに意識を向けてみましょう!

 

「 ⑧ 」
さあ、周りを観察しながら進んで行くと、今度は何かの『 建物(たてもの) 』に出逢います。

・ それはどんな『 建物 』でしょうか?
・ そして、あなたはその『 建物 』に何かをするでしょうか?

 

それでは、全てを見終わりましたら、イメージの中の森から、だんだんと出て来ます!
とてもリラックスしていますよ!
お疲れ様でした(笑)

 

では、ここからは「答え合わせ!?」と称して読み解いていきますが、繰り返しですが、全てが全て、あなにとって絶対的に当てはまるという訳ではありません。
ただ、ここまでイメージしてきたもの、あるいは、感じてきたものを、ご自身に正直になって、一緒に振り返ってみて下さい(笑)
そして、それについて「考えて」みて下さい!

 

「 ① 」について!

最初に見た『 森 』は、あなたの『 人生 』そのもの

 

です。
あなたはご自身の人生をどんな風に捉えたでしょうか?
周りの木などの様子はどうだったでしょうか?
高い木もあれば、低い木もあったかもしれません、、、
青々と茂っているものもあれば、所々元気が少なく感じられたものもあるかもしれません、、、

良い、悪い、はありません。
ただ、自分が人生をどういう目で見ているのかを知る事により、

 

変えたいものがあれば、、、変えていけば良い!!!

 

という事です(笑)
そして、『 何時頃 』?との問い掛けがありましたが、これは、

 

今、自分の成長の段階において、『 どの辺り 』にいるのか?

 

という事を意味しています。
朝、昼、夕方、夜、あるいは、午前、午後など様々な段階がある事でしょう、、、

さらに、『 どんな日 』?というのは、

 

人生が、あなたを『 どのように扱っている 』のか?

 

とのもので、暖かく感じる、冷たく感じる、色々とある事でしょう、、、

また、『 どうやって(どういう風に) 』抜けていきますか?との点は、

 

自分の人生を、『 どう進んで行きたい 』のか?

 

という事を現しております。
それ(自分の人生)を好きか嫌いかに関わらず、「今」、人生をどのように歩んでいる(どう感じている)のかを知る事が出来ます。

自然に出来上がった道、人が作った舗装道、あるいは、獣(けもの)道、、、
広い道、細い道、真っ直ぐな道、曲がりくねった道、、、
また、道など存在しておらず、木々の隙間を縫って進んだ方もいらっしゃるかもしれません、、、
中には、動く歩道のようなものをイメージした方もいらっしゃるかもしれませんね(笑)

あなたにとって、どのような道が好きで楽しめるのか、、、あなた自身で決める事が出来ます!!!
ペースを落とす為に道を曲げる事も出来るし、加速を増す為に道を真っ直ぐにする事も可能です(笑)

 

「 ② 」について!

『 壁 』は、あなたの人生の中の『 挑戦や障害 』

 

を現しています。
低く短いものだったでしょうか、、、あるいは、、、高くて長いものだったでしょうか、、、
飛び越えて(よじ登って)進んだ人もいれば、回り道をした人もいらっしゃるかもしれません。
あるいは、その『 壁 』は、『 森 』そのものより大きく感じた人もいらっしゃるかもしれません。

そして、その『 壁 』は自然なもの、あるいは、人工のもの、、、固い感触、、、柔らかい感触、、、
また、扉が付いていたかもしれませんし、、、(単に、通り抜けよう!と思ったら)簡単に通り抜ける事が出来た!かもしれません、、、(笑)

あなたが人生における『 挑戦や障害 』と感じる何かに出逢った時、シンボルを活用して、その『 挑戦や障害 』と捉えていたものを、『 再定義(別の意味付け) 』をする事も可能です!!!

 

「 ③ 」について!

出逢った『 熊 』は、ある状況に対処する際の、あなたの『 感情的(反応)パターンと人間関係 』

 

を象徴しています。
その『 熊 』に、例えば、怖れを感じたでしょうか、、、可愛らしく感じたでしょうか、、、あるいは、興奮を覚えたでしょうか、、、
自分の手には負えそうもない『 熊 』でしたでしょうか、、、共存共生出来そうな相手でしたでしょうか、、、

あなたは、その『 熊 』を避けて進んだのでしょうか、、、近づいてみたのでしょうか、、、あるいは、単に存在している事を認めてあげたのでしょうか、、、
あなたは、威嚇したのでしょうか、、、『 熊 』は唸り声を上げたのでしょうか、、、

 

「 ④ 」について!

出逢った『 箱 』は、あなたの人生の中での、『 未知・未発見 』のもの、『 驚きに満ちた 』もの

 

を現しています。
その『 箱 』の外見はどういうものだったでしょうか?
何色でしたでしょうか?

大きくて重そう、、、あるいは、小さくて軽そう、、、
一つでしたでしょうか、、、幾つもありましたでしょうか、、、
『 箱 』の中身は覗いてみましたか???(笑)

 

「 ⑤ 」について!

見つけた『 鍵 』は、あなたの『 智恵 』

 

です。
古くて錆びていましたか?
新しくて光っていましたか?

大きな鍵、、、小さな鍵、、、
小さいけれど重い鍵、、、大きいけれど軽い鍵、、、
その『 鍵 』 を拾って一緒に持って行ったのでしょうか?
あるいは、盗みは駄目!と思って、そのままにしたのでしょうか?(笑)

 

「 ⑥ 」について!

次に出逢った『 (液体を飲む為の)容器 』は、人生の中にある『 愛 』を、あなたがどのように見ているか?

 

との問い掛けです。
美しいものでしたでしょうか、、、不衛生に感じたでしょうか、、、
『 容器 』の中には何か入っていたでしょうか、、、空っぽだったでしょうか、、、

何か入っていたとすれば、『 容器 』は満たされていたでしょうか、、、少ししか入っていなかったでしょうか、、、
水が入っていたかもしれませんし、、、ジュースが入っていたかもしれませんし、、、人によっては?お酒が入っていたかもしれません(笑)

 

お猪口(ちょこ)のように小さかったかもしれませんし、、、ビールのジョッキのように大きかったかもしれません、、、
あるいは、皆に行き渡るように、噴水や湧き水のように絶えず流れ続けていた、、、という人もいるかもしれません、、、
そして、ここでも、この『 容器 』を持って行ったのでしょうか、、、そのまま置いていったのでしょうか、、、(笑)

 

「 ⑦ 」について!

次に出て来た『 水辺 』は、あなたの『 官能的(性的)な部分 』

 

です。
これは「自分自身」は勿論、「他の人」に対する見方も含めてのものです。
浅かったでしょうか、、、深かったでしょうか、、、
流れていたでしょうか、、、澱(よど)んでいたでしょうか、、、
温かい? 冷たい? 透明? 暗い?

 

何か他の生き物が棲(す)んでいたでしょうか?
何も棲んでいませんでしたか?

その『 水辺 』に触れたり、あるいは、飛び込んでみましたか?
そのまま見ていただけでしょうか?

 

そして、「そのように進みながら、イメージとして湧き出て来るもの、あるいは、感じるもの全てに意識を向けてみましょう!」との道案内もありましたが、、、

 

耳には心地よい音が入ってきたでしょうか、、、
それとも、耳障りの悪い雑音が聞こえてきたでしょうか、、、

目には眩(まばゆ)いばかりの素敵な光景が映っていたでしょうか、、、
それとも、目を覆わんばかりの醜(みにく)い有様でしたでしょうか、、、

鼻には艶(あで)やかな香りが漂ってきたでしょうか、、、
それとも、鼻をつまみたくなる程の臭気でしたでしょうか、、、

 

周りにある様々な情報を、シンプルに「受け取る」事が出来たでしょうか、、、
周りの様々な環境から、何かを「学び取る」事が出来たでしょうか、、、
周りの様々なものから、自分で「取捨選択」をしてきたでしょうか、、、

 

「 ⑧ 」について!

最後に出逢った何かの『 建物 』は、あなたが『 肉体的な死 』をどう見ているのか?

 

を現していました。
小さな、古びたものだったでしょうか?
居心地のよさそうな温かい雰囲気のものだったでしょうか?

 

その『 建物 』は、あなたのものでしたでしょうか、、、それとも、、、他の人のものだったでしょうか、、、
住みたい、、、あるいは、、、住みたくない、、、どうだったでしょうか、、、
地下にあったのか、、、地上にあったのか、、、
高層マンションのように何層もあるものでしたでしょうか?(笑)

 

『 森 』を通ってくる道中で、様々なアイテムとも出逢いました。
それらを持ってきて、必要であれば、使うのを試してみたでしょうか?

例えば、『 鍵 』 を使って『 建物 』の扉を開けたでしょうか?
あるいは、引き返して、その『 鍵 』で『 箱 』を開けようとしたでしょうか?

『 水辺 』を見つけた時、戻って『 容器 』を拾いに行ったでしょうか?
その『 容器 』で『 水辺 』 から何かを汲み取ったりしたでしょうか?

 

では、「答え合わせ!?」もここで終了です!
如何でしたでしょうか?
上手くイメージ出来ましたか?
それとも、あまり思い浮かばなかったでしょうか?(笑)

 

そして、繰り返しですが、シンボル(象徴)は人それぞれ違いがありますし、万人に当てはまるものでもありませんし、絶対的なものでもありません。
中には、「答え合わせ!?」と噛み合わない、ピンと来ない、というのもあった事かと思います(笑)
そして、100人いれば、100通りのストーリーが紡がれている事でしょう!!!

 

そして、今回のテーマにおきましては、私から何かをお伝えしたりするような性質のものではありませんので、もし一つでも何か気になったり、興味が惹かれるようなシンボルがありましたら、『 自分を知る 』際に活用してみて下さい!
そして、その時々の状況や心持ちで、「次に」またやってみた時には、『 違うあなたのストーリー(可能性の広がり) 』を発見出来るかもしれません(笑)

そして、若干唐突?で申し訳ございませんが、前回のTOPICSの締め括りにおきましては、今回の新型コロナウイルスなどの状況においては、

 

集合無意識が「鍵」を握っている、、、(という風に、私個人の直感?では感じている次第です、、、)

 

ともコメント致しましたが、

 

シンボル(象徴)と集合無意識は・・・

それぞれが「繋がって」「重なって」おり

 

自分を知り、、、自分を変えていくと、、、

それは集合無意識を変化させていく事に・・・

「繋がって」「重なって」いく

 

という点は、もしかしたら、皆さんも薄々ながら?『 気づき始めて 』来た頃合いかもしれませんね!?
そして、それが『 遊び心 』を活用して、『 楽しんで 』試す事が、『 可能 』であるという事に、、、(笑)