ヒプノセラピー(催眠療法)

ヒプノセラピー(催眠療法) > 前世療法 | 年齢退行療法 | タイムラインセラピー | エンプティ チェア ーク | その他の療法

ヒプノセラピー(催眠療法)とは、催眠状態を活用して潜在意識の力を最大限発揮させることを目的としたセラピーです。潜在意識にはその人の人生の経験・記憶などが全て蓄積されており、これから歩む人生における「答え」をもたらしてくれる力が秘められています。

私達の意識は、一般的に「顕在意識」「潜在意識」の交流により産み出されています。

「顕在意識」とは、日常生活を送る上での、分析や判断を主に司っています。

例えば、買い物をする時は、お金を支払ってお釣りを貰い確認する行動や、車を運転する時は、赤信号や歩行者に注意を向けるというように、色々な分析や判断を行っています。

「潜在意識」とは、日常生活においてはほとんど意識されておりませんが、ひらめきや直感という言葉で表現されるように、必要な時にインスピレーションとしてもたらされる源になります。また夢としての情報なども潜在意識からの部分が大きいと言われております。

そして、私達の意識を占める割合は「顕在意識は10%」「潜在意識は90%」と言われております。

逆に言えば、平素の日常生活を送る上では、私達は10%の顕在意識の部分しか活用していないとも言えます。

人間は脳の機能の数%しか活用していないと言われる所以はここにあります。

何かを行おうとする際、経験や固定観念など、「顕在意識」で分析や判断をすることがほとんどのため、そこから「これは上手くいくはずがない」「確率的にこれは無理だろう」など、自ら持っている可能性を閉ざしているケースは誰しも経験のあることでしょう。

そこで、私達に備わっている、ほとんど活用されていない90%もの潜在意識を最大限発揮させ、自らの人生の可能性を広げ、自らの人生を創造していく助けとして活用していくための手法がヒプノセラピー(催眠療法)になります。

言い換えれば、自分の中にすでにある「答え」を探し出す旅とも言えるでしょう。

潜在意識の力を発揮させるのに催眠という手法が使われる理由ですが、「潜在意識」に到達するためには「顕在意識」のドアを開く必要性があります。先述の通り、「顕在意識」は分析や判断などの、私達の安全を守るために必要な注意力をも司っていますので、常に意識の門番やガードマンのような役割を果たしています。その「顕在意識」のドアを開けるのに催眠状態であることが効果的とされています。

脳波の状態で言えば、「顕在意識」が働いている時は「ベータ波」が主流であり、「潜在意識」が働き出す催眠状態の時は「アルファ波~シータ波」が主流となります。よくリラクゼーション効果を期待するCDなどで、アルファ波を出すなど、一度は耳にしたこともあるかと思われます。

このように、脳波がアルファ波~シータ波である状態の時が、いわゆる催眠状態(医学的・科学的諸説においては様々な解釈もあります)とされ、この催眠状態の時には、暗示などが潜在意識に到達されやすく、また、自分でも忘れていたり埋もれていた記憶にアクセスすることが可能となります。

潜在意識は善悪の判断をしませんので、自分にとって有益な暗示の場合などは、潜在意識はそれを現実として受け入れます。そして現在問題となっている状況や症状などの、根本原因を探し出し、そのことに気づくことによって、「答え」を潜在意識から導き出すことになります。

催眠状態は特別なものではありません。私達は誰しも、一日に数十回は催眠状態を出入りしています。ただその状態を意識していないだけです。

例えば、好きな本を夢中で読んでいて、読み終わった時には何時間も経過していた経験。映画を観ていて、自分のことではないのだけれど、涙を流したり興奮した経験。また高速道路を運転している時も、ほぼ催眠状態と同様になっています。

ですから、催眠状態とは特別なものではなく、普段通りの意識もありますし、普通に会話も出来る状態です。

また、「催眠術ショー」「マインドコントロール(洗脳)」などのイメージにより、催眠にかかると自分が操られてしまうのではないか、催眠から抜けられなくなるのではないか、などの怖れや不安もあるかと思われますが、その活用法や仕組みは全く違うものでありますのでご安心ください。

※ 「催眠術ショー」や「マインドコントロール(洗脳)」との違いにつきましては「よくあるご質問」をご参照ください

このように、ヒプノセラピーは安全なものであり、その起源も紀元前のギリシャやエジプトの神殿や寺院などですでに行われておりました。

最近では、1955年に英国医師会がヒプノセラピーを有効な治療法の一つとして認めたことを皮切りに、1958年に米国医師会、1960年に米国心理学会、1962年には米国精神医学会が同様に有効性を認め、少数ですが近頃では日本国内においても、医師による、癌などの病気に対するヒプノセラピーも実施されています。

そして、NIH(米国国立衛生研究所)によるCAM(相補・代替医療)の5分類において、ヒプノセラピーは第(2)「Mind-body Interventions(心と身体への介在)」「Hypnosis(催眠療法)」として位置づけられております。

※ なお、日本国においては、ヒプノセラピーは治療行為と見なされておりませんが、上記は情報として掲載しているものであり、日本国においては医師法により、医師以外の者が診断・治療(それに準ずる行為も含む)などの医療行為を行う事は禁止されておりますのでご了承ください。また、一定の効果を保証するものではない旨も、併せてご了承ください。

さらに、ヒプノセラピーはイメージトレーニングなどで表されるように、症状や心のバランスを整えることのみならず、パフォーマンス効果を最大限発揮させることを目的としたり、願望実現にも活用されています。

具体的には、相対性理論を提唱したアルバート・アインシュタインはインスピレーションを得るために、自らで催眠に似た状態を作り出していた伝記、マスターズや全英オープンでメジャー制覇を成し遂げた、プロゴルファーのニック・ファルドはヒプノセラピストと契約をしていたこと、ハリウッド俳優のケビン・コスナーは映画「ウォーターワールド」の撮影に際し、船酔いを克服するためにヒプノセラピーを行ったこと、同様にシルベスター・スタローンは映画「ロッキー」の台本作成の際に、催眠の自己暗示を行っていたことなどが伝えられています。

このように、ヒプノセラピーの活用法は様々ありますが、誤解や偏見が多いのも事実ですので、初回カウンセリングや、ヒプノセラピーの初回セッション(3時間)において、催眠に対する説明、不安・疑問点の解消、また短いリラクゼーションなどから行って参りますので、どうぞご安心ください。

最後に、ヒプノセラピーを受けることによって副作用が発生することはありませんが、以下の場合にはヒプノセラピーを行うことを控えさせて頂いておりますのでご了承ください。

  • 重篤な持病や発作をお持ちの方
  • 極度に精神状態が不安定な場合
  • 頻繁に自傷行為が繰り返されている場合
  • セラピストの言葉をご理解頂けない場合(乳幼児や認知症の場合など)
  • 現在、心療内科などに通院中の場合などや、出産間近の妊婦さんなどの場合に控えさせて頂くケースや、専門の医師の了承、保護者などの同伴者の方のお付き添いをお願いする場合がございますのでご了承ください。

また、上記以外のケースで、例えば、未成年者のクライアント様のご家族などの方が、セッションの同席を希望される場合に同席頂くことも勿論可能ですが、前世療法や年齢退行療法(インナーチャイルド)系のセッションのケースでは、同席者の方が、クライアント様の人間関係や出来事に深く関わっていることが多いため、そのことによりクライアント様が自由に発言出来ない状況のような場合には、一時、ご退席頂くケースもございますので予め、ご了承ください。

TOPへ戻る

プログラム ~ 前世療法

前世療法とは、年齢退行療法の一種であり、現在問題となっている人間関係や症状の根本原因を前世において探し出し、そしてその原因となった出来事や感情を癒すことにより、現在の状況の改善を目指すセラピーです。

前世療法は、米国の精神科医であるブライアン・L・ワイス博士が、著書である「前世療法(PHP文庫)」を発表したことにより、世界的に脚光を集め、現在ではヒプノセラピーの代表的なものとなっております。

この著書の内容は、ある女性が長年の神経症と強迫観念に悩み、様々な治療法を試みたにも関わらず、一向に改善の兆しが見られなかったため、その原因を探るために催眠療法の年齢退行療法を試した所、突如、その女性が前世らしき場面を思い出し、語り始めたことから始まります。そして、前世らしき場面を再体験し、その前世での経験から現在の人生(今世)に役立つ智恵を授かる(思い出す)ことにより、症状が改善していったという実話です。興味のある方はご一読をお勧め致します。

ヒプノセラピーにおいて体験する前世が、真実であるかどうかの科学的証明はなされておりません。ただし、体験した前世を追跡調査した結果、全く違う国で前世の自分のお墓を発見したりといった統計的調査においては、高い確率で前世での出来事が本当に起こっていたことが確認されたケースなどは多々あります。

また、子供は5~6歳位までは前世の記憶を色濃く有していると言われており、いきなり前世での出来事を話し出したりといったケースも多く見受けられます。

前世療法は状況改善に多く利用されますが、「輝いていた自分の前世を知り、それをもっと今回の人生に活かしたい」「前世で身に付けた才能を、今回の人生でも活用させたい」「今の親しい人との前世での関係を知り、もっと仲良くしていきたい」など、今後の人生を更なる輝きに満たすような活用も行えます。

いずれにしても、ヒプノセラピーにおいては前世を実証することが目的ではなく、前世らしき場面(その場面が潜在意識からのメッセージとしてのシンボルや比喩である場合も多くあります)を再体験し、その前世から現在の人生へのメッセージを受け取り、それを今後の人生に活用していくことを目的としております。

前世療法の一般的な流れ

① リラクゼーション誘導
  ↓
② 安全な部屋の設定
※ 前世での出来事を再体験する際に、どうしても体験したくない場面などに備えて、いつでも戻れる安全な部屋をあらかじめ設定することにより、安全にセラピーを行います。
  ↓
③ 前世の再体験
※ 再体験する場面は、セラピストが意図して誘導するものではなく、クライアント様の潜在意識が選び出すため、人生の順を追って体験するケースや、複数の前世の主要な場面を体験するケースなど様々です。
  ↓
④ 前世からの旅立ちの場面
※ いわゆる臨終の場面ですが、体験するのが辛い場合などは、映画を観るように客観的に体験出来る誘導を行います。あるいは、その場面を体験せずに次に進めて行くことも出来ますので、ご安心ください。
  ↓
⑤ 中間世及び前世の癒し
※ 中間世とは、前世と今世の中間の場面であり、そこで今回体験した人生(前世)を振り返ります。そして前世での体験を癒すことで、ネガティブな感情などを今の人生(今世)に持ち越さないようにします。
  ↓
⑥ 高次の自己(ハイアーセルフなど)からのメッセージを受け取る
※ ここでは今の人生(今世)をより良く生きるためのメッセージや智恵を受け取ります。
「高次の自己(ハイアーセルフなど)」につきましては「よくあるご質問」をご参照ください。
  ↓
⑦ クライアント様にとって有益な暗示の導入
  ↓
⑧ 解催眠後、体験した前世や気づきなどをセラピストと共に振り返っていきます

注:上記はあくまで一般的に多い流れですが、潜在意識はその人にとって安全で、その時に必要な最高最善のイメージやメッセージを送ってきますので、色々なパターンで進められていきます。

TOPへ戻る

プログラム ~ 年齢退行療法(インナーチャイルド)

年齢退行療法(インナーチャイルド)とは、今回の人生において、主に子供時代に生じた出来事で、その当時の感情などが解消されていないトラウマなどを再体験し、現在の視点からその出来事と、その当時の子供であった自分自身を癒すセラピーです。

私達の潜在意識には全ての経験や記憶が蓄積されていますが、普段は日常生活を平穏に送るために、過去のトラウマなどを封印していることがあります。その場合に、何かの出来事がきっかけとなって、そのトラウマ自体を思い出したり、その源となっているトラウマを解消しきれていないことにより、無意識でそのトラウマから生じる第2のトラウマなどを作り出していることがあります。

このような場合、原因が分からないが不安にさいなまれたり、ある行動を起こそうとしても、それを実行することに怖れを感じたりと、日常生活を送る上での、心身のバランスの調整を保つのが難しくなることがあります。

このような場合、年齢退行療法により、トラウマの原因となっている出来事を探し出していきます。

また、本人がこれがトラウマとなっている出来事だと感じている場合でも、実は自分でも気づいていなかった、それ以前の出来事がトラウマになっているケースもよくあります。

故に、源となっている出来事を探し出し、その出来事を成長した大人の視点から経験し、未だ自分の中で怖れや悲しみなどを抱えている子供の自分(インナーチャイルド)を癒すことにより、これからの人生をより良く生きることを目的としています。

なお、年齢退行療法を行う場合でも、クライアント様の潜在意識がそのトラウマとなっている出来事を、前世や子宮内の胎内での出来事に見いだすケースも多々ありますので、その場合はセッションを中断することなく、スムーズに前世療法などに切り替えを行っていきますので、ご了承ください。

年齢退行療法(インナーチャイルド)の一般的な流れ

① リラクゼーション誘導
  ↓
② 安全な部屋の設定
※ トラウマなどの出来事を再体験する際に、どうしても体験したくない場面などに備えて、いつでも戻れる安全な部屋をあらかじめ設定することにより、安全にセラピーを行います。
  ↓
③ 源となっている出来事(トラウマ)の探し出し
※ セラピストの誘導により、年齢を遡って源となっている出来事(トラウマ)を探し出していきます。
  ↓
④ 源となっている出来事(トラウマ)の再体験とインナーチャイルドの癒し
※ 当時の子供のままであるご自身と、現在の大人の視点を持ったクライアント様との対話などを通じて、子供時代の自分と現在のクライアント様との、お二人の共同作業でトラウマを再体験していきますので、ご安心ください。
  ↓
⑤ クライアント様にとって有益な暗示の導入
  ↓
⑥ 解催眠後、体験した出来事や気づきなどをセラピストと共に振り返っていきます

注:上記はあくまで一般的に多い流れですが、潜在意識はその人にとって安全で、その時に必要な最高最善のイメージやメッセージを送ってきますので、色々なパターンで進められていきます。

TOPへ戻る

プログラム ~ タイムラインセラピー

タイムラインセラピーとは、年齢退行系のセラピーの一種ですが、前世療法や年齢退行療法(インナーチャイルド)とは違い、前世での出来事やトラウマを再体験することなく、感情を解放するセラピーです。

私達の中に多くある「怒り・悲しみ・恐怖・傷心・罪悪感・制限された決定(思い込み)」などの、否定的な感情や、制限的な思い込みが源となって、自由に行動出来ないことはよくあります。

このような場合に、必ずその原因となっている出来事やトラウマは存在するのですが、全ての前世やトラウマを再体験しなければ、本来の自分を取り戻せないとなれば、これはほぼ不可能なことでしょう。

また、前世やトラウマを再体験することに対する恐怖感を持たれる方も多くいらっしゃいます。

このような場合、タイムラインセラピーでは、前世療法や年齢退行療法(インナーチャイルド)における前世やトラウマの場面を再体験をする必要がないことと、催眠状態にはならず、覚醒した状態(目を開けた状態)でも行えます。イメージトレーニングのように行いますので、催眠に対する抵抗感があるクライアント様にも活用頂けます。

また、一つの感情を解放するのに概ね20~30分程度で行えますので、1度のセッション(2時間)で2~3の感情の解放を行っていくことが可能なセラピーです。

ちなみに、タイムラインセラピーは、イギリスではアフガニスタンからの帰還兵、またクロアチアでは内戦の兵士のPTSD(心的外傷後ストレス障害)の改善にも、医師や心理学者などにより実施されております。

TOPへ戻る

プログラム ~ エンプティ チェア ワーク

エンプティ チェア ワークとは、「空椅子の技法」とも呼ばれているもので、「気づき」を促すセラピーです。

催眠状態において、二つの空きの椅子を設定し、一方にはクライアント様、そしてもう一方には対象となる人や症状などを擬人化し、お互いの対話を通して「気づき」を得ることを目的としています。

対象となるのは、現在問題となっている人間関係の相手方、心身に不調和をもたらしている各種症状、過去や未来の自分、憧れの人物や過去の偉人、すでに今世を旅立たれた人、好きな景色や音楽など、様々なものに対応することが可能です。

お互いの対話を通じて、クライアント様のみならず、その対象となる相手方も「気づき」を得て、お互いをよく知るおしゃべりの時間を過ごすような内容のセラピーです。

例えば、人間関係の相手方などでは、今まで面と向かって言えなかったことなどを伝え、その相手方がそれを聞いてどう感じるのか、そして、本当は相手方はクライアント様のことをどう思っていたかなどの対話を通じて理解を深めていきます。

また、各種症状などでは、その症状に対しクライアント様の思いを伝え、それに対して、その症状はなぜ現れ、そしてクライアント様に何か伝えたいことがあるのか、そして改善していくためには何が必要なのかなどを対話していくようなイメージで進めていきます。

注:エンプティ チェア ワークは、あくまでクライアント様の潜在意識を活用したセラピーですので、「すでに今世を旅立たれた人」「過去の偉人」などを対象とする場合でも、「ミーディアム・霊媒・イタコ」などのスピリチュアルな内容のものではございませんので、ご了承ください。

TOPへ戻る

プログラム ~ その他の療法

■ 各種暗示療法

例えば「ストレス」「ダイエット」「不眠」などのテーマごとに、催眠暗示療法を行っていきます。テーマごとに単独でのセッションも可能ですが、前世療法などの一連のセッションの最後に暗示療法を組み入れて行っていくことも可能です。 注:公序良俗に反するような行為を行う暗示療法はお断りしております。

■ イメージ療法

「なりたい自分」「夢を叶えた自分」など、将来達成したい目標などが主な対象になります。

GIFTテクニックという手法を活用し、催眠状態において、すでに目標を達成した自分をイメージすることにより、達成した現実を潜在意識に定着させていきます。注:公序良俗に反するような行為を行うイメージ療法はお断りしております。

■ 未来世療法

現在の状態のままで迎える将来と、ヒプノセラピーのセッションで「気づき」を得た後に迎える将来を比較し、クライアント様のこれからの歩む道の選択を促すセラピーです。

注:未来世療法はクライアント様の潜在意識から導き出される可能性を探るものであり、「予言や占い」といった類のものではございませんので、ご了承ください。

上記がヒプノセラピーの主な内容となっておりますが、クライアント様のご要望や状態を把握した上で行って参りますので、ご質問等がございましたら、遠慮せず、お気軽におっしゃってください。

TOPへ戻る

新着投稿

過去の投稿


プライバシーポリシー

当サイトのご利用規約

サイトの詳細につきましては上記のご利用規約をご確認ください。

当サイトはリンクフリーではありません。
事前の連絡と許可審査が必要です。

スマートフォン、タブレットで読み取ってください

先頭へ