感覚を磨くとは

こんにちは。
レイキ ヒ-ラ-&ヒプノセラピストの瀬川です。

 

今回は、「感覚を磨くとは」というテ-マを取り上げてみたいと思います。
S.Light.Mにて行っている、レイキ ヒ-リング認定講座、そして、ヒプノセラピスト認定講座においても、受講生の方から、
「直感を伸ばす方法はありますか?」、「感覚を研ぎ澄ますとはどういう感じですか?」などのご質問を受けることもあります。

 

このような質問の趣旨の多くは、いわゆる「第六感(直感)」に関するケ-スも多いのですが、
ひとまず、「感覚」ということで進めて参ります。

 

私達には「五感」(視覚・聴覚・触覚(体感覚)・味覚・嗅覚)が備わっています。
中には、何かしらのご事情で、聴覚が弱い、あるいは活用出来ていないという方もいらっしゃるかと思います。
しかし、「五感」全てが活用出来ていないという方はいらっしゃらないかと思います。
昏睡状態であっても、「聴覚」は残っているというケ-スを耳にされた方も多いでしょう。

 

そこで、「五感」のお話を進めていくに当たり、ヒプノセラピ-(催眠療法)の「前世療法」での例を取り上げてみます。
「前世療法」では、よく「見えるのか?(視覚)」などに焦点が当てられがちですが、実際に映画のように前世を見る方は少数です。
その理由としましては、「映画やTV」のように見えるのでは、と期待感が大き過ぎる場合などに、それほど鮮明に見えていないので上手くいっていないと感じる方もいらっしゃいますし、見えてはいるのだけど、「こんなはずはない!」などと無意識で見えなくしている方もいらっしゃいます。理由は様々あります。

 

「前世療法」の目的は、あくまで「これからの人生に活用出来る智慧」を見い出すことにありますので、本来は前世が見えなくてもセラピ-に支障は生じません。

 

では、このように「見えない」と思われる場合にどうするかと言うと、特に、

視覚(ビジュアル)・聴覚(オウディトリ-)・体感覚(キネシティック)

を活用していきます。
例えば、「私は真実を知っている」という事を表現する場合、

 

視覚が強い方 → それは一点の「曇りもない」真実です

聴覚が強い方 → 「言葉」の一つ一つが真実です

体感覚が強い方 → 「手で触れる」事が出来るほど、確かな真実です

 

という風に、表現方法が変わってきます。
「見えない」という場合は、その方の「どの感覚が強いのか」という点を探り、そこにアプロ-チしていきます。
勿論、「嗅覚」などでも同様です。

「見えない」と思われる場合に、

 

「では、何か漂っている香りはありますか?」 → 「何かを焼いているような香りがします(嗅覚)」
「では、その香りに意識を集中して下さい」 → 「パンを焼いているような香りです(嗅覚・視覚)」
「では、パンを焼いている辺りの温度はどうですか?」 → 「熱いような感じです、、、、、(体感覚)」

 

このように、「様々な感覚」を活用してイメ-ジに没入出来るよう進めていきます。

また、レイキ ヒ-リング認定講座のサ-ド ディグリ-(Lv.3)においても、「ハイア-セルフとの対話」などの手法では、「様々な感覚」を活用していきます。

 

量子力学の世界では、私達は全体として「毎秒1,100万ビット」の情報を吸収していると言われています。
(注:「ビット」とは、コンピュ-タ-が扱う情報の最小単位であり、アルファベット26文字を表現するのに必要な情報量は「5ビット」であるとされています)
そして、私達の「顕在意識」はこの毎秒1,100万ビットの情報量のうち、「50ビット」に満たない情報量しか処理出来ていないとされています。

 

つまり、私達が「頭(顕在意識)」で考えているより、はるかに多くの情報が本来はもたらされているのですが、
「頭(顕在意識)」では、ごく僅かな情報しか活用出来ていなという事です。

 

では、残りの情報量がどこで処理されているのかというと、私は「頭(顕在意識)」以外の「五感(潜在意識)」であると考えています。
「五感」と言うのは私達にとって、あまりにも当たり前過ぎているので、普段意識することはほとんどありません。
しかし、このように莫大な情報量が「五感」で処理されているとすると、その「五感」に焦点を合わせることで、
今まで気づかなかった「情報」を発見出来るかもしれません。

 

「五感」を磨く・研ぎ澄ます方法は無数にあります。
人によっては「瞑想」を活用する場合もあるでしょうし、「瞑想」にも無数の手法があります。
ご自身の「好き」な、そして「楽」な方法で行うのが最も効果があるかもしれません。

 

また、「第六感(直感)」も存在するであろうと私個人としては思っていますが、
そのような場合でも、「五感で捉えた情報が瞬時にして整理・統合」された情報として、私達に浮かび上がってきているケ-スもあるかもしれません。

 

ご自身の中で「弱い」と感じている「感覚」を強めていくのも一手法ですし、「強い」と感じている「感覚」を伸ばしていくのも一手法です。
興味のある方は、どうぞ日常生活の中で、楽しんで出来る実践方法を試してみて下さい。

2015年8月27日 02:08

日常に変化を起こすには

こんにちは。
レイキ ヒ-ラ-&ヒプノセラピストの瀬川です。

 

青森県内の主なお祭りも終わり、お盆も過ぎ、徐々に過ごしやすい秋めいた季節になってきました。

 

私は今回、地元の五所川原市の立佞武多を2回観に行ってきました。
昨年は初めて観るという事もあり、「ただただ観る」という感じでした。

 

今回は2回目でしたので、前後の流れや、また2回観るという事で、それぞれ別の場所から観賞しました。
それぞれの場所から観賞すると、立佞武多の見え方、迫力、明るさ、また周りの観光客の方々の盛り上がり方も違い、色々「違った」雰囲気で楽しめました。

 

ところで、私は時間がある時に1時間程ウォ-キングをしたりしています。
毎回同じコ-スだと飽きてくるので、反対回りに歩いてみたり、時には小道に入って寄り道などもしています。

 

そうすると、反対回りに歩くだけでも、見ている「風景」が変わっていきます。
岩木山などの風景も「角度」が少し変わるだけで「趣」が違って見えてきます。

 

そして、見方や風景が変わると、自分の中の「感情」や「捉え方」にも変化が起こります。
そして、一方から歩いていた時には「見えていなかったもの」が「見えてくる」ことにも気づきました。

 

また、皆様もこんな経験はないでしょうか?
それは、「行きの時よりも帰りの方が時間が短く感じられる」、、、、、

 

ウォ-キングにしても歩いている「道」は同じです。
また、角度が違っても観ている「立佞武多」は一緒です。
行きと帰りの「道」も同じです。

 

このように、ほんの少し「見方」を変えることで、「新しい発見」に気づくことがあります。
そして、そのことにより「感情」に「変化」が起こることもあります。
また、「時間」の「感覚」にも変化が表れることもあります。

 

青森県内はお盆を過ぎると、冬に向かっての生活を歩んで行く傾向が多いかもしれません。
そして、またいつもの「日常」に戻ったという風に感じる方も多いかもしれません。

 

そのような中で、何か「日常」に物足りなさや、空虚感などを感じる折がありましたら、
「見方」や「方向」などを少し変えてみたりしてみては如何でしょうか、、、、、

 

難しいことをする必要はありません。
例えば、顔を洗ってから歯を磨く方であれば、逆に歯を磨いてから顔を洗う。
通勤している方であれば、少し通勤路を変えてみる。
家事をしている方であれば、掃除をする部屋の順番を変えてみる。

 

すると、「違和感」を感じるかもしれません。
「違和感」というのは少しネガティブなイメ-ジを持たれる方もいらっしゃるかもしれませんが、
「感覚」が「違う」というだけです。
そして、このように「感覚」が違うと感じることは、「感情」にも「変化」が表れているという事です。

 

「見方」が変わることで「風景(日常)」が変わっていきます。
「風景(日常)」が変わることで「感情」が変わっていきます。
そして、「感情」が変わることで、その先の「出来事(日常)」も変わっていく事と思います、、、、、

2015年8月20日 01:08

祈り・思い

こんにちは。
レイキ ヒ-ラ-&ヒプノセラピストの瀬川です。

 

全般的にはお盆休みに入っている時期ですが、いかがお過ごしでしょうか。
帰省されている方、旅行に行かれてる方、お仕事の方など、それぞれのお過ごし方をしている事かと思います。

 

そこで、今回は「祈り・思い」というテ-マで進めて行きたいと思います。

8月は、「祈り」や「思い」ということを意識する事が多い季節であるかもしれません。

 

8月6日には広島へ原爆が投下され、9日には長崎へ原爆が投下されました。
8月15日は終戦記念日となっています。
「平和」への「祈り」が数多く意識される時期かもしれません。

 

そして、明日13日は「お盆」の盆入り:迎え日でもあります。
また、本日12日は日航機墜落の事故が起こった日でもあります。
「旅立たれた方々」への「思い」を馳せる時期かもしれません。

 

ところで、「祈り」というと、何か特定の宗教行事であるイメ-ジを持つ方もいらっしゃるかもしれませんし、
祈った所で何も変わらないという意見の方々もいらっしゃるかと思います。
いつも通り、色々な意見があって良いと思います。
そして、「祈り」には確固たる定義がある訳でもありません。

 

そのようなことを踏まえつつ、今回は「祈りの効果」の実験についてのお話をご紹介します。
このお話は色々な学術文献や書籍でも紹介されていますが、それぞれの紹介記事の中に類似のケ-スが混じっていたり、数字上の齟齬が見受けられるケ-スもありますので、
今回は現役の脳神経外科医である串田 剛 氏の書籍、
「シ-タヒ-リング 脳波にはたらきかけて健康になる」(版:(株)BABジャパン)から抜粋してご紹介します。

 

【 心臓病の専門医であるランドルフ・バ-ド氏が行った「祈りの効果」に関する実験で、ラリ-・ドッシイ博士の医学専門誌への報告より 】

《 この実験は、サンフランシスコ総合病院の心臓病集中病棟の患者393名の協力の元に行われました。
その方法は、アメリカ国内の様々な場所にいるキリスト教信者の集団が、指定されたグル-プの患者の一人ひとりに祈りを捧げるものです。
一方、別のグル-プの患者に対しては、誰も祈らず、そして祈りという行為を除いて、全ての患者は同じ治療を受けました。
この実験の結果、祈ってもらった患者は、祈ってもらわなかった患者よりも抗生物質や人口透析器の使用率が低くなった。

実験結果:
グル-プ(祈りあり)192名は、急速な回復および合併症や死亡の阻止抗生剤利尿剤人口呼吸器による治療を必要とする率が有意に少ない。予後も良好。
グル-プ(祈りなし)201名は、予後は祈りをしたグル-プより悪い。 》

 

実験の前提条件などの詳細は先述の医学専門誌に掲載されている模様ですが、詳細はここでは省略して紹介されています。
この実験結果については様々な意見がなされることと思います。
実験の設定条件によって結果は変わってくる。
明確に数値のみで計れる性質のものではない。
あくまで結果ありきで、それに見合うような報告がなされているに過ぎない。 などなど

 

この記事をどのように解釈するか、また、どのように受け止めるかも皆様の自由です。
信じる、信じないも同様に自由です。
また、私はキリスト教の祈りを肯定している訳でもありません。
アメリカ国内での実験であるため、主教であるキリスト教が活用されたことと思います。
日本で言えば「ご仏壇に手を合わせる」ような感じかもしれません。

 

このような「祈り・思い」とは、言い換えれば「私達の意識」そのものです。
そして、人々の意識が集合した時に、そのエネルギ-は何倍にも増大していき、様々な事象に影響を及ぼしていることは量子力学の実験では科学的に証明されています。

 

皆様も名前だけは知っている方も多いかもしれませんが、
心理学者のカ-ル・ユングは「集合無意識」という説を唱えていました。

 

この説の説明として使用されるお話に「百匹目の猿」というのがあります。
それは、集団生活を送っている猿のグル-プの中で、ある一匹の猿が芋を洗ってから食べ始めるようになりました。
すると、その芋を洗うという行為が他の猿にも伝わって、ある一定数の猿が同じように芋を洗って食べるようになりました。
ここまでは、よくある普通のお話です。

そして、ある一定数の猿が同じ行為を行うことによって、
接触することが不可能な距離も空間も遠く離れた別の猿のグル-プの中に、芋を洗う行為がその後見受けられたというお話です。
つまり、「意識」がある一定数を超えると、それは空間を超えて別の「他の意識」により認識されるようになるというお話です。

このお話の実験にも、異論・反論も多々あります。
そして、このお話も同様に、自由に受け取って下さい。

 

私の全くの個人的見解ですが、「お盆」の日でなくとも、「旅立たれた方々」は私達を見守り、必要であれば導きも行ってくれていると思います。
しかし、「お盆」という日を設けることにより、私達の「多く」の意識が「旅立たれた方々」へ向けられ、
より「思い」が届きやすくなるという側面があるのもしれません。

 

何かを信仰している方であれば、その流儀や儀式に則るのも良いでしょうし、
特に信仰しているものがなければ儀式などにこだわる必要もないと思います。

やはり大切なのは「思い」であると感じます。
皆で思い出話に花を咲かすのも良いでしょうし、一人心の中で静かに思うのも良いでしょう。
「旅立たれた方々」を気に掛けているようでしたら、
「お盆」の日を活用して「思い」を馳せ、
そして、今年の後半を健やかに送れるよう、切り替えの季節にしてみるのも良いかもしれません。

2015年8月12日 04:08

神話 /THE MYTH

こんにちは。
レイキ ヒ-ラ-&ヒプノセラピストの瀬川です。

 

8月に入り夏休みやお盆休みの方もいらっしゃるかと思います。
そこで、今回は1本の映画をご紹介します。

 

それは、
「神話/THE  MYTH」(2006年:ユニバ-サル・ピクチャ-ズ・ジャパン) です。

私は小さい頃からジャッキ-・チェンの映画が好きで、自分で働くようになってからDVDを「大人買い」したりなど、色々集めてきました。

 

そんな中で、今回ご紹介するこの映画は異色の作品であり、大きなテ-マの一つとなっているのが「前世」です。

物語の概要は、現在(今世)のジャッキ-・チェンが頻繁に「ある夢」を見ることから始まり、その「夢」の中で出会った肖像画の人物との関わり、そして古代(前世)のジャッキ-・チェンとのスト-リ-が絡み合って展開していく物語です。
舞台は紀元前の秦の時代になっています。

 

実は、私は最初にこの映画を観た時は内容が頭に入ってきませんでした。
というのも、その当時の私はヒプノセラピ-についても全く知りませんでしたし、「前世」という概念も考えてみたこともなかったからです。
しかし、「前世」というテ-マを念頭にこの映画を観たら内容がス~ッと頭に入ってきました。

映画の中でも主なテ-マとして「前世」を扱っているのはそう多くはないと思いますが、「隠されたテ-マ」として「前世」を扱っていると思われる映画もたまに見受けられます。

 

そして、この映画の中では「秦の始皇帝陵・兵馬俑(へいばよう)」の謎なども扱っています。
この「始皇帝陵」というのはお墓のことですが、とても大規模なものであり、歴史書の「史記(司馬遷)」の中でも少し触れられています。
その内容としては、秦の始皇帝が自分のお墓を荒されることを恐れ、お墓の中に水銀の川や海を作ったり、侵入者には自動で矢が発射される仕掛けがあるなどとされています。

 

実際これらの記述は「伝説(神話)」であろうとされていたのですが、1974年にこのお墓の一部が発見され、また調査に置いて実際に水銀の蒸発痕が明らかになるなど、幾ばくかの真実味を帯びています。
しかし、2千年近く密閉状態であったため、外気に触れると埋蔵品等が朽ち果てるという理由で、現在は発掘は中止されているようです。
ちなみに、この時代には皆様もご存じかと思われる「万里の長城」も建設されています。

同じような建造物や遺跡としては「ピラミッド」なども多くの謎が残されたままになっています。

 

そして、今回のテ-マとして「映画」や「建造物・遺跡」を扱ったのは、

 

自分の「前世」を知る手がかりになる

 

ということです。
今までもコメントしてきましたが、「前世療法」は悩みや症状の改善など以外にも、「理由は分からないが興味を惹かれる」というテ-マで受ける方も多くいらっしゃいます。

「前世療法(PHP文庫)」の著書であるブライアン・L・ワイス博士は、同シリ-ズの「前世療法2」の中で、以下の研究結果を発表しています。

 

それは、「前世療法」で想起されるイメ-ジの80%は「実際の記憶」であり、残り10%が「比喩」、そして最後の10%が「偽り」である。
そして、「夢」で想起されるイメ-ジの70%は「比喩」であり、残り15%が「実際の記憶」、そして最後の15%が「偽り」である。
※ 「比喩」というのは、「実際の記憶」を理解しやすいように現在の状況に置き換えて解釈されたものです。

 

ここから導き出される結果としては、「前世療法」から想起されるイメ-ジの90%が「前世」と関わりがあるものであり、
「夢」から想起されるイメ-ジの85%が「前世」と関わりがあるという事になります。

 

「自分の前世」を知る手がかりとして、「前世療法」を受けるのも良いでしょうが、
このように「今」自分が「興味のあるもの」と「夢」を関連付けて考えてみると、「前世」を知る手がかりになるかもしれません。
「興味のあるもの」は「建造物・遺跡」といった場所に関係する事柄、あるいは「時代」「人物」「装飾品」「音楽」「食べ物」など、何でも活用出来ます。
そして、その媒体として「映画」や「書籍」なども大いに活用出来ます。

 

そして、「自分の前世を知る」ということは、それが真実であるのかどうか?という所はあまり大切ではありません。
大切なのは、「今」自分が「惹かれている対象」があるということは、
そこには「前世」から「今」の自分への「メッセ-ジ」が届けられているということです。
そして、その「メッセ-ジ」を「今」そして「これから先」の人生において「役立てる」ということです。

 

今回ご紹介した映画はSF的要素、娯楽的要素も含まれており、フィクションですが、
お子様と一緒にご家族皆様で観ることが出来る内容になっています。
ちなみに「神話/THE MYTH」はTVバ-ジョン(2010年:日活(株) 全50話)もレンタルされていますが、
こちらは「タイムスリップ」を扱い、量子力学で実際に研究されている「パラレルワ-ルド(並行宇宙・並行時空)」がテ-マとなっています。

 

お休みの間のゆったりした時間の中で、「映画」を観る、あるいは「夢」に意識を向けることで、
「自分の前世」を知る手がかりとしてみるのも一興かもしれません、、、、、

2015年8月5日 04:08

TOPへ戻る

プライバシーポリシー

当サイトのご利用規約

サイトの詳細につきましては上記のご利用規約をご確認ください。

当サイトはリンクフリーではありません。
事前の連絡と許可審査が必要です。

スマートフォン、タブレットで読み取ってください

先頭へ