小説「鹿の王」

こんばんわ。
レイキ ヒ-ラ-&ヒプノセラピストの瀬川です。

 

先日まで、小説「鹿の王」(上橋 菜穂子:角川書店)を読んでいました。
小説は好きで色々読んだりしますが、今回は小説「鹿の王」の中から、何かTOPICSが産まれてこないかな?と思いながら、ひとまず書き続けてみます。

 

上橋菜穂子さんの作品は、「守り人 - シリ-ズ」や「獣の奏者」なども好きで読んでいましたが、どの作品も架空の国や背景・時代設定でありながら、どこかしら読む人それぞれのイメ-ジしている国や時代が思い浮かぶ所が共通しているように感じています。

 

「鹿の王」もファンタジ-であり同様ですが、この本の内容は、「国の争い」と「病の源」という二つのテ-マが絡まりつつ進んでいきます。
そしてこの中で、

 

「国も人の身体と同じようなもの」

 

逆に表現すれば、

 

「人の身体も国と同じようなもの」

 

という風になりますが、そのようなテ-マが書かれております。
詳細は小説をお読み頂ければイメ-ジを掴んで頂けると思いますが、
つまり、「国(あるいは地球と表現出来るかもしれませんが)」は様々な文化背景を持った様々な人種がいるからこそ、一つの国(一つの地球)の体を成しているのであり、単なる個体としての国(地球)という風に成り立っているのではない、とも読み取れます。
また、人の身体も同様に、単なる一つの身体として体を成しているのではなく、様々な細菌や微生物などと共存共生しているからこそ、私達が身体を持って生きることが出来るようになっている、とも読み取れます。

 

身体についても、ウィルスなどが入ってきて暴れることもありますが、同時にそのようなウィルスを識別し、場合によっては撃退する機能も人の身体には備わっています(勿論お薬も役に立つと思います)。
しかし、暴れ回るウィルスを弱毒化して身体に入れることにより、さほど暴れ回ることもなく静まることもあります。
インフルエンザなどの予防注射などがそうだと思われます。
この場合は、ウィルスを直接撃退しているのではなく、人の身体の中に共生している状態を作っておきながら、ある時点をもって自然消滅する道をウィルスは辿っているのかもしれません。
(注:あくまで小説から私自身が感じた一つの例ですので全てのウィルスがそうだと言うことではありません。また、ご病気等につきましては、きちんと専門の医師の指示を仰いで下さいね)

 

結末は別として、「鹿の王」を読んで私自身がこのようなことを感じたのですが、上橋さんはこの小説の着想を得たのは数年前だと話しております。

 

そして、ここからが本題ですが、現在の地球や日本などの状況は如何でしょうか?

 

地球規模で見れば、宗教観の対立から世界では国境を越えて争いが起こっていますし、エボラ出血熱なども国境を越えている大変な現象です。
日本でも争いの火種は毎日のようにニュ-スで流れてますし、デング熱なども、日本も対岸の火事ではいられないことを痛感させられました。

 

「鹿の王」の内容は、数年前の着想でありながら、見事なまでに?現在の世界や日本の状況を反映している内容にも読み取れます。

 

同じように、映画化もされました「図書館戦争」(有川 浩:角川文庫)も好きで読んでいましたが、内容は日本が思想・言論弾圧を行う国になったため、図書館が思想・言論の自由を守るために武装せざるを得なくなった、という荒唐無稽な発想にも思えますが、現在の日本の状況を考えると、そのような事態もあながち荒唐無稽ではないのかな?と考えさせられるように変化していきているとも感じます。

 

一言お断り申し上げておきますが、今回は病気や争いや武装などをテ-マとしてTOPICSを書いている訳ではございません。
何がTOPICSとして産まれてくるかは分からないまま今回は筆を進めております。

 

ヒプノセラピ-(催眠療法)においては「自動書記」という活用法があります。
S.Light.Mでは、ヒプノセラピスト認定講座においては「自動書記」の仕組みも扱いますが、実際のセッションにおいては「自動書記」は行っておりません。
その理由として、「自動書記」と「憑依現象(こっくりさん など)」を識別するのが難しいため、安全を期して行っておりません。
(「自動書記」と「憑依」については、また別の機会にでも考えてみたいと思います。)

 

小説家や作詞家などは、空から舞い降りてきたように筆が進む、ということをよくおっしゃっています。

 

そして、ある科学者などは「この世」にあるものは全て「あの世(別次元)」から来ている、という仮説を唱えている人もいます。

 

そう考えると、「小説」や「詩」というものには、何かとてつもない智恵や叡智が含まれているものも多数あるのかもしれません。

 

秋の夜長の読書という言葉もあるように、皆さんも小説を手に取った際は、偶然ではなく、何かその中にメッセ-ジが込められているのかもしれません、、、

 

是非、読書を楽しんでみて下さい!

2014年10月24日 05:10

自然の畏怖

こんばんわ。
レイキ ヒ-ラ-&ヒプノセラピストの瀬川です。

 

10月に入ってから2度、台風が上陸しましたが、これは10年振りとのことです。
その前にも、火山の噴火や、土砂災害などが頻発し、災害に遭われた方々には、心からお見舞い申し上げます。
そこで、今回は自然災害に関する、ある物語をご紹介致します。

 

なお、今回ご紹介するお話は架空のものであり、皆様に「自分だったら、どうする?」という視点で考えて頂きたい趣旨ですので、実際の災害現場では当てはまらないケ-スがほとんどでしょうし、お話の中に「神」という用語も出てきますが、これは特定のものを指している訳ではございませんので、予め、お断り申し上げます。

 

では、物語の始まりです。

 

ある村に、一人で暮らしているお婆さんがいました。
隣近所とも仲が良く、お互いに助け合って暮らしていました。
そして、このお婆さんは、とても信仰深く、毎日「神」に対して、自分のことのみならず、村の人々も平穏な暮らしが送れるよう、熱心にお祈りしていました。

 

ある日、この村に大雨が降り、村は洪水に襲われてしまいました。
しかし、幸いなことに、このお婆さんは、何とか自力で自宅の屋根に昇り、難を逃れていました。

 

そうしている中、午前中に村の消防団の青年がボ-トに乗ってお婆さんの所にやって来て、言いました。
「お婆さん、洪水の水はまだ増えるかもしれないから、このボ-トに一緒に乗って避難所に行こうよ。」

 

お婆さんは答えました。
「私には神がついているから大丈夫だよ。」

 

また、お昼頃になって、再度その青年がボ-トに乗ってお婆さんの所にやって来て、言いました。
「屋根の上ではご飯も食べられないし、一緒に避難所に行こうよ。」

 

お婆さんは答えました。
「神が守ってくれるから安心だよ。私は信仰深いし。」

 

そして、夕暮れ時に、再々同じ青年がやって来て、言いました。
「お婆さん、これから雨が再度降る予報だし、夜になると危ないから一緒に避難所に行こうよ。」

 

お婆さんは答えました。
「私は自分のことだけでなく、村の皆のことも神にお祈りしてるから大丈夫だよ。なんたって、毎日熱心に信仰しているから、必ず神が守って下さるから。」

 

その青年は仕方なく、一人ボ-トを漕ぎ避難所に向かいました。
その後、天候は悪化し、お婆さんは屋根の上で洪水に巻き込まれて、この世を旅立ちました。

 

旅立ったお婆さんは天国に着いて、真っ先に神の元に行き、言いました。
「私はあなた様(神)のことを熱心に信仰していたのに、どうして助けてくれなかったのか?」

 

神は答えました。
「助かる機会を与えたではないか。私は3度も村の消防団の青年をお主の元に遣わしたのだぞ!」

 

自分の信じている何かを信仰したり、お祈りすることは大切なことですし、素敵なことだと思います。
また同様に、台風などはある程度の進路予測なども出来るようになり、科学や技術が発展していくのも素晴らしいことだと思います。

 

皆様はこの物語から何を感じるでしょうか?
また、皆様はどのように行動するのでしょうか?

 

ここから先は余談として、そして原発再稼働の是非を論じるつもりもありませんが、
福島で起こった水蒸気爆発が、大型の台風と同時に起こったら、

 

大気に飛散された放射能の影響はどこまで拡大するのでしょうか、、、

 

道路の冠水や土砂災害で孤立してしまった方々は、安全に避難出来るのでしょうか、、、

 

そもそも、このような状況で安全な避難先などあるのでしょうか、、、

 

私達には誰にでも「想像力」という素晴らしい能力が兼ね備わっています。
どのような意見でも考えでも構いません。
意見や考えは少数でも多数でも尊重されるべきものです。
是非、「想像力」を使って考えてみて下さい。

2014年10月15日 05:10

物語やTVショッピング

こんばんわ。
レイキ ヒ-ラ-&ヒプノセラピストの瀬川です。

 

今回は「暗示」についてのお話をしようと思います。
「暗示」という言葉は皆様も聞いたことがあるかと思います。
そして、「暗示」についての印象は、何か怖い、よく分からない、など様々であると思います。

 

ヒプノセラピ-(催眠療法)においては、「暗示」はよく活用する手法です。
そこで、是非皆様に知って頂きたいヒプノセラピ-のポイントがあります。

 

それは、「全ての催眠は自己催眠」であるということです。

 

これはどういうことかと言うと、「催眠」と聞くと、多くの方が「催眠術」や「催眠術ショ-」などを連想すると思われます。
ここでの催眠は、自分の意思を操られ、誰かに催眠を掛けられるという所が共通の認識だと思います。

 

しかし、実際の所は、自分の意思に反して、誰かに催眠を掛けられるということはありません!
催眠とは、(無意識であっても)自ら進んで入っていく、一種の心や精神状態のことを指しています。
そして、この状態においては「暗示」というものが、ス~ッと潜在意識に届きやすくなっています。
このような仕組みを利用しているのが、ヒプノセラピ-(催眠療法)になります。

 

そして、私達は誰でも、一日のうちに何度も、この催眠状態を経験しています。
例えば、寝る前、起きる時、何かに熱中している時、ボ~ッとしている時、車を運転している時など、、、無数にあります。

 

ヒプノセラピ-のセッションでは、「催眠誘導」→「暗示」→「解催眠」というのが一般的な流れです。
実は、この流れは、夜寝る前などに、小さいお子さんに本を読んで聞かせてあげるのと全く変わりません。
物語を聞いているお子さんは、夢中になって興奮することもあれば、リラックスして途中で寝てしまうこともあるかと思います。
しかし、寝る直前までのお子さんの潜在意識は、ちゃんと物語を聞いていて、その物語の中から自分に必要な情報などを、無意識で捉えています。
つまり、物語の内容が、そのまま「暗示」としてお子さんには伝わっているのです。

 

小さいお子さんにも確固たる個性がありますので、物語の中からどのような情報に焦点を合わせているか、あるいはどんな学びをしているかは人それぞれ様々です。

 

また、同じように、深夜などに、ボ~ッとしながらTVショッピングなどを見たりといったことはないでしょうか。
何か分からないけど、妙に自分の中で納得して、ついその商品を買ってしまったなど、、、。

 

勿論、TVショッピングの内容が悪い訳でもありませんし、商品を買うことが悪い訳でもありません。
このように、特に深夜などにボ~ッとTVなどを見ている時は、まさしく催眠状態になっています。
故に、無意識ながら、商品の紹介や説明などが「暗示」として見ている人に入っていきます。

 

しかし、自分にとって全く必要のないものや、興味のないものを買うことはないと思います。
あくまで「暗示」は、自分にとって有益であると思われるものにしか作用しません。
従って、自分の意思に反して、誰かにコントロ-ルされるということも起こらないのです。

 

このように考えると、私達の身の周り、日常生活は「暗示」に満ちています。
それが知らず知らずのうちに自分の性格などを形作る要素ともなっています。

 

しかし、どのような「暗示」でも、それを受け入れるか否かの選択と決断は自分が持っています!

 

どうぞ小さなお子さんには、素敵な物語を読み聞かせてあげて下さい、、、。

 

そして、買ってから後悔することのないよう、TVを見る時などにでも意識してみて下さい、、、。

2014年10月10日 07:10

子どもを授かるとは

こんばんわ。
レイキ ヒ-ラ-&ヒプノセラピストの瀬川です。

 

今回は子どもを授かることについて考えてみたいと思います。
現在、子どもを授かりたいと不妊治療等を行っている方も大勢いらっしゃると思いますが、治療に伴う肉体的・精神的な疲労や苦労などもあるかと思います。

 

そこで、今回は一冊の本をご紹介致します。
これは2012年に発行され、TVや書籍などでも取り上げられていたので、知っている、あるいは読んだ方も大勢いらっしゃるかもしれません。
その本は、

 

「自分をえらんで生まれてきたよ」いんやく りお(サンマ-ク出版)

 

です。

 

この本は、いんやく りお君が生まれてから、3,4歳頃からりお君が話し出した内容をお母様が書き留めていたものです。そして内容は、かなりのレベルのスピリチュアルなものですが、とても詩的で、子どもらしく可愛らしい表現で書かれており、読む人のイメ-ジ力もかき立てられるものです。
そして、この本からのメッセ-ジの一つとして、

 

「子どもは親を選んで生まれてくる」

 

ということが書かれています。
これはどういうことでしょうか?

 

私の個人的見解ですが、子どもはこれから始まる人生を最高最善に送れるよう、自分にとって最高最善の親を選んでくるのだと思います。
そして、最高最善とは、物質的に恵まれているとか、そういった物差しでは計れない、私達の常識を超越した人生の目標のことを意味しているのかもしれません。

 

望まれず生まれてくる子どもも確かにいるでしょう。
しかし、それも親側の気持ちです。
この場合も、子どもは親を選んで生まれてきているのかもしれません。

 

ただし、親からの虐待などを受けようと生まれてくることはないと私は信じています。
生まれてからの環境はいくらでも変化しますし、虐待などを宿命や運命などの言葉で認めることは決して行ってはならないと思います!

 

それでは、子どもが親を選んで生まれてきているとすると、

 

親になるためには何か資格などがあるのでしょうか?
もしあるとしたら、どのようなものなのでしょうか?

 

答えは生まれてくる子どもの数だけあるでしょう。

 

そこで、現在子どもを授かりたいと思っている方がいれば、

 

「なぜ、子どもが欲しいのか?」

 

ということを、是非、もう一度考えてみて下さい。
欲しい理由も親の数だけあると思います。
そして、どのような理由でも、他人の意見に左右されず、自分の中の思いを意識してみて下さい。
それは、子どもを授かってからの、子育てにも大きく関与してくることと思います。
また、考えることによって、子育てという意味では、血の繋がりのみならず、養子縁組なども考慮に入るような可能性も広がるかもしれません。

 

子どもが欲しい理由、そして、どんな風に子育てしていくのかを考えているあなたのことを、
まさに今、まだ見ぬお子さんがどこかで見ているかもしれません・・・。

 

ちなみに、子どもが欲しいというテ-マで言うと、ヒプノセラピ-(催眠療法)の「前世療法」や「エンプティ チェア ワ-ク」などが当てはまると考えられます。

 

「前世療法」では、欲しいと思っているにも関わらず授かっていない理由や原因などを前世において探し出し、それを癒すことで変化を起こす方向などが考えられます。
また、「エンプティ チェア ワ-ク」では、まだ見ぬお子さんをイメ-ジ下で擬人化し、同じように理由や原因があれば直接お子さんに聞いてアドバイスを貰うといったことも考えられます。

 

レイキ ヒ-リングも精神に作用しますので、変化が起こることも考えられますが、どちらかと言えば、お子さんが授かった後(妊娠後)に、母子の健康管理のためにヒ-リングを受ける方が効率的なようにも思えます。
レイキ ヒ-リングは「ホ-ム ヒ-ラ- ヒ-リング」や「レイキ ヒ-リング認定講座」のLv.1で、充分な自己ヒ-リングも行えるようになりますし、ヒ-リングを受ける費用の節約にもなります。

 

少し宣伝っぽくなってしまいましたが、これを読んで頂いてる皆様の中で、お子さんが欲しいと望んでいらっしゃる方々の思いが、

 

最高最善に叶いますように!!!

2014年10月1日 07:10

TOPへ戻る

プライバシーポリシー

当サイトのご利用規約

サイトの詳細につきましては上記のご利用規約をご確認ください。

当サイトはリンクフリーではありません。
事前の連絡と許可審査が必要です。

スマートフォン、タブレットで読み取ってください

先頭へ