トップページ » カウンセリング

カウンセリング

多くの方は「カウンセリング」という言葉は知っているけれども、

  • 実際にどのような事を行っているのか、詳しい事は分からない!
  • ただ話を聞いて貰うだけでは、効果がないのでは?
  • 改善の為とは言え、自分には難しくて出来ない事を求められたらどうしよう!?
  • そもそも自分が悩みと思っている事柄が、カウンセリングの適用範囲内であるのかどうか?が分からない!
  • カウンセリングって、そもそも悩みがないと受けられないの?

などのように、実際に抱えているお悩み以前に、カウンセリング自体がよく分からないが故に、カウンセリングそのものに、怖さや不安や緊張を感じてしまう、あるいは、適用範囲を狭めてしまっている、という方もとても多くいらっしゃるのが現状です。

そこで、まず、S.Light.Mにおけるカウンセリングの5つの特徴をお伝え致します。

5つの特徴

 ヒプノセラピ-(催眠療法)の手法も取り入れている事により、ご本人様においては普段通りの会話と感じられるものでも、有益で役に立つアドバイスなどが、自然と潜在意識に届けられるように工夫されております。
 ご本人様において、「今、出来る可能な範囲内」で、かつ、「自分に合ったやり方」を一緒に考える事で、より楽に簡単に、スム-ズな変化が可能となるようにアドバイスなどをさせて頂いております。
 ご自身、あるいは、人間(対人)関係などのお悩みという枠に限定される事なく、自己実現や願望実現などの、「より自分を高めていく」といった内容にも対応しております。
 病院(心療内科等)や公的機関におけるカウンセリングでは扱って貰えないような内容やご相談などにも、幅広く対応させて頂いております。
※ なお、医師法違反となる病気などに対する診断や助言などの、各種法令に抵触するような相談内容は取り扱っておりませんので、ご了承下さい。
 心理テストなどはご本人様における心理的負担が大きいケ-スもある為、テストなどは行わず、普通の会話を通して、根本原因や理由などを探し出していきます。

特徴 ① と ② 補足

例えば、「あまりよく眠れない」というケ-スにおいて、お薬を服用する事で少しは眠れるようになるのも一つの有効な方法にはなり得ますが、「眠れない本当の原因や理由」を見つけ出し改善していく事で、本来の自然な眠りを取り戻していけるようになっていきます。

そして、「眠れない本当の原因や理由」をそのままにしておくと、少し眠れるようにはなってきたものの、「イライラや不安感」などの、別の症状(悩み)に繋がっていくケ-スもございます。

そして、眠れない時というのは、無意識ながらも、何かの事を考え続けている状態でもあります。
つまり、それだけの「素晴らしい集中力を保つ力」が既に備わっていて、それを無意識の上で活用していた結果という事もあります。

このように、悩みの種と思っていたその根底には、実は、その本質に気づき、ほんの少しだけ視点や方向性を変えるだけでも症状(悩み)は解消され、また、解消されるのみならず、これからはその「集中力」を意識的に望む方向へと活用していく事も出来るようになります。

また、例えば「人前で話すのが苦手」というケ-スでは、周りの人は「上手に話せているよ!」と言ってくれている場合でも、ご本人様にとっては、やはり「上手く話せていない!」などのように、自分を責めてしまう場合もあります。
このようなケ-スでは、「自分の話した事に納得して貰えなかった」、あるいは、「言葉が途切れる事なく、スム-ズに話せなかった」などのように、「極度の完璧主義」や「他の人をコントロ-ルしたい」という、本当の理由や願望が反映されている場合もあります。

ここにおいても、実は今の悩みと思っている事柄が本当の原因や理由ではなく、その事柄を司(つかさど)っている、より大きなテ-マを見つけ出し、気づく事で、その他の悩みと感じていた症状なども、同時に複数の事柄が解消されていくケ-スもとても多くあります。
そして、幾ら改善の為とは言え、あるいは、どんなに有効なアドバイスであろうと、「今の自分」に出来ない事を行っていくのは、逆に「ストレス」を産み出す新たな要因ともなってしまいます。
故に、「今の自分」に、「可能な出来る範囲内」の事を積み重ねていく事で、無理をせずに、自然と変化を遂げていけるようにもなりますし、これが早道でもあり近道ともなっていきます。

特徴 ③ 補足

特段の悩みなどはないが、「今の自分」をもっと望むように変えていきたいけれど、このような相談は、悩みを対象とするカウンセリングでは扱って貰えない、と思っている方々も多くいらっしゃいます。
このような場合は「より自分を高めていく」というケ-スに該当致しますので、充分にカウンセリングが功を奏す対象にもなりますし、また、近頃においては、「より自分を高めていく」という観点から、いわゆるスピリチュアルな視点や考えなどを、自分なりに学んできたが行き詰まりを感じる、あるいは、実生活においてどのように活用していけば良いのか分からない、などのご相談も増えております。

特徴 ④ 補足

自分の悩んでいる事柄が、病院などにお世話になる性質のものではなさそうだ(あるいは、おそらく病院などでは扱って貰えないだろう)、また、どこにお話を聞いて貰えば良いのかが分からない、その他にも、本当に思っている事や感じている事(体験している事)を誰かに話すとオカシイ人だと思われるだろう、何が悩みなのかが分からなくなってしまった、などのご相談内容も多くございます。

特徴 ⑤ 補足

カウンセリングというと、事前に何か難しいテストなどを受けさせられて、自分の心を丸裸にされてしまいそうで怖い、という方もいらっしゃいます。


他にもカウンセリングについての「一般的なイメ-ジ」として、カウンセリングを受けるという事は正常な心のバランスが崩れてしまったから、あるいは、カウンセリングを受けると変な人と見られてしまうので誰にも話せない、などのように思われがちなケ-スも多々ございますが、カウンセリングとはそのような偏見や疑い、あるいは、奇妙な目で見られるものでは決してございません。

カウンセリングとは、サッパリしたり気分を変える為に髪を切りに美容室に行く、肩や腰が凝ってきたのでマッサ-ジを受けに行く、あるいは、少し忙しすぎて疲労も溜まりつつあるので、温泉にでも行って、温かいお風呂にゆっくり浸かってリフレッシュする、などと同じように捉えて頂ける側面も大きいものです。

S.Light.Mにおいて行っているカウンセリングにつきましては、ご紹介致しました5つの特徴を踏まえ、お茶などを飲みながら、特段何かを着飾る事もなく、普段通りの会話をしているのと同じように、リラックスした雰囲気で進めております。
そのような観点からも、お一人で悩んでいたり、あるいは、他の人には話づらい、あるいは、理解して貰えない、と思っているような事など、また、誰に何を相談して良いのかが分からない場合なども、まずはお気軽にどのような事でもご相談下さい。

TOPへ戻る

新着投稿

過去の投稿


プライバシーポリシー

当サイトのご利用規約

サイトの詳細につきましては上記のご利用規約をご確認ください。

当サイトはリンクフリーではありません。
事前の連絡と許可審査が必要です。

スマートフォン、タブレットで読み取ってください

先頭へ