トップページ » お一人様〇〇という雑談(笑)

お一人様〇〇という雑談(笑)

こんにちは。
レイキ ヒーラー&ヒプノセラピストの瀬川です。

 

全国的に梅雨に入り、お出かけや旅行などの予定も、なかなか立てにくい季節でもあるかもしれませんね。
そこで?今回は「お一人様〇〇という雑談(笑)」というテーマをお届け致します!

 

ところで、このような「雑談」というテーマからも、普段とは少し趣向やテイストを変えまして、何となく、取り留めがないなぁ~!?という雰囲気を敢えて醸し出しながら進めて参ります。
なので、今回は「なぜなら(because)~」という点も、あまり活用せずに、日記や独り言のような感覚で、他人の私生活を垣間見る?ような感じで気軽に読み進めて頂いても全く大丈夫です(笑)

勿論、ツイッター等での「つぶやき」と同じであれば、あまりお届けする意味もなくなりますので、このTOPICSでも何度か活用しております、ヒプノセラピー(催眠療法)における「メタファー(比喩・物語)」と「多重装填」という手法を応用しながらお伝えして参ります!

 

ところで、今、このTOPICSをお読みになって頂いている皆さんの年代層は様々かもしれませんが、以前と比較すると、特に女性の方々におかれましては、色々な所に「お一人様」で出向く機会や、それが自然とナチュラルに受け入れられるような雰囲気も、社会の中にかなり浸透してきている時代でもあります。
私は独身ですので、それこそ、何をするにも自分でやらなければならないという前提がありますので、お一人様というのは、あまり気にした事はありませんが、それでも、まだ「一人焼き肉」は経験しておりませんので、近い内に達成してみたいという願望?は持っています(笑)

 

ちなみに、最近の東京では「お一人様焼き肉」のお店も随分と出来てきたと聞いておりますが、私が住んでいるのは青森県五所川原市という所ですので、悪く言えば?田舎とも称される地域でもあり、そのようなお店がまだ無い!という点も関係しているのかもしれませんが!?

という、今回のTOPICSでは、取り留めもないなぁ~!?という雰囲気に、そろそろ馴れてきた頃合いでしょうか?(笑)
ところで、先日、夕方のあるニュース番組を観ておりました。
そこで取り上げられていたのは、

 

最近急拡大を遂げている・・・

「お一人様ビジネス」!

 

というものでした。
ここでは、私もヒプノセラピスト認定講座や、レイキ ヒーリング認定講座に参加下さった皆さんとの親睦を深める意味でも、昼食などに活用しているファミレスのガストが取り上げられており、最近のガストではパソコン等で作業をしながらも昼食を取れるように、広めのテーブルを活用し、仕切りも取り入れた「お一人様専用」のボックス席が人気だそうです。
これには、一人で多人数用の席を使っていると、罪悪感を感じるケースもある事から、

 

「他のお客様の目」を気にせずに

 

活用して貰えるように、との思いがあるそうです。
また、今迄の多くのジムでは、広い所に様々な筋トレ道具を置いたり、あるいは、複数人でのダンスやヨガなどが主流でしたが、

 

最近ではお一人様専用の「個ジム」

 

というのも人気があるそうです。
これは、特に女性の方においては、汗を掻いている姿を他の人(特に異性)に見られたくないとの要望もある事から増えつつあるそうです。
他にも、「ソロキャンプ」や「ソロウエディング(写真)」なども結構な人気が出てきているそうです!
そして、このような「お一人様ビジネス」が流行してきている背景には、

 

他の人に見られたくない・・・

他の人に気を遣わなくて済む・・・

一人の方が(気)楽・・・

 

などの理由が多いそうですが、これは私自身も含め、皆さんも何かしらの似たような感想や経験はお持ちかもしれませんね(笑)
ちなみに、「気」の合わない人との食事(飲食)の場が苦痛に感じるという人も多いかもしれませんが、これは、私の行っているレイキ ヒーリング認定講座でもお伝えしているのですが、

 

エネルギー(「気」)の流れにおいては・・・

「口」はとても重要で大切である!

 

というのがありますが、やはり、「気」の合わない人との食事においては、なかなか箸が進まないというのは、無意識ながらも、ちゃんとその場のエネルギーを(自分なりに)感知しているという証にもなっております(笑)
おそらく、このような食事の場においては、職場などでは全てを断るのも難しい面もある事でしょうが、気が合わないけど一度だけ試しに食事をしてみたら、やっぱり合わなかった!というケースでは、その人と食事をする機会はその後にはほとんど無い事と思われますので、

 

割り勘であれば、なおさら・・・

相手の奢り(会社持ち)であれば・・・

チャンス!!!

と捉える「割り切り」を活用

 

してみるのも一助?になるかもしれません(笑)
会社の飲み会などでは、時には、片手にタッパー(保存容器)を抱えているだけでも、プレッシャー!?を掛けられるかもしれませんね(笑)
では、次もこのニュース内において、ある調査会社が発表していたデータをご紹介致します。
まず、

 

『 お一人様で「行動」するのに抵抗を感じるか? 』

 

という質問ですが、これに関しては、「全く問題ない」と「問題ない」という解答を合わせますと、

 

男性では83.2%(が、お一人様でも大丈夫)

女性では75.7%(が、お一人様でも大丈夫)

 

との結果になったそうです。
そして、次の質問では、男女共に同じ解答と順位になったのですが、それが、

 

『 お一人様で最も難しいと感じる「行動」は何か? 』

 

という質問ですが、これは男女共に、

 

1位 : 高級レストラン
2位 : 遊園地
3位 : (一人)旅
4位 : バイキング(食べ放題)

 

との事でした。
そして、最後に、

 

「男性」から見て「女性」にお一人様でして欲しくない「行動」・・・

「女性」から見て「男性」にお一人様でして欲しくない「行動」・・・

 

が調査されたそうですが、

 

「男性」から見て「女性」にして欲しくない「行動」の、1位が高級レストラン、2位が遊園地

「女性」から見て「男性」にして欲しくない「行動」の、1位が遊園地、2位が高級レストラン

 

となり、1位と2位は、ほぼ、男女共通と言っても良いのかもしれませんが、その次の、

 

「男性」から見て「女性」にして欲しくない「行動」の、第3位・・・一人ボウリング

「女性」から見て「男性」にして欲しくない「行動」の、第3位・・・一人海水浴(プール)

 

との事でした。
これには、趣味や運動という側面もあり、男女双方から、「余計なお世話!」というご意見も出て来る事もあるかもしれませんね(笑)

、、、取り留めの無さには、もう馴れましたよね!?(笑)
勿論、人それぞれの興味や関心(好奇心)は違いますし、ある人にとっては何でもない「行動」が、他の人にとっては「駄目!出来ない!」という「行動」である事も多々存在しているのも事実でもありますし、自然な事でもあります。

 

では、先ほど男女共にお一人様での「行動」が難しいと感じている第3位に「(一人)旅」がランクしているのをご紹介致しましたが、皆さんは一人旅は如何でしょうか?
大好き!という方もいらっしゃれば、とてもとても一人旅なんて出来ない!という方もいらっしゃる事でしょう(笑)

私も数は多くはありませんが、何度か一人旅をした事があります。
その中でも次の3つの一人旅が印象に残っています。

 

一つ目は大学院を卒業する際に訪れた神戸の旅です。
おそらく、これが人生初めての一人旅と記憶しておりますが、ちょうど大学1年生の時に、阪神・淡路大震災が起こり、その衝撃が印象に強く残っていたのと、私はジャッキ-・チェンが大好きなので、香港に似たような街並みで神戸が思い浮かんだのかもしれません(笑)

 

当然ながら一人旅ですので、特に夜はお酒を飲む場所を探して色々歩き回りました。
そして、一軒のお店に入りましたが、そこはカウンター席のお店で、お酒も進むに従い、そのお店の年配の常連客の方とお話したりしながら、一杯(沢山という意味ではありません(笑))ご馳走になったり、また、お店の人も、仕入れが限られているので、予約をした上での常連客にしか出さない、金魚?とかいう名前の唐辛子入りのお酒を特別にご馳走してくれたのを覚えております。

 

また、ホテルのバーで飲んでいた際には、そのお店のマスターが他にお客さんがいなかったにも関わらず、電話で満員です!と断っていたのを見て、その辺りの話しから、大阪と神戸(兵庫)の文化圏の見方や、兵庫県内でも尼崎を起点とした色々な違いなどの話しもしてくれました。
勿論、今にして思えば、地域における多少の差別的な要素?も含まれた価値観の違いと分かりますが、何となく自分が大人になった感じを受けたのも覚えております(笑)

 

二つ目は新潟への旅でした。
ちょうど初めての車を購入して、朝起きて何となく車で旅行したい気分になり、ホテルだけ予約を入れて出発したと記憶しております。
その時は、新潟県中越沖地震から、少なくとも半年以上は経過していたと思いますが、高速道路は仮設のデコボコ道であったのも覚えています。

 

また、私はトンネル内の車の運転は好きではないのですが、新潟に向かう関越自動車道には、約11㎞という当時は日本一(現在は第2位)の長さのトンネルに入る時に、少し緊張した感覚も未だに覚えておりますし、そのトンネルをやっとの事で抜けたら豪雨で雷が頻発していて怖さを感じた場面も鮮明に今でも想い出す事が出来ます(笑)

 

と、このように当時の事をちょうど想い出していた数時間後に、先日の新潟と山形での地震が起こりましたが(苦笑)、少なくとも人命の被害が無かった事は何よりの事です。
ちなみに、神戸と言い、新潟と言い、私は震災などの跡地を一人旅している訳では決してありませんので(笑)

 

そして、三つ目は、青森に戻ったら今の仕事をしようと決めた際に、まだ東京にいるうちに行ってみよう!と思い立ち、伊勢神宮に行ったのが、直近の一人旅の想い出です。
このように私自身の一人旅を振り返ってみると、

 

何かしらの変化の起こる前後に「行動」に移している・・・という

それまでの(無意識での)「自分のパターン」に気づいた

 

という発見も出来ました!

さあ、もう少しだけ、取り留めの無さは続きますよ~(笑)
つい先日の6月17日の月曜日の夜の事です。
その晩は、過去に何十回も繰り返し観ている、ジャッキ-・チェンの「THE MYTH 神話」のDVDをお酒を飲みながら観ておりました。
ちなみに、この映画は「前世」との関連性をテーマとしておりますが、2015年8月5日のTOPICS「神話/THE MYTH」でも取り上げております(笑)

 

そのように映画を見終わった後、映画の影響もあったせいか、何となくノスタルジック?ロマンチック?な感情が湧き、その日の晩が、ストロベリームーンである事に気づきました。
そこで、午前0時頃から1時位まで、部屋の電気を全て消し、窓を開け放って、外の月を眺めながら、引き続きお酒を飲んでいました。
ストロベリームーンは満月でもあるのですが、眺めていると、

 

月は太陽の光を「反射」しているだけなのに・・・

もの凄い、月明かり!!!

 

でした。
私の住んでいるアパートの裏は、畑?のような感じなので、普段の夜は、先はおろか、足下もほとんど暗くて見えません。
しかし、その夜は、足下の小石も判別出来る程の明るさでした、、、

なるほど!!!

「人目を忍んで」活動する忍者が、月明かりの元では日中と変わらずに「行動」出来るという意味が、この時ようやく「実感」として理解出来ました(笑)

 

そして、眺めている月の左右には、普段はほとんど見える事のない、木星と土星も「肉眼」で確認する事が出来ました。
ちなみに、「肉眼」では土星の「環(わ)」までは観えませんので(笑)
そのように観察していると、段々と木星が月に寄り添っていき、土星は段々と月と同じ高さまで昇っていくのが分かりました。
そして、

 

このようにお酒を飲んで月を眺めている自分のいる場所は「今、この現在」も自転で回転しており・・・

そもそもが自分のいる場所はもの凄いスピードで「今、この現在」も太陽の周りを廻っており・・・

でも・・・

自分は、自分が存在している地球を(外から)眺めた事は一度もないなぁ・・・

 

など、至極当然?の事などをぼんやりと考えておりました(笑)
そして、先ほどの新潟への一人旅においてコメントした、それは初めて自分で買った車でもあり、当然ながら?外見重視で気に入った車でもありますが、

 

それを運転している自分の車の姿は・・・

決して自分で眺める事は出来ない・・・

 

そもそも・・・

 

私を含め、誰しもが・・・

自分の本当の姿(外見)を・・・

自分で観る事は出来ない・・・

 

と。
そして、「他の人の目」には「自分として」映っているのに、、、と。

では、取り留めの無さは、ここで終了です!

 

そこで、「お一人様〇〇」についての、私からの一つの「提案」です!
とは言っても、経験と年齢を重ねるに連れ、今迄であればお一人様で出来なかった「行動」が出来るようになった事もあれば、逆に、経験と年齢を重ねたが故に、今まで出来ていた「行動」が出来なくなってきたというケースもある事と思います。

なので、何でもかんでもお一人様で「行動」出来るようになる事が「自立・自律」という訳ではありませんし、お一人様として何に「行動」が移せて、何に「行動」が移せないかは人それぞれ違って当然の事でもありますので、そこを気にする必要性も全くありません。

その上での一つの「提案」です。
それは、

 

(1日の内に)5分で良いので・・・

自分で自分を観察する・・・

お一人様の時間を持つ・・・

 

という事です。
これは、「1日の内に」とコメント致しましたが、別に毎日でなくても構いません。
3日に一回としても、「121日☓5分」で605分、つまり、1年の内に10時間程のお一人様の時間は誰でも持つ事が可能であるかもしれません。
どんなに愛情深い?ご夫婦やカップルにおいても、四六時中一緒という事も無いかと思いますので(笑)

 

そして、この5分というお一人様の時間では、ご家族と一緒に暮らしている方であれば、必ずしも外部と完全に遮断された5分である必要はありません。
また、電気を消すなども全く必要ありません。
あるいは、お一人暮らしの方であれば、常にお一人様の時間であるかと言えば、そのような意味でも全くありません。

 

そして、この「自分で自分を観察する」という「行動」では、皆さんそれぞれの好きなやり方で大丈夫です!
決められた絶対的な方法はそもそもありませんし、目を瞑っても瞑らなくても良いですし、瞑想や頭を無にするような方法が好みであれば、それも構いません。
また、毎回毎回、その方法が変わっても全く大丈夫です!

そして、ご家族などがいらっしゃる方でも、寝る時はお一人様だから出来るだろう、、、と思われるかもしれませんが、ここがポイントです!
それは、

 

この5分の時間の「後」に・・・

日常(生活)に戻る(という「行動」を取る)事が効果を更に発揮していく!

 

という点です(笑)
この日常(生活)に戻る(という「行動」)とは、そのまま寝入ったり、1日を終えるのではない、という意味合いであり、(5分の時間を過ごした)「その後」にトイレに行ったり、水を飲む、TVを観る、お食事をする、お風呂に入る、などのように「今の自分に戻る」作業であり、これ以外でも何でも大丈夫です!
つまり、

 

5分の時間を取る「前」と「後」とで・・・

自分の中でのフィーリングや心の落ち着きの度合いなどの・・・

「違いや変化」を感じる!

 

というのが、とても自分自身の心身においてプラスとなっていきます!
このような「提案」のお一人様の時間というのは、他の誰かを連れて行く事は不可能ですし、自らが進んで入って行かない事には、これも不可能な時間となります。

つまり・・・それだけ貴重!?

という意味も含まれております(笑)
今回は「お一人様〇〇」というテーマでしたが、気の合う人でも勿論良いですし、他の人との「交流」の時間も楽しめ、自分との「お一人様」の時間も楽しめるというのは、もしかしたら、人生の達人!?の域なのかもしれませんね(笑)

2019年6月22日 02:06

«

»

TOPへ戻る

新着投稿

過去の投稿


プライバシーポリシー

当サイトのご利用規約

サイトの詳細につきましては上記のご利用規約をご確認ください。

当サイトはリンクフリーではありません。
事前の連絡と許可審査が必要です。

スマートフォン、タブレットで読み取ってください

先頭へ