トップページ » 身近に溢れている暗示(文)と「音(メロディ-)」&(遠隔)ヒ-リング

身近に溢れている暗示(文)と「音(メロディ-)」&(遠隔)ヒ-リング

こんにちは。
レイキ ヒ-ラ-&ヒプノセラピストの瀬川です。

 

このTOPICSにおいては、今迄も幾度か「歌を聴くのはヒプノセラピ-(催眠療法)を受けたのと、同じような効果も認められますよ」とお伝えしてきました。
また、私自身も歌が好きなので、自分の好きな幾つかの歌をテ-マとしてもお伝えしてきております。
そして、今回はそこに「音(メロディ-)」という観点を付け加えた上での、「身近に溢れている暗示(文)と「音(メロディ-)」&(遠隔)ヒ-リング」というテ-マをお届け致します。

 

ところで、私はヒプノセラピストでもありますし、カウンセリングなども行っている事から、どちらかと言えば「言葉」には敏感な面もあります。
が・・・、敏感と言いましても、その事によって、他の人に押し付けるような事も勿論ありませんし、自分自身に対しても束縛・制限するような事はしておりません(笑)

ヒプノセラピスト認定講座やレイキ ヒ-リング認定講座をお受けになって頂いた方々は、既にお分かりかと思いますが、講座においては様々な技法や仕組みというのを学んでいきますし、注意点などもお伝えしておりますが、私はまず始めに、一番大切なのは「自由である」という点を強調してお伝えし、この「自由である」が出発点ともなり、また、迷った時に立ち返る(振り返る)「原点」ともなりますよ!と、お伝えしております。
なぜなら、私自身が「自由である」という事が好きだからです(笑)
勿論、講座においてはしっかりと身に付けて貰う為の「大切な点」を踏まえた上での結論ですので、自分の好みだけでお伝えしている訳ではありませんので、どうぞご安心下さい(笑)

 

少し話が逸れてしまいましたが、このように私自身は出来るだけ「言葉」を大切に扱おうとの思いや、「言葉」が好きという事もありますが、実は、私が「この歌、大好き!」と感じるキッカケとなるのは、

 

ほぼ100%の要素は「音(メロディ-)」

 

です(笑)
この歌詞素敵だなぁと思って聞いてみて好きになる歌は勿論ありますが、やはり、大好き!と感じる歌の重要な要素は、私にとっては「音(メロディ-)」です。
なので、大好きな歌というのは、好きな歌の数から比較すると、どうしても少なくはなります。
また、「音(メロディ-)」と歌詞が100%合致すると言う事も当然の事ながらありません(笑)

 

そして、「音(メロディ-)」は好きだけど、歌詞があまり好みでない歌は、聴いている時に自分で勝手に好きな言葉に置き換えたりしています。
言わば、その時々にしか再現出来ず、二度と創れない迷作?を聴く度に勝手に産み出しているようなものです(笑)
そして、このように歌を聴くのはヒプノセラピ-を受けたのと同じような効果がありますよ、とお伝えしている中で、

 

歌詞のある歌はあまり好みではない
歌詞の入っていない「曲・音(メロディ-)」だけの方が好み

 

とお話される方々もとても多いです!
そこで、今回のテ-マとして付け加えたのが「音(メロディ-)」という意味合いです。
このような歌詞の入っていない「曲・音(メロディ-)」が好き、というのは私もよく理解出来ます。
私自身もカウンセリングなどを行っている際に流しているBGMにおいても、歌詞の無い「音(メロディ-)」のみのものを活用しております。

 

例えば、このような事が悪い訳では勿論ありませんが、よく歯医者さんなどでは歌詞のある歌のオルゴ-ルバ-ジョンのBGMも活用されておりますが、その歌を知っている人にとっては、「音(メロディ-)」のみが流れていても、その歌にまつわる様々な想い出などが自然と想起されるだろう、という意味合いも含めて、歌詞の無い「音(メロディ-)」のみの曲を私は活用しているという事です。

また、瞑想をする際や、夜に寝入る時などでもやはり、歌詞の入っていない「音(メロディ-)」のみの曲の方が望ましいとされているのも、同じような理由からです。
勿論、瞑想にしても何にしても、「心地よい」と思える事が大切ですので、歌詞があろうとなかろうと、また、無音でも構いませんし、どちらでも「自由である」という点を大切にして楽しむ事が効果的になります(笑)
そして、歌を聴く事がヒプノセラピ-と同じような効果があるというのは、

 

「音(メロディ-)」に乗せて、歌詞という「暗示(文)」が短時間で入って来やすくなる

 

という側面を言い表しています。
では、「音(メロディ-)」だけではヒプノセラピ-と同じ効果は認められないの?と言うと、そうではありません!

 

(歌詞の無い)「音(メロディ-)」を聴く事でもヒプノセラピ-と同じ効果は認められる

 

というのも真実です。
では、それを少しご説明していきます。
「音(メロディ-)」のみの曲を聴いている時でも、その中では、

 

様々な過去の出来事を思い出したり、様々な感情の変化を感じられる

 

という事があります。
あるいは、

 

様々な思いが去来したり・・・直感のように素敵なアイディアや言葉が浮かぶ・・・

 

などのケ-スも多くあるかと思います。
そして、このように、去来したり浮かんだりしてくる様々な事柄は、

 

その時のあなたにとっての最適な暗示(文)

 

となっています。
ちなみに、「暗示(文)」と書きましたが、これは「言葉」に限られるものではありません。
「暗示(文)」とは、

 

五感(時には第六感にも)に働きかけられる全てのもの

 

が含まれます。
香りや味覚などでも、過去の楽しかった食事が思い出されたりといった経験は少なからずあるかと思われます。
そして、様々なものが去来したり浮かぶ際には、

 

悲しかった出来事もあれば、未来に対するワクワクするような高揚感

 

なども感じる事が多々あります。
そして、悲しい出来事がネガティブで、ワクワクする感じがポジティブというように、単純に分ける事は出来ませんし、無理にそのように区別する必要性もありませんが、もし、「音(メロディ-)」を聴いていて、何かネガティブと感じられる出来事や感情が湧き出て来た時には、

 

そろそろ手放しても良い頃合いではないですか?

などの自分自身からのメッセ-ジである事もありますし、ポジティブに感じられる時には、

このように感じる感情などを大切にして生きる事で、物事が上手く廻り始めますよ!

 

というメッセ-ジとなってくれている事もあります。
このように、

 

(歌詞のある)「歌」を聴く時は、外部からの働きかけによるメッセ-ジがもたらされる

とも捉えられますし、

(歌詞の無い)「音(メロディ-)」を聴く時は、自分自身の内からの働きかけによるメッセ-ジがもたらされる

 

とも捉える事が出来ます。
これは、どちらにせよ、

 

「今」のあなた自身に贈られたプレゼント

 

とも言えます。
なぜなら、外部からの働きかけにせよ、あなたの内部からの働きかけにせよ、

 

「今」反応しているという事が答えになっている

 

からです。
もし、「今」必要でもなく、あなたにとって全く不要なメッセ-ジであれば、

 

あなたは何の反応もせずに素通り出来る

 

からです(笑)
このように、「(歌詞のある)歌」にせよ、「(歌詞の無い)音(メロディ-)」にせよ、どちらもあなた自身の為に多いに活用する事が出来、なおかつ、このように活用出来る事柄は、私達の身の周りに溢れています!
そのような身の周りに溢れている何かを見つける簡単な方法は、

 

あなたが反応しているもの

 

に気づくかどうかだけです。
では、ここまでは、「歌」にせよ「音(メロディ-)」にせよ、どちらでも好きな方法を「自由に」活用して下さい!との趣旨でしたが、そこで、今年も私の大好きな歌の一つをご紹介致しますので、まずは、「言葉」による「暗示(文)」としてお楽しみ下さい(笑)
そして、後ほど、「音(メロディ-)」の本質&ヒ-リングへと繋がっていきますので・・・

では、ご紹介する歌というのは以前も取り上げた事があります歌手の「GReeeeN」ですが、今回は『愛すべき明日、一瞬と一生を』という歌です。
では、歌詞をご紹介していきます!

 

ほらね  今日も聞こえてくるよ  素直な自分からの叫び
いつの間にか強くなる事と  鈍感さをはき違えていた

「どう思うの?」なんて誰かに聞いてみるけど  それはきっと
「間違ってないよ。」って言って欲しくて
そんな正当化を繰り返して  世界は今日も回っている
2度とない今が過ぎて行くのに

愛すべき明日  一瞬と一生を  もがいてもがいて  立ち向かって行くから
どれが正しいって  誰にも決める事は出来ないよ  そうだろ?  ね?
それを知ってるのは自分自身  後悔と不安はどんな境遇(とこ)にもいて
だから今を全部  ぶつけてやれるだけやって  そのあとで君が笑えばいい

一秒も一分も  ほら  一日も  一年も  何度も聞くけれど
一生ってそれの積み重ねで  どれもが2度と戻らない

「何がしたいか分からない」なら君は何をしてきたの?
どう生きてもそれが君です
あれこれ考えたって  分からない事だらけです
ほら  君の正しさは  目の前に

愛すべき明日  一瞬と一生を  全部拾い上げて  笑っていけるように
辿り着くべきは  それぞれ違っていいんだ  それ以外は一緒
都合いいな言い訳は  無くす物に  気づかないまんまで君を奪っていく
だから負けないで  これまでの日々を振り返って笑えるなら  それでいい

出口の見えない日々で  出口に向かって走るなんて
何て難しい事で  だけどそれが僕らの日々
振り返るとそこにほら  歩んだ道  それが、、、

愛すべき明日  一瞬と一生は  誰のそばにも  変わらずに居るんだ
どう使うんだって  そりゃ君次第  無限の世界  出逢いたい未来へ  今を進め

愛すべき明日  一瞬と一生を  もがいてもがいて  立ち向かって行くから
諦めないだけ  それだけでいいんだ  きっと叶える  そうだろ?  ね?
それを知ってるのは自分自身  後悔と不安はどんな境遇(とこ)にもいて
だから今を全部  ぶつけてやれるだけやって  そのあとで君が笑えばいい

笑えればいい

 

では、歌詞はここ迄で終了です(笑)
このTOPICSにおいても繰り返し「今が大切ですよ」「答えは自分自身の中にありますよ」「誰かや何かのせいにしても変わらないですよ」「(過去や未来という)時間感覚」・・・などなどを、お伝えしておりますが、この歌詞の中には、そのどれもが短い文字数の中に込められています!
私がダラダラ長く迷走気味?になって書いているこのTOPICSより、よほど簡潔しています(笑)
しかも「暗示(文)」としての特徴である「シンプル」「繰り返し」も活用されています。

 

では、ここでガラッ!と視点を変えて、今回のテ-マの大元である「音(メロディ-)」について改めてお伝えしていきます。

ドイツの天文学者でヨハネス・ケプラ-という人がおりました。
皆さんも学校で習った方もいらっしゃるかもしれませんが、惑星の運動に関する3つの法則を説いた「ケプラ-の法則」で知られている人です。
ちなみに、この「ケプラ-の法則」はコペルニクスの地動説を支持し、その後の、ニュ-トンの万有引力の法則の発見に繋がっているとも言われている法則です。

 

そして、この「ケプラ-の法則」は3つありますが、その3番目に「調和の法則」というものがあります。
そして、ケプラ-は1619年に「宇宙の調和」という著作を発表していますが、この著作の中でケプラ-は、「惑星の音楽」として、

 

地球や月や土星などを「音(メロディ-)」で表現

 

しています。
ところで、簡単に表現しますと、

 

「音(メロディ-)」の本質は「振動と波(動)」

 

です。
そして、

 

「私達の意識」の本質も「振動と波(動)」

 

です。
そして、

 

「(宇宙や私達の体・細胞を構成している)素粒子」の本質も「振動と波(動)」

 

です。
そして、このような観点から、

 

「(私達の意識と体に対する)ヒ-リング」の本質も「振動と波(動)」

 

であろう・・・との方向で、現在の所も研究が進められています。
そして、

 

素粒子の構成の本質には、パ-トナ-たる相棒が存在し・・・
そして、自らの素粒子に刺激を与えると・・・
パ-トナ-たる相棒は時空を超えて瞬時にそばに現れる・・・

 

という現象は、量子力学において既に証明されています。
これは、現在においては、最も遠隔ヒ-リングが実在するという実証をしている説と考えられています。
では、ここでもう一度「振り返って」みます。
音(メロディ-)・意識・素粒子の3つを取り上げただけでも、その本質として、

 

振動と波(動)が特徴であり、これが、このたった3つの分野ですら・・・「重なり」合っている

 

という共通項が見て取れます。
そして、音楽療法という分野もあるように、

 

「音(メロディ-)」は私達の身の周りに溢れている

 

というのは周知の事実です・・・
これ以上は、「語るに落ちる」?になるかもしれませんので、どうぞ皆さんも「自由に」お考え下さい(笑)

 

また、今回は長くなったついでに、「時間の感覚」についての面白い?余談をご紹介致します。
宇宙を観測する分野として天文学があります。
そして、私達は7月7日の七夕の日は、織姫と彦星が「1年に1回」逢える日と教わっています。
そして、出来れば、晴れてくれれば良いなぁ~などと(笑)

 

そして、織姫は琴座のベガの織姫星で、彦星は鷲座のアルタイルの牽牛星となっています。
そして、このような星の性質として、この2つの星は10億年生きると推測されています。
そして、私達人間が100歳まで生きると仮定します。

すると、10億年生きる星と、100歳まで生きる私達の感覚としての「1年に1回の出逢い」を換算すると、

 

織姫と彦星は・・・何と!・・・私達人間の感覚で言う所では・・・3秒に1回逢っている!

 

という計算になるそうです(笑)
これは、逢い過ぎなのでしょうか?それとも、ラブラブなのでしょうか?(表現が古いですね  苦笑)
「時間の感覚」も視点を変えると、これほどの感覚の違いが出て来るものです(笑)

 

そして、先日来から数年に一度と言われる最強寒波が日本に到来しておりました。
東京は大混乱などのニュ-スも流れておりました。
そして、この寒波の最中に草津の火山が噴火をしました(お亡くなりになられた方のご冥福を心よりお祈り申し上げます)し、同じく寒波の最中の噴火の翌日に私の携帯の緊急地震速報が久々?に鳴り響きました。
さほど大きな揺れではなかった模様ですので大丈夫なようでしたが・・・

 

そして、奇しくも?前回のTOPICSにおいて「重なり」をキ-ワ-ドとしてお伝えしました。
そして、今回のテ-マも違う分野ではありますが、キ-ワ-ドは「重なり」です。
寒波の到来と噴火、そして、寒波の到来と地震・・・
そして、

 

自然現象が一つ一つ起こるのではなく・・・ここ最近は・・・複数の自然現象が「重なり」ながら起こりつつある・・・

 

という傾向が顕著になって来ていると強く感じています・・・

2018年1月27日 04:01

«

»

TOPへ戻る

新着投稿

過去の投稿


プライバシーポリシー

当サイトのご利用規約

サイトの詳細につきましては上記のご利用規約をご確認ください。

当サイトはリンクフリーではありません。
事前の連絡と許可審査が必要です。

スマートフォン、タブレットで読み取ってください

先頭へ