トップページ » 人生の「ホワイトアウト」においては・・・

人生の「ホワイトアウト」においては・・・

こんにちは。
レイキ ヒ-ラ-&ヒプノセラピストの瀬川です。

 

先日は12月においては強力といわれる寒波が到来しまして、日本の多くの地域で積雪となった模様です。
私は寒波到来の初日に、歯医者さんの定期クリ-ニングの予約日に当たっておりましたが、その歯医者さんまでは15Km位離れておりますので、「地吹雪」の津軽平野を車で往復してきました(笑)
そこで今回は「人生の「ホワイトアウト」においては・・・」というテ-マをお届け致します。

 

そこで、雪に馴染みのない場所に住んでおられる方の中には「ホワイトアウト」という言葉をご存じない方もいらっしゃるかと思いますが、「ホワイトアウト」とは、猛烈な強風と吹雪により視界が遮られ、周囲の景色がほとんど見えなくなってしまう自然現象です。
映画などでよく出て来る「砂嵐」のようなイメ-ジと考えて頂いてもよろしいかと思います。

そして、このような自然現象と私達の人生との関係も相互に反映されている場合もあります。
より正確な表現となりますと、

 

私達は様々な自然現象や出来事などからも、たくさんの事を学び取ることが出来る

 

という意味合いになるかもしれません。
そして、学び取るという表現においては、どことなく「受け身的」な感じを受けるかもしれませんが、

 

様々な自然現象や出来事に対して、あなたならば、どのような意味付けを行うのか・・・?

 

という視点が今回のテ-マの趣旨ともなっています。
言わば、あなたの「積極的・能動的」な姿勢を活用して、

 

あらゆる事象や出来事から、あなたの人生において役立つ視点を獲得する事が出来る

 

というように活用する事が出来ます。
ところで、津軽地方では「ホワイトアウト」の事を「地吹雪」とも呼んでおりますし、私も小さい頃に学校に行く際には、よく「地吹雪」を体験しました(笑)
このような真冬においては教室に入りスト-ブにあたると、手が膨れて痒くなったりといった体験も懐かしさを覚えます。
そして、津軽地方ではこのような猛烈な自然現象でさえも、「地吹雪体験ツア-」と称して、観光誘致の素材にもしております。
言わば、地元の人にとっては有り難迷惑?な現象でさえ、お金を払ってでも体験してみたい!という方々への商品として、先ほどのような「積極的・能動的」な活用をしていると言えるのかもしれません(笑)
そこで、人生における「ホワイトアウト」の状態とは、

 

悩みの最中(さなか)・・・

 

と表現出来るかと思います。
では、実際の「ホワイトアウト」という自然現象への対処を例として、人生における活用の視点を見ていきます。
まず、あなたは車の運転をしています。
そして、雲行きが段々と怪しくなっていき・・・次第に強風と雪が散り始めました。
すると、あなたの前方が遮られ、視界はほとんど見えなくなってきました。
ここであなたが安全に車を運転するには、

 

車のライトを点灯する

 

という行動を起こします。
なぜなら、あなたの存在を対向車に知らせておかないと、とても危険だからです。
相手の対向車も積雪により道路の中央線が見えなくなっており、衝突する危険性も高まってしまいます。
では、これをあなたの人生に当てはめると、まず、

 

あなたの心の中の光を点灯する

 

という事です。
この事により、

 

あなたは危険の芽を事前に摘む事が出来る

ようになり、その事により、

あなたの心の中に余裕が産まれる

 

という状態に次第に変化していきます。
そして、あなたの心の中の光とは、

 

希望、ポジティブ思考、成せば成る、ケセラセラ、(感情ではなく)理性・・・

 

など、あなたにとってシックリくるものであれば、どんなものでも活用する事が出来ます。
さあ、ライトを点灯した事により、あなたの中に少しの安心感が産まれてきましたが、実際の車においては、

 

上向きのライト、そして、下向きのライト

 

が存在しています。
「ホワイトアウト」という自然現象においては、遠くの前方を照らす上向きのライトを活用すると、

 

逆に今まで以上に視界が遮られる

 

という傾向が多く出てきます。
そこで、あなたは下向きのライトを活用する事にします。
つまり、

 

悩みの最中にあっては、(あまりにも)大きな目標・ゴ-ルを定めてしまうと、前方に舞い散る雪が多く照らされるが如く、進みづらくなってしまう

 

という逆の心持ちになる事があります。
なぜなら、

 

心の力が少し弱まっている時には、前方に舞い散る雪という「課題」が多く見え過ぎて、それをクリアしていくのは大変だ・・・

 

という方向に心が向きやすくなります。
そこで、下向きのライトを活用します。
つまり、

 

あなたのほんの少し前方の足元を照らす

 

ためです。
これにより、あなたが「今」するべき事が見えてきます。
それは、

 

単に一歩を踏み出すだけ

 

という事です。
前方の足元にはライトが照らされていますので、この行動は比較的容易になっていきます。
そして、さらにこの歩み出しの際には、

 

変化というスピ-ドを求めず、ゆっくりと歩む・・・

 

という姿勢の方が、危険性がかなり低くなります。
「ホワイトアウト」においては前方の視界のみならず、道路にも雪が積もっている状態が多いですので、道路の中央線や境目がほぼ見えていません。
つまり、ゆっくりと歩むという事は、

 

地道に進む

 

という事です。
そして、地道を感じるためには「地に足を着ける」必要性も出てきます。
そして、どれほど積雪があろうとも、あるいは、道路の境目などが分からなくなろうとも、

 

人生においては、あなたが自分で自分の道を創る事が出来る

 

という事になります。
ここ迄で、人生における「ホワイトアウト」においては、まず、あなたの心の中の光を点灯する事で、事前に危険性を回避する事が出来、そして、あなたが歩む道という足元を照らしてくれます。
そして、ゆっくりと歩む事で、急ブレ-キを踏む必要性もなく、スリップもせずに軌道修正がより容易になっていきます。
そして、ライトを点灯する事で、あなたの存在を対向車に知らせる事が出来ますが、

 

悩みの最中にあっては孤独になりがち・・・

 

にもなります。
つまり、あなたが心の中のライトを点灯する事で、

 

他の人があなたという存在を見つけやすくなる

 

という人生における変化が訪れるようになります。
そして、この変化は人とは限りませんし、何かの本かもしれませんし、素敵なメロディ-という音楽かもしれませんし、美味しいお食事かもしれませんし、ペットなどの動物かもしれません。
つまり、あなたが心の中のライトを点灯すると、

 

あなたを助けてくれる何かと「縁」を結ぶ事が出来る

 

ようになっていきます。
そして、現代においては「ホワイトアウト」の際には、カ-ナビも助けになります。
それは、カ-ナビにおいて、この先の道が曲がっているのか、あるいは、直線なのかを知る事で、先の事が予測しやすくもなります。
つまり、

 

あなたの人生においてカ-ナビのような羅針盤を持つ事は役に立つ

 

とも言えます。
そして、このカ-ナビのような羅針盤とは、先ほどの「縁」と同様に、

 

素敵なフレ-ズ、大切にしている言葉や格言・・・

 

など様々なものが身の周りに溢れています。
そして、

 

永遠に続く「ホワイトアウト」は存在しない

 

というのも真実です。
そして、「ホワイトアウト」は次第に緩むケ-スもあれば、

 

一瞬にして視界が開け、その先には青空が見えている

 

というケ-スも頻繁に起こります。
そして、私達の存在というのは「車と運転手」の関係に例えられるケ-スもあります。
それは、

 

「車」は「肉体」で「運転手」は「あなたという魂」

 

という関係です。
軽自動車もあれば、普通自動車もあり、トラックやバスもあるように、「肉体」の違いも様々です。
しかし、どのような車両であろうと、

 

運転するのは、あなたという魂

 

である事は共通しています。
そして、この車を運転している時に、助手席からハンドルを操ろうとする者、あるいは、あなたの車を勝手に運転してしまう者、これが・・・

 

いわゆる憑依という現象です

 

もし、あなたが不在で運転していない車が赤信号を進んだとしても、周りの人はその車を運転しているのは「あなた」と思ってしまう事もあるかもしれません。
また、あなたがイライラや不機嫌な気持ちで車を運転している時には、注意力も散漫になり、荒っぽい運転などをしてしまうかもしれません。
そのような運転により、他の車からクラクションの注意を受けたりすると、それに対して、またまたまた怒りや苛立ちを覚えるという悪循環にも陥りかねません。
そして、このように、「車」が「肉体」であり、「運転手」が「あなたという魂」という視点では、

 

あなたの心の状態が、あなたの体へも影響を及ぼす事になる

 

という事は明白になるかと思われます。
今年は、あおり運転などの危険な自動車事故・事件が相次いで起こりました。
また、スマフォをしながらの自転車の運転などでも同様な事故が起きています。

どうぞ、あなたが自身が運転手として、そして、安全運転で、素敵な人生というドライブを楽しんで下さい(笑)

2017年12月17日 04:12

«

»

TOPへ戻る

新着投稿

過去の投稿


プライバシーポリシー

当サイトのご利用規約

サイトの詳細につきましては上記のご利用規約をご確認ください。

当サイトはリンクフリーではありません。
事前の連絡と許可審査が必要です。

スマートフォン、タブレットで読み取ってください

先頭へ