トップページ » あなたにも出来るプチ・ヒプノセラピ-(催眠療法)

あなたにも出来るプチ・ヒプノセラピ-(催眠療法)

こんにちは。
レイキ ヒ-ラ-&ヒプノセラピストの瀬川です。

 

このTOPICSでは、様々な視点の「提案」という意味合いや、時には、非日常的?な現象などもテ-マとして取り扱っておりますが、その中でも、出来るだけ誰にでも日常生活において活用し実践出来るテ-マ、という点にも一つの大きな意味合いを持たせております。
そこで、今回は「あなたにも出来るプチ・ヒプノセラピ-(催眠療法)」というテ-マでお届け致します。

 

ところで、S.Light.Mにおいてはヒプノセラピスト認定講座も開催しておりますが、催眠の基礎を学ぶ2日間の初級講座、そして、年齢退行や前世療法も含めたプロとしての開業などを目指す場合などの10日間の上級講座を行っております。
また、HP上では案内はしておりませんが、開業などは考えていないが、職場などでのコミュニケ-ション能力を高め、その能力を実際に日常的に活用出来るように、基礎及びプロレベルでの各種暗示・イメ-ジ療法を身に付けられるように設定された4日間の講座などにも対応させて頂いております。

 

少し宣伝になってしまい申し訳ございませんが(笑)、このような講座においてはそれなりの高いレベルでの理論と実技を身に付けていきますが、やはり、ここで身に付けた理論や実技の実践においても、コミュニケ-ションという所に行き着いていきます。
そして、コミュニケ-ションは日常的に行われているにも関わらず、そこに催眠が関与している?という視点が入り込んでしまうと、途端に胡散臭く、怪しく感じる方がいらっしゃるのも事実です(笑)
勿論、どのように感じても全くの自由ですし、従来の催眠の取り扱われ方や、アピ-ルの仕方などを振り返ってみると、このような負のイメ-ジが伴うのもよく理解出来る点もあります。

 

ところで、催眠は古来から行われていましたが、もし仮に、全くの気休めで何の効果もなく、かつ、何か怪しいものであれば、現在まで継続されて行われている事はなかったと思いますし、今のように欧米などにおける保険対象となる事や、医師が行う治療に含まれる事もなかった事と思います。
そこで、ここからが本題に入っていきますが、

 

催眠にまつわる「怪しさ」はどこから来るのか?

 

という点を理解する事が、実は今回のテ-マの「あなたにも出来る・・・」という点と、とても密接に関係しており重要になります。
おそらく、多くの方が感じる「怪しさ」とは、

 

薄暗い中で蝋燭(ろうそく)の炎やコインの動きを眺める・・・
あるいは、
指をパチンと鳴らされると操られる・・・

 

などのイメ-ジが多い事と思います(笑)
そこで、何故「あなにも出来る・・・」という事に繋がっているかと言うと、それは、

 

催眠とは「状況」ではなく「状態」である

 

という大前提があるからです。
このような、何かを見つめたり、あるいは、外部からの刺激などを与えるというのは「状況」にしか過ぎません。
そして、

 

「状況」には催眠の本質はない

 

という事を覚えておいて下さい。
勿論、S.Light.Mにおいて行っているヒプノセラピ-のセッションにおいても、照明や音響なども利用しておりますし、時には外部からの刺激としての仕草や行動なども取り入れたりもしますが、これは「状況」に全くの意味は無いという事ではなく、リラックス度合いをより深め、早く簡単に催眠に入っていく為に活用しているという側面と働きが大きいです。
しかし、どのような「状況」であろうとも、催眠に入って行く事は出来ます。
それが繰り返しですが、

 

催眠とは「(その人の)状態」である

 

という本質があるからです。
現実として、全くの無意識ながらも、私達の誰もが1日に何度も催眠状態を出たり入ったりしています。
今日の夕食に何を食べようかなぁ~?次の休日には何をしようかなぁ~?などのように想像している時も、催眠「状態」に当てはまりますし、何か好きな事をしていると時間があっという間に過ぎ去ってしまう現象も当てはまります(専門的には時間の歪曲(わいきょく)と呼びます)。
また、何か将来における不安などや、嫌いな人の事を悶々と考えてしまっているような時も、催眠「状態」を活用してしまっている・・・という点も実際の所はあります。
しかし、今、このTOPICSを書いている私自身も催眠「状態」ですが、意識もハッキリしてますし、今、地震があってもすぐに逃げる事も出来ます(笑)
 

また、中にはゲ-ムセンタ-やパチンコなどがお好きな方もいらっしゃるかもしれません。
ちなみに、今はやっておりませんが私も東京で暮らしていた折は、パチンコは好きでよく行ってましたので、お気持ちは分かります(笑)
そして、このようなゲ-ムセンタ-やパチンコ店などでは、入店した途端に騒音でうるさいと感じますが、実際に遊戯を始めると騒音もあまり気にならなくなり、次第に目の前の映像や光景に没頭して熱中していくようになります。
これも催眠「状態」に当てはまります。

 

どうでしょうか?
パチンコ店などでは、少なくとも静かで薄暗いという「状況」は万に一つも当てはまらないと感じませんでしょうか?(笑)
つまり、「あなたにも出来る・・・」という点において、

 

あなたが何かの「状況」を作り出す必要性はない

 

という事になります。
つまり、いつでもどこでも「あなたにも出来る・・・」という事が、あなたにも実現可能という事になります。
では、あなたが行う事は何でしょうか?
それは、

 

相手が催眠「状態」に入っていくのをサポ-トする

 

という事だけです。
ここで、ヒプノセラピ-の簡単な流れをお伝えしますが、暗示療法におけるセッションにおいては、

 

催眠誘導 → 暗示 → 解催眠

 

という流れになります。
そして、私達が日常において行っているコミュニケ-ションにおいても、無意識ながら、

 

( 催眠誘導 + 暗示 → )暗示療法 = コミュニケ-ション

 

という図式が成り立っているケ-スはとても多いです。
勿論、日常におけるコミュニケ-ションにおいては解催眠を行う必要性は全くありません!
ゲ-ムセンタ-やパチンコ店から離れられなくなる・・・という事になっていれば別ですが・・・

 

では、このように相手が催眠「状態」に入っていくのをサポ-トする事が「あなたにも出来る・・・」というポイントの一つになりますが、その方法をお伝え致します。
それは、

 

様々な角度から複数の質問をする

 

という、ただこれだけです(笑)
では、あなたが「カレ-好き」と仮定して、どのような様々な角度からの質問があるか見ていきましょう!

 

・ カレ-は、暑い季節、あるいは、寒い季節で、どちらがより頻繁に食べますか?
・ 好きなカレ-は日本風ですか?あるいは外国風ですか?
・ カレ-のル-は、トロッ~としているのが好きですか?あるいは、サラサラしているのが好きですか?あるいは、それ以外?
・ カレ-の具材は何種類位入っているのがお好みですか?
・ その中でも、一番好きな具材は何ですか?
・ あなたが好むカレ-の中に入っている隠し味は何かありますか?
・ カレ-はライス以外にも、うどんやそば、あるいは、ナンなどでも食べる事はありますか?
・ カレ-を食べたくなる時に、何か共通している点はありますか?
・ カレ-を食べると、どんな気分になりますか?

 

、、、、、
など、質問はかなり膨大に考えられます。
そして、このような質問をされ、それに答えている時には、無意識ながらも、

 

イメ-ジする、という作業を自然と行っている

 

という点が挙げられます。
そして、このイメ-ジするという作業は、催眠の本質の一つである、

 

全ての催眠は自己催眠である

 

という働きを加速させる効果があります。
つまり、様々な質問をし、様々なイメ-ジが伴っていく事で、

 

相手は自然と自分の内側に入って行き、自らで自然と催眠「状態」を創り上げていく

 

という「状態」に繋がっていきます。
そして、この「状態」を少し深める際に活用出来るのが、

 

これから先、あなたは、どうなりたいですか? あるいは、 どうしたいですか?

 

という質問です。
これを先ほどの「カレ-」に当てはめると、

 

・ お金に糸目をつけず、全てが可能であれば、どのようなカレ-を食べたいですか?
・ 今まで食べたカレ-の中で、一番記憶に残っているのはどんなカレ-ですか?

 

という質問になるかもしれません(笑)
ここまでの「様々な角度から複数の質問をする」という事だけで、

 

相手を催眠「状態」に導くサポ-トが出来ている

 

という結果に繋がっています。
これは、私が行っているセッションと本質は全く同じです(笑)
どうでしょうか?
少しの慣れは必要かもしれませんが、「様々な角度から複数の質問をする」という事は「あなたにも出来る・・・」という所に繋がって来てはいないでしょうか?
ここ迄で、催眠誘導としての「状態」が出来上がりました!

 

次は、暗示としてのあなたから相手へのアドバイスになります!
と言っても、何か特別な事を話す必要性もありませんし、上手に行おうとする必要性もありません(笑)
ここでのアドバイスという暗示は、人の数ほど違いがありますし、正解や間違いという事も勿論ありません。
あるのは・・・

 

あなたの相手への思い
であり、
その思いは、あなたの今迄の人生における経験や学びの全て

 

になります。
チョットしたひと言でも構いませんし、誰かが話していた事でも構いませんし、時には作り話でも構いません。
大切なのは、「あなたの思い」です。

 

そして、このようなコミュニケ-ションにおいても、相手を無理矢理に変化させる必要性はありません。
相手が何を判断し、何を選択し、何を決断するかは、「相手の思い」を尊重してあげて下さい。
そして、このようなコミュニケ-ションにおいては、あなたも相手から受け取る「恩恵」というものが多々あります。
あなたが様々な質問をするという事は、

 

あなたは相手から人の話をよく聞く

 

という経験を深めさせて貰っていますし、暗示としてのアドバイスをするという事は、

 

あなた自身を振り返る機会を与えて貰っている

 

という事になります。
今回のテ-マにより、必要以上にヒプノセラピ-(催眠療法)を行っているという感覚を持つ必要性はありませんが、その役立つエッセンスは誰にでも、そして、どのような状況であろうとも活用出来る性質のものですので、興味のある方は少しだけ意識してコミュニケ-ションを取ってみて下さい。

 

ちなみに、今回のテ-マにおいては催眠は「状況」ではなく「状態」とお伝え致しましたが、ヒプノセラピスト認定講座においても、実際にセッションを行う「場所」がなかなか見つけられないというお話もよく聞きます。
このような場合に、意外に?活用出来るのが、

 

カラオケボックス

 

です(笑)
それなりの防音も取られていますし、外部の目というものがほとんど気にならない場所でもあります。
有料ですが飲食も出来ますし、自分で場所を借りて飲み物などを用意する手間も省けます。
そして、これも意外に?思われるかもしれませんが、多少の物音があった方が催眠「状態」には入りやすくなる傾向もあります。
なぜなら、シ-ンとした静寂における、

 

無音・・・という「音」は意外に気になるもの

 

というケ-スが多々あるからです。
そして、「飲食」というキ-ワ-ドも出てきましたので、少しだけコメント致します。

最近流行のノンアルコ-ルビ-ルというのがありますが、この飲料を仕事における会議などの場で飲むのは、是か非か?という話題が先日取り上げられていました。
私個人としては特段是か非かという点にコメントは致しませんが、ジュ-スと同じという事であれば仕事中であろうと飲んでも良いという意見もある事でしょう。
ただ、私がカウンセリングなどを行う際には、飲む事は決してありません(笑)

 

そして、肯定の意見の中には、会議や打ち合わせの場で飲む事で「リラックス」して円滑に進むという意見もあるそうです。
これはこれで様々な意見があっても構わないかとも思いますが、キ-ワ-ドは「リラックス」です。
ノンアルコ-ルビ-ルを飲む事で「リラックス」出来るという事は、それ以前に、

 

本物のビ-ルを飲む際に「リラックス」出来ている

 

という「体験」が存在しているかと思われます。
そして、本物のビ-ルの代用としてノンアルコ-ルビ-ルが活用されている事と思われますが、これは、

 

本物のビ-ルに似た「味」を感じる事で、本物のビ-ルを飲んだ時の「リラックス」感が思い起こされている

 

という、「アンカ-」という仕組みが働いています。
レモンや梅干しを想像すると、唾液が出たり、口の中が酸っぱく感じるのと全く同じです(笑)
つまり、実際のアルコ-ルは体内に入っていないのでその点は問題ないかと思いますが、時には、アルコ-ルを飲んだ時のような、

 

注意力などが散漫になる可能性も含まれている・・・かも

 

という点は意識において置く方がよろしいかとも思います。
つまり、ここでは、

 

「味」という味覚が「暗示」となっている

 

という事です。
そして、心と体は繋がっていますので、それなりの良い影響も、あるいは、何かしらの好ましくない影響も引き起こされる可能性もあるかもしれません。
私もほんのたまにはノンアルコ-ルビ-ルを飲んだ後に運転することもありますが、ほんの少しでもこれらの事を頭の片隅に置いておくだけでも、不注意などによる事故なども防げる可能性も高まります。
「暗示」は「言葉」のみならず、様々な形態で至る所で働いている、と言うことも、これを機会に覚えておいて頂ければ幸いです(笑)

 

そして、ほんのひと言の余談ですが、今頃からの季節を題材にした歌に、井上陽水さんの「少年時代」という楽曲があります。
皆さんも聞いた事がある方は多いかと思われますが、私も大好きな歌の中の一つです。
そして、この歌詞の中に、「暗示」あるいは「比喩・隠喩(メタファ-)」として、私個人的にはとても凄い!と感じるフレ-ズがあります。
それは、

 

『 夢はつまり 想い出のあとさき 』

 

という歌詞です。
優れた暗示や比喩・隠喩(メタファ-)というのは、受け取る人の数ほど、様々なイメ-ジ力を引き出す事が出来るという特徴があります。
身も蓋も無い表現をすれば、「どうとでも取れる」という事になってしまいますが(笑)

 

「夢」は「寝ている時の夢」なのか? あるいは、「人生の夢」なのか?
「想い出のあとさき」の「あと」とは、「後」なのか? あるいは、「跡」なのか?
「想い出のあとさき」の「さき」とは、「「割く」という夢の中での分割」なのか? あるいは、「「先」という未来なのか」?

 

・・・などなど、私自身はこの歌を聴くと、色々な想像力?妄想力?のスイッチがオンになってしまいます(笑)

2017年8月26日 02:08

«

»

TOPへ戻る

新着投稿

過去の投稿


プライバシーポリシー

当サイトのご利用規約

サイトの詳細につきましては上記のご利用規約をご確認ください。

当サイトはリンクフリーではありません。
事前の連絡と許可審査が必要です。

スマートフォン、タブレットで読み取ってください

先頭へ