トップページ » 「歯」とヒ-リング

「歯」とヒ-リング

こんにちは。
レイキ ヒ-ラ-&ヒプノセラピストの瀬川です。

 

このTOPICSをお読み頂いている皆さんの中には、ヒ-リングに興味がある、実際にヒ-リングを行っている方々などもいらっしゃるかと思います。
勿論、ヒ-リングというのは、レイキに限らず、その他のヒ-リングも色々と含まれます。
そして、インタ-ネットで情報を調べたり、あるいは、色々な書籍なども読んだりしているかもしれません。
そこで、そのように色々調べたりされている皆さんに質問です。

 

「歯」に関するヒ-リングの項目や書籍などに触れたことはあるでしょうか?

 

皆無とは言いませんが、ほとんど「歯」に関するヒ-リングについては目に触れることはないかと思います。
そこで、今回は私自身の苦い?経験も含めて、「「歯」とヒ-リング」というテ-マをお伝え致します。
なお、あくまで私の個人的な見解ですので、内容につきましては皆さん自身で判断して下さい。

 

ところで、現在では30歳以上の方の8割程度の人が何らかの歯周病にかかっているというデ-タがあります。
TVのコマ-シャルなどでもよく見かけることと思います。
そして、歯を失う原因の第1位が歯周病で、第2位が虫歯となっています。

 

そこで、ここからは私自身の経験です。
私も2年程前から歯茎が腫れたり引いたりなどの症状があったので、歯周病かな?と思い、自分なりに色々なケアをしていました。
自分なりのケアというのは、お恥ずかしい話ながら、私も歯医者さんが怖いなどの思いを持っていましたので、何とかしてみようと試みていました。

 

そしてある日、被せものをしていた差し歯が取れてしまいました。
ちょうど、歯茎が腫れたり引いたりしていた箇所です。
そして、観念?して歯医者さんを探し連絡を入れ診てもらうことになりました。

私は勝手に歯周病かな?と思っていましたが、歯周病と虫歯の検査をしてもらった所、問題はないとのことでした。
そして、レントゲンを撮影して貰った所、原因がすぐに判明しました。

 

それは、歯根破折

 

でした。
歯根破折とは、平たく表現すると歯の骨折・ひびのようなものです。
折れたりひびが入っていることで、炎症などが起き歯茎が腫れたりなどの症状も出るそうです。
そして、レントゲンでは分からないケ-スもあるため、歯周病の治療などをしても改善しない場合などで歯根破折が分かるケ-スもあるそうです。
また、症状や破折の程度によって個人差もあるようで、破折していても何年間も症状が出ないケ-スもあるそうです。
そして、実は、

 

歯を失う原因の第3位が歯根破折

 

となっています。
そして、この歯根破折というのは事故やスポ-ツ時のケガなどでも起こるそうですが、通常は被せものをしている歯の劣化などにより起こることが多いそうです。

 

そして、私の場合も歯根破折だったので、抜歯以外に方法はないとのことで抜歯をしてもらいました。
なお、現在は歯を残す方針の歯医者さんも多いですが、歯根破折でもごく軽微な場合はいったん抜歯した後に接着剤でくっつけて元に戻すなどの方法もあるようですが、基本は抜歯という所がほとんどだそうです。

 

先ほど私なりに色々なケアをしてきたとお伝えしましたが、それにはレイキの自己ヒ-リング、また、ヒプノセラピ-(催眠療法)における自己暗示なども行ってきました。
勿論一番の基本である歯磨きも含めてです。
では、なぜ歯根破折には効果?がなかったのでしょうか?
それは、

 

歯は再生・自然治癒が難しい

 

という側面があります。
ごく軽いひび程度の歯根破折では自然治癒するケ-スもあるそうですが、やはり、歯が欠けてしまったりといった状況ではヒ-リングもなかなか効果が上がらないという側面があります。

そして効果が上がらないというのは、いくらヒ-リングをしても新しく歯が生えてくる訳でも無く、また、欠けたり折れている箇所が再生・自然治癒することはほぼ無いということです。

 

私の知り合いにもレイキは勿論、気功やその他のヒ-リングをしている方もいらっしゃいます。
そして、ほぼ全ての方は「歯」だけは歯医者さんに行って治して貰うと話しています。
そして、この点が「歯」に関するヒ-リングの情報がほとんど無いという現状を表していると思います。

 

私が行っているレイキ ヒ-リングでは、「レイキを行ってはならない症状」というのは基本的に存在しません。
ただ、骨折して整復していない箇所へのヒ-リングは控えるように教えています。
なぜなら、

 

骨は再生・自然治癒機能が備わっている

 

からです。
つまり、骨がずれている状態でレイキを行うと、再生・自然治癒機能が働き出し、ずれた状態で骨がくっつこうと治癒反応が進んでいくと言われているからです。
そして、

 

ヒ-リングは再生・自然治癒の機能が備わっている場合に作用する

 

とも言えるかもしれません。
そして、私達の体の大部分にこの再生・自然治癒機能は備わっています。
体を作り上げてくれている細胞なども同様です。

書籍などでは奇跡的なお話などもよく紹介されていますが、実際にそのようなことは起こり得ると私自身は思っていますし、実際にヒ-リングを行っている時も同様です。
ただ、今回の「歯」のようなケ-スでは改善されない「理由」があるということです。
その「理由」とは「再生・自然治癒機能が備わっていない箇所」であるということです。

 

レイキなどの紹介でも、海外ではバッテリ-が上がってしまった車にレイキをしたらエンジンがかかったなどのお話が紹介されたりしています。
エネルギ-という意味合いではあり得ないとは言えないのかもしれませんが、やはりバッテリ-が上がったら実際に修理をして貰う方が合理的ですし現実的な対応です。

レイキを行う時も同様に、例えば火傷であればまず冷やす、あるいは、擦り傷などであれば消毒するなどの「手当」を行った後に行えば良いでしょうし、治りも早くなっていくことと思われます。

 

レイキに限らずヒ-リングという意味合いでは、ほとんど全てが科学的・医学的な証明がなされている訳ではありません。
しかし、科学的・医学的な証明がなされていないからと言って、「存在しない」という訳でもありません。
ただ、レイキやヒ-リングを行う側は現実的な側面も考慮に入れて善後策を行っていくということも大切なことです。

そのような意味合いから、今回の「歯」に関するヒ-リングの情報も踏まえて考えてみて下さい。
なお、私が行っているレイキ ヒ-リングも医療行為ではありませんし、医療に代わるものではありません。
医師の指示や投薬などをちゃんと守りながら、何か他にも出来ることはないかと考えている方は、「プラスα」という観点からヒ-リングなども考慮に入れてみては如何でしょうか。

 

そして、ここから先は今回の私の経験からの全くの余談です。
結果として2本の歯を抜歯することになりました。
乳歯が永久歯に生え替わる時などの抜歯は母親に行って貰ったことはありましたが、歯医者さんでの抜歯は初めての体験でした。

 

怖さから色々な妄想?なども膨らむ中、覚悟を決めて1本目の抜歯をして貰いました。
その時は、残りあと1本だと、スッキリさっぱりした気持ちでいましたし、残り1本も抜歯して貰えばもっとスッキリさっぱりするだろうと奮い立たせて残り1本の抜歯もして貰いました。

しかし、2本目の抜歯後に感じた感情は、スッキリさっぱりも多少ありましたが、一番感じたのは、

寂しさ

でした。

今まで考えたこともありませんでしたが、永久歯として生え替わってきて以来30年以上も「歯」は私とまさに一心同体の人生を送ってきています。
勿論、これは「歯」に限らず私達の体全体も同様です。
事故やケガ、あるいは、先天性や後天性で体が不自由な状況の方々もたくさんいらっしゃいます。
そのような方々から見れば「歯」の1本や2本など笑い話にもならないことでしょう。
私自身もそのように思います。

しかし、私自身が感じた、あるいは、気づいた経験が今回の「歯」であるということです。
経験には個人差があります。

そして、仮に私達の本質が意識、あるいは、魂というものだとしても、それを表現するには「体」が必要です。
この世においては、仮にどんなに崇高な意識や魂の持ち主であろうと、「体」を通して自分を表現していきます。
自分を表現するとは?というテ-マで興味のある方は色々と考えてみて下さい。

2016年10月10日 04:10

«

»

TOPへ戻る

新着投稿

過去の投稿


プライバシーポリシー

当サイトのご利用規約

サイトの詳細につきましては上記のご利用規約をご確認ください。

当サイトはリンクフリーではありません。
事前の連絡と許可審査が必要です。

スマートフォン、タブレットで読み取ってください

先頭へ