トップページ » レイキやヒ-リングの波及効果・現象

レイキやヒ-リングの波及効果・現象

こんにちは。
レイキ ヒ-ラ-&ヒプノセラピストの瀬川です。

 

青森県内の天気や気温も平年より1月半ほど先取りしたような暑い日が続いていますが、体調のほどは如何でしょうか?
このTOPICSにおいては、目に見えにくいレイキやヒ-リングの話題は言葉では説明しづらい点もあることなどから、比較的取り上げる事が少なくなってしまいがちですが、今回は「レイキやヒ-リングの波及効果・現象」というテ-マで、私の実際の体験からお伝えしていきます。

 

ところで、先日親類の集まりがあり、久しぶりに仙台を訪れました。
集まりと言っても皆で宴会をしたり、ブラリと観光したりといった楽しい集まりです。
そのような時間を過ごしている中で、夜に宿泊先のホテルでマッサ-ジを受けました。

 

マッサ-ジは東京にいる頃は頻繁に受けていたのですが、レイキを修得してから後、また、青森に戻ってきてからは受けることがほとんどなかったので、実に数年振りにマッサ-ジをしてもらいました。
最初はマッサ-ジ師の方と他愛もない話をしながら受けていて、リラックスしていきました。
そして、マッサ-ジが終わりの頃になると、そのマッサ-ジ師の方が次のように私に話しかけてきました。

「 何か変な風に思われるかもしれないですけど、お客さん(私)は「気」とかそういうものを聞いたことはありますか? 」

 

私は自分がレイキやヒ-リングを行っていることはその方にお話していませんので、次のように答えました。

「 耳にする機会はありますけど、実際の所はどうなんでしょうね? あまり詳しくないから・・・ 」

 

すると、マッサ-ジ師の方が次のように話してきました。

「 私も何かよく分からないんですけど、お客さん(私)をマッサ-ジしている間、何か温かいフワァ~としたものを自分の体や周りに感じていたもので・・・。何十年もマッサ-ジをしてきて、こんな感覚は初めてだったので、変に思われるかもしれないけれど、何か知っていたらと思って・・・失礼とは思い聞いてみました・・・ 」

 

実は、同じようなお話をされたことは以前にも何度かありました。
レイキに限らず、その他のヒ-リングを行っている方々も、少なからず同じような体験をされている方は多いと思います。
そして、このような体験は何か不思議なものでもなく、また、レイキやヒ-リングを行っている方の特別な体験というものではありません。

 

レイキを例えとしてお話すると、このTOPICSにおいても以前からお伝えしていますが、レイキは修得して初めて身に付くような性質のものではありません。

 

レイキは誰にでも例外なく、常に流れているもの

 

です。
これはレイキというものが特別なものではなく、人には肉体のみならず、何かエネルギ-的な要素も兼ね備わっているのであろうという意味合いです。
レイキを行っている私が言うのも何ですが、

 

そのようなエネルギ-的なものを、単にレイキと称している

 

と表現することも出来ます。
これは、「気」や「プラ-ナ」など、世界各国で称されているものと同じ性質のものであるのかもしれません。
言葉を換えれば、人が共通して感じている「何か」を、国や文化によって、また、人それぞれその呼び名が違うだけ、とも言えるかもしれません。
ちなみに、「気」における自らの修練で「出せる」ようになる「内気功」とは若干性質は違うかもしれませんが、、、。

 

今回の私のマッサ-ジからの体験で説明すると、マッサ-ジを受ける前の、親類との楽しい時間が私を癒してくれたのでしょう。
そして、癒され、マッサ-ジを受けていてリラックスし、また、何十年と人を癒すマッサ-ジを行ってきたその方も、経験上において感受性や受容性が高まっていたのだと思います。

 

そして、そのような中、私とマッサ-ジ師の方の双方の相乗効果により、よりハッキリと分かりやすい形態で今回のような体験に表れたのだと私は考えています。
しかし、このような体験は私がレイキを行っているから、そして、マッサ-ジ師として何十年も行ってきたその方だから体験出来たという性質のものではありませんし、特別なことでもありません。

ヒ-リングの本質の一つに、

 

他の人を癒すことは自分を癒すことであり、自分を癒すことは他の人を癒すことに繋がっている

 

というポイントがあります。
そして、自分を癒すということは、何か特別なことをする必要性がある訳でもなく、とてもシンプルなものです。
それは、

 

人生全般、そして、今を楽しむ・・・

 

ということです。
しかし、なかなかそのような心境になれない、あるいは、そのような心境になれない状況が続いているというケ-スも多々あると思います。
また、毎日をそのような状態で過ごすことも難しいというのも本音の所でしょう。

 

私も日々、喜怒哀楽を感じていますし、誰しも同じ毎日を送るということはありません。
体調も日々変化していきますし、それに応じて心持ちにも変化が及ぼされます。
毎瞬毎瞬を楽しめることが出来れば素晴らしいことでしょうが、それも頭では分かっていても、実際にはそうはならないケ-スがほとんどだと感じてしまうこともあるかと思います。
そして、

 

それが当たり前である

 

と、まずは受け入れてみて下さい。
実際に常時そのように振る舞えなくて当たり前です。
今の時点では、

 

「楽しむ」「自分は楽しんで良いんだ」

 

と、頭の片隅に置いておくだけで大丈夫です。
そして、ここから徐々に発展させていく上で、

 

あなたの中に「色々な見方・視点」を吸収していく

 

ということを心掛けてみて下さい。
何か役立ちそうだなぁ、これは自分に合っているかも、という程度の見方・視点で大丈夫です。
自分と相容れない見方・視点はひとまず吸収していかなくて大丈夫です。

 

このように「色々な見方・視点」を自分の中の引き出しにストック(貯蔵)しておくことで、何かの状況の折に、その引き出しの中の「色々な見方・視点」を状況に当てはめていってみて下さい。
上手く当てはまらないこともあれば、何も変わらないと思うこともあるかもしれません。

 

しかし、このような作業を行っていくことで、さらに「色々な見方・視点」があなたの中に着実に根付いていきます。
そして何より、

 

以前より動揺する感じが少なくなっていく、、、、、

 

ことを感じ始めていくことと思います。
そして、今迄であれば動揺を感じていたであろう心の範疇に、別の「何か」が入れる余裕が出てきます。
そして、その「何か」は「楽しむ」という感情としてあなたの心の中に入れてみて下さい。
そうしていると、徐々に、徐々に、「楽しむ」ことが「楽しめる」状況になっていきます。

 

そして、「楽しめる」という状況は「リラックス」出来ているという点に繋がっていきます。
私の今回のマッサ-ジの体験におけるポイントも同様に「楽しめる」「リラックス」という所です。
そして、レイキにしても他のヒ-リングにおいてもこの点は同様です。
このような心持ちや状態の時には今回のような波及効果・現象が表れやすくなります。

 

自分の人生を生きている、あるいは、今を楽しんでいる

という時には、

自然と自分を癒し、自然と他の人を癒している

 

という状況になっていきます。
また、

 

一つの言葉掛け

 

でも同様のことです。

レイキを行っている、あるいは他のヒ-リングを行っている、セラピ-やカウンセリングを行っているという方々のみならず、
特別何もしていない、あるいは知識がない方などでも、自覚はないが自分に対し、そして、他の人に対しても癒しやヒ-リングを実は日常的に行っているということを知っておいて貰えれば何かの折に役に立つこともあるかもしれませんし、その波及効果や現象を体験・体感出来るケ-スが増えてくるかもしれません!

2016年5月28日 01:05

«

»

TOPへ戻る

新着投稿

過去の投稿


プライバシーポリシー

当サイトのご利用規約

サイトの詳細につきましては上記のご利用規約をご確認ください。

当サイトはリンクフリーではありません。
事前の連絡と許可審査が必要です。

スマートフォン、タブレットで読み取ってください

先頭へ