トップページ » グラウンディングと紅葉・もみじ

グラウンディングと紅葉・もみじ

こんにちは。
レイキ ヒ-ラ-&ヒプノセラピストの瀬川です。

 

秋も段々と深まってきましたが、先日、黒石市にある「中野もみじ山」に行ってきました。
名前の通り紅葉の名所ですが、少し時期的には早かったかもしれませんが、とても素晴らしい景色でした。
平日にも関わらず、観光バスなども来ており、駐車場はほぼ満杯でした。

 

中野もみじ山には中野神社がありますが、この神社は800年頃に、坂上田村麻呂が蝦夷平定の際に建立されたそうです。
そして、1,800年頃に、弘前藩主の津軽寧親(やすちか)公が中野山のもみじや不動の滝に魅了され、京都からかえでやもみじの苗を取り寄せ移植したそうです。
以来、京都の名所である「嵐山」に対し、「小嵐山」と呼ばれるようになったそうです。

 

色々な景色を見ながら、観楓台なども巡ってきましたが、樹齢700年とも言われている、スギの大木も素晴らしかったです。
そして、このような樹齢の大木、そして、木々の先に咲き誇っているもみじなど、
これらを可能にしているのは、、、、、

 

「根・基盤」がしっかりしている!

 

ということだと感じました。
大木などは見えない地中に相当深くしっかりと根を張っているでしょうし、根がしっかりと張られているからこそ、もみじなどの葉も、成長や変化を遂げることが可能なのだと思います。

 

ところで、西洋のヒ-リングでは、「グラウンディング」という手法がよく活用されています。
日本風に表現すれば「地に足を着ける」ヒ-リングと言えるかもしれません。

 

何か気分が浮ついているなぁ、集中力が続かないなぁ、漫然と日常が過ぎていくなぁ、などと感じている時に行うと効果があるヒ-リングとされていますが、このヒ-リングのポイントは、

 

「今に在る」「今に生きる」こと

 

を実践するヒ-リングでもあります。
手法は様々ありますが、今回は最も簡単な方法をお知らせ致します。

 

まず、「両足の裏」あるいは「尾てい骨や仙骨の辺り」からエネルギ-の線が出ているのをイメ-ジし、
それを地球の中心まで伸ばし、地球のコア(核)に繋げるという簡単な手法です。
これをイメ-ジ化で行います。

 

エネルギ-の線とはイメ-ジしやすければ何でも良いのですが、例えば、綱引きをする際の太いロ-プ(綱)や、船の碇(アンカ-)などをイメ-ジする方も多いです。
船の碇(アンカ-)の場合などは、コア(核)にくさびを打ち込むような感じで、より繋がりをイメ-ジしやすいのかもしれません。

 

また、この「グラウンディング」は、車を運転する時や、電車で移動する時、また、飛行機に乗る際などに安心感を保つために活用している方も多数おります。

 

奇しくも、今、横浜のマンションで問題となっているのも「地盤・基盤」です、、、、、が、
「グラウンディング」などを活用して、人生あるいはご自身の「根・基盤」を更に望ましいように創り出し、そして強固なものにしていくと、いつの間にか樹齢700年の大木のように、エネルギ-に満ちた人生を歩んでいけるかもしれません、、、、、、
興味のある方は試してみて下さい。

 

そして余談ですが、よく大木などからパワ-を貰うために、木に抱きつく方も見受けられます。
触れることが制限されていなければ、木に優しく触れてみることは素敵な体験になると思います。
私も樹齢700年のスギの大木に手を当ててきました。

 

レイキ ヒ-リングを行っている方は感じやすいかもしれませんが、レイキはただ自分を通して流れていくものです。
その際の反応として熱感などを感じる場合は多いですが、この場合の熱感は、チリチリ感や、何か粗い感じを受けるケ-スもあります。
あくまでレイキが流れて反応しているだけなので、相手から何かを受け取ることはありません。

 

今回、私が大木に手を当てた時は、柔らかい、何か密度の繊細な「暖かさ」を感じてきました。
おそらくこれは反応ではなく、大木から私に流れてきたエネルギ-的なものかもしれません。
レイキを行っていなくとも感じる方は大勢いらっしゃいますし、感じ方も千差万別あるかと思いますが、
機会があれば、木を傷つけることなく、そして優しく触れて、色々感じてみて下さい。

 

中野もみじ山はこれからもっと色づくことでしょうし、11月上旬頃迄は見頃だそうです。
ライトアップもありますし、山中の道はフカフカして気持ち良い所もありますが、
急な傾斜の箇所もありますし、霜の影響などで落ち葉で滑りやすくなっている箇所もありますので、
もし行かれる方は、気をつけて、そして楽しんでみて下さい。

2015年10月23日 04:10

«

»

TOPへ戻る

新着投稿

過去の投稿


プライバシーポリシー

当サイトのご利用規約

サイトの詳細につきましては上記のご利用規約をご確認ください。

当サイトはリンクフリーではありません。
事前の連絡と許可審査が必要です。

スマートフォン、タブレットで読み取ってください

先頭へ