トップページ » 胎教とシンクロニティ

胎教とシンクロニティ

こんにちは。
レイキ ヒ-ラ-&ヒプノセラピストの瀬川です。

 

今回は「胎教」をテ-マに進めて行きたいと思います。
胎教は最近ではよく耳にするようになりましたが、一説では、胎教は2千年以上前の中国で既に知られており、
また、日本においても江戸時代には一般的に耳にするようになっていたと言われています。

 

今回、胎教をテ-マに取り上げたきっかけは後に触れますが、ある一冊の本に胎教のことが書かれていました。
それは、「吉田 松陰 と 久坂 玄瑞」(著:河合 敦、版:幻冬舎新書)です。

吉田 松陰は皆様も歴史の授業などで一度は耳にした人物であろうと思われますが、「松下村塾」を創設し、
そこでは今で言う、教師のような役割をし、久坂 玄瑞や高杉 晋作などの師と伝えられている人物です。

そして、先の本の中に、吉田 松陰が妹の千代に対して、獄中から書いた手紙が紹介されていました。

 

「 昔、聖人の作法には胎教と申す事あり。子、胎内に宿れば、母は言語立居より給(たべ)ものなどに至るまで、
万事心を用ひ、正しからぬ事なき様にすれば、生るる子、なり姿正しく、器量人の勝るとなり。
物しらぬ人の心にては、胎内に舎れる見聞きもせず、ものも言はぬものの、母が行を正しくしたりとて、
などか通ずべきと思ふべけれど、こは道理を知らぬゆゑ合点ゆかぬなり。
およそ人は、天地の正しき気を得て形を拵(こしら)へ、天地の正しき理を得て心を拵へたるものなれば、
正しきは、習はず教へずして自ら持得(もちう)る道具なり。
ゆゑに母の行(おこない)ただしければ、自ら感んずること更に疑たがふべきにあらず。
是れを正を以て正しきを感ずると申すなり」

古い口調なので難しいと思いますので、この本の著作者の河合 敦 氏の翻訳をご紹介します。

 

「 妊娠した女性が、その行動に気をつけ、正しいおこないをしていれば、生まれてくる子どもも立派な人間となる。
無知な者は、胎内で目も見えず耳も聞こえず、言葉も言えない胎児に対し、そんな胎教など効果はないだろうと思うかもしれないが、それは間違いである。
正しさというものは、習ったり教わったりするものではなく、もともと人に備わっている道具なのだから、母のおこないが正しければ、それを感じて子どもも自ずから正しいおこないを身に付けるようになる」

 

そして、吉田 松陰はこの後、「ましてや目も見え、耳も聞こえ、言葉も話せるのであれば、たとえ子どもといっても、正しいことはきちんと感じ取れる。また、正しくないことも速やかに感じ取るだろう。、、、、、」と続け、子どもへの教育の重要性を妹の千代に対して伝えています。

 

ところで、ヒプノセラピ-(催眠療法)の「年齢退行療法(インナ-チャイルド)」では、
セッションを受けにきた問題の理由になっていると思われる出来事を、母親の胎内での出来事に見い出す方も少なくありません。
そこでの出来事は様々ですが、そこから判明することとして、私達は胎内においても母親や父親、あるいはその他の周りの人々の「話し」もちゃんと「聞こえている」し、また、同様に母親や父親、そして周囲の人々の「感情」までも「感じ取っている」ということです。

 

ヒプノセラピ-の観点から考えてみても、胎教ということには一つの真理が含まれているように感じます。

 

そして、私が考える胎教の目的は、頭の良い子になってもらうことでもなく、賢くなってもらうことでもないと感じます。
(勿論、このように育ってくれることに関しては素敵なことと思いますが)

 

私が感じる胎教の目的、それは、

 

「安心して(この世に)生まれて来て良いんだよ!」

 

と、子どもに伝えてあげることにあると感じています。
なぜなら、先の「年齢退行療法」においても、生まれてくる直前になって、
「生まれてくるのが怖くなって尻込みをした」という体験を語る人も多いからです。

 

およそ突拍子もない話しにも思えるでしょうし、胎教が医学的観点から現在の所は効果が見られないとされていても、
どんどん愛情を持って話しかけたりする胎教は素晴らしいことと思います。
そして、「安心して(この世に)生まれて来て良いんだ!」と子どもが思えることは、
その子のこれからの人生において、絶対的な安心感へと繋がっていくことと思います。

 

ヒプノセラピ-の観点からも、胎内にいるお子さんに対して、素敵な物語を読み聞かせてあげ、素敵な音楽を聴かせてあげ、
そして、どんどん話しかけてみて下さい。

 

また、お腹に手を当てる、あるいは、優しくゆっくりお腹をさすってあげるのも、レイキ ヒ-リングの観点からは、
母子共にヒ-リングの効果が見込まれますので活用してみて下さい。
なお、あまり激しくお腹をさすったりすると、子どもはエネルギ-に敏感ですので、少しこそばゆく感じるみたいです。

 

そして、ここから先は余談になりますが、今回「胎教」をテ-マにした理由です。
先日、父の72歳の誕生日を実家で行いました。
そして初めて父から、私の名前「瑞之(みずゆき)」の由来的なことを聞きました。

それは、私の「瑞」という字は、父の何かしらのヒラメキ?で「久坂 玄瑞」から付けたとのことでした。
私は明治期の歴史については詳しくないので、久坂 玄瑞も名前位しか知りませんでした。
そこで良い機会と思い、久坂 玄瑞に関する書籍を色々読んでいた折、今回の胎教の話しに繋がりました。

 

それと以前にもTOPICSで軽く触れましたが「シンクロニティ」が起こったことです。
先日の誕生日の席において、私も父も「瑞之」という名前の人にはまだ出会ったことがないことが分かりました。

そして、まさしく昨日たまたま(世の中に偶然はないと言いますが、、、)TVを見ていました。
別にそのTVを見たい訳でもなかったので音楽を聴きながら画面を眺めているような感じでした。
また普段はそのチャンネルに合わせることもほとんどありません。

すると、ある家族が紹介され、そのお子さんの一人の方のお名前が「瑞雪」と紹介されていました。
音楽を聴きながらだったので、そのお子さんのお名前が何と呼ばれているのかは分かりませんでしたが、
字は違いながらも「瑞雪」というお名前の方に出会ったのは昨日が初めてでした、、、、、

2015年7月28日 04:07

«

»

TOPへ戻る

新着投稿

過去の投稿


プライバシーポリシー

当サイトのご利用規約

サイトの詳細につきましては上記のご利用規約をご確認ください。

当サイトはリンクフリーではありません。
事前の連絡と許可審査が必要です。

スマートフォン、タブレットで読み取ってください

先頭へ