トップページ » 東京オリンピック

東京オリンピック

こんにちは。
レイキ ヒ-ラ-&ヒプノセラピストの瀬川です。

 

今、東京オリンピックに関して、新国立競技場の建設を巡って色々と話題になっています。
東京オリンピックの開催に関しては、賛成・反対の両方の意見があることと思いますが、
ひとまず筆を書き進めて行きます。

 

まず、新国立競技場の建設費は2,500億円にも昇ると報道されています。
この2,500億円とは、過去のオリンピック開催地のメイン会場の施設を6~7個ほども建設出来る金額だそうです。
その金額を今回は一つの施設に投入しようと進められています。

 

そして、オリンピックの誘致に際しては、当初、東日本大震災からの復興も含めて、
「日本全体」で誘致しようとの趣旨で始まりました。

 

しかし、いざ誘致成功となるやいなや、コンパクトオリンピックと称して、ほぼ東京圏内での開催として進められています。
そして、現に東京では道路の整備や色々な施設などの建設が着工されつつあります。
ここには、都民の皆様方の税金、そして私達国民としての税金も活用されていきます。

 

ところで、「ご馳走」という言葉は皆さんもよく耳にすることと思います。
「ご馳走」とは、例えば家にお客様を招いて、そして美味しいお食事で「おもてなし」するなどがイメ-ジ出来ます。

 

そこで「ご馳走」の本来の意味としては、

 

お客様を「おもてなし」するために、

その家の主人が、新鮮な食材や旬の食材などを求めて、

「走り回る」ことです。

 

そこには、新鮮あるいは旬の栄養価の高い食材を食して貰うことで、日頃の感謝や、日常の疲れを少しでも回復して貰いたいなどの「思い」が込められています。
このように、「ご馳走」とは、本来の趣旨としては高価な食材を買い求めることではありません。

 

そして、今のオリンピックのようなことは、私達の身近にも似たようなケ-スは多々あります。
例えば、今、青森駅前の再開発を巡って色々な議論がなされています。

 

商店街の活性化のため、あるいは観光客を「おもてなし」するために「県都」の玄関口である駅前を再開発することには意義がある。
一方、予算が当初より超えているため、計画を見直す必要性や、他に優先すべき課題があるのでは、といった意見もあるようです。
当然のことながら、この駅前再開発にも青森市民の皆様方の税金が活用されていきます。

 

東京オリンピックにせよ、青森駅前再開発にせよ、
何かの計画を進めるに当たっては、試行錯誤をすることもあるでしょうし、
実際に着工していく中においては、臨機応変に計画を変更していくこともあることでしょう。

そして、どのような施設を建設しようか、そして、そのためにはどの位の金額が掛かるのか、などの現実的な議論も勿論必要です。

 

しかし、それと同時に、

 

「おもてなしとは何たるか?」

 

ということを、今一度、考える余地があるのでは、、、、、と感じています。
そして、「おもてなし」の対象とは外国の方、あるいは県外の方ばかりではありません。
本来はそこに住む人々も含まれています。

 

人に「おもてなし」をされ、そして、自分も「おもてなし」をする。
自分自身を「おもてなし」するという観点から考えてみると、
何か光明が見えて来そうな気はしませんか、、、、、?

2015年6月25日 03:06

«

»

TOPへ戻る

新着投稿

過去の投稿


プライバシーポリシー

当サイトのご利用規約

サイトの詳細につきましては上記のご利用規約をご確認ください。

当サイトはリンクフリーではありません。
事前の連絡と許可審査が必要です。

スマートフォン、タブレットで読み取ってください

先頭へ