トップページ » 開花

開花

こんにちは。
レイキ ヒ-ラ-&ヒプノセラピストの瀬川です。

 

県内においても開花の便りが聞かれるようになりました。
今年の開花は例年よりも10日程早いそうです。
昨年は12月からの大雪でどうなることかと思った方も多いと思いますが、こうして開花が例年より早く、そして確実に春が到来することを思うと、自然というのは凄いですね。

 

開花と聞くと「梅」や「桜」を思い浮かべる方も多いと思います。

 

「梅」は「暖かさ」を感じ取ってから開花の準備を始めるそうです。
そして、「桜」は「寒さ」を感じ取ってから開花の準備を始め、そして「暖かさ」と共に開花するのだそうです。

 

つまり、昨年の12月頃に、私達が大雪でヤキモキしていた頃、「桜」は、

 

「開花の準備だ!」

 

と感じ取り、そして、それから数ヶ月の準備を経て、今まさに開花しようとしています。

 

よく人の人生は「四季」に例えられることもあります。
それは、いかに「冬」の時期であろうとも、次には必ず「春」がやってくるというものです。

 

同じような例えとしては、

 

「夜明け前が一番暗い」

 

という表現もあります。
私達はいわゆる人生の「冬」の時期にいると考えてしまうと、なかなかその先の「春」のことが考えられなくなってしまいます。
また、その先の「春」を飛び越えて、次の「冬」のことを考えてしまいがちです。
確かに、人生の「冬」の時期に、そのように考えてしまうのも、心情・気持ちとしてよく理解出来ます。

 

そこで、「桜」はその「冬」の時期に、「開花・春」への準備を始めることを考えると、
私達の人生も「冬」と思える時期に、何か変化の兆しを捉え、そして何かを行動に移す・準備するということが、
自然から学べる智慧なのかもしれません。

 

日本では「桜」に思い入れを持っている人々が多いと思います。
それは、私達の中で、何か「桜」に感じ入る部分が、無意識ながらもあるのかもしれません。

 

人生の全ての「答え」は自然の中に溢れている、という見解もあります。

 

是非、外出などの折には、「桜」もそうですが、
「つくし」や「たんぽぽ」、そして「蝶々」も飛び交う季節になりますので、
自然を楽しんでみて下さい。

2015年4月17日 04:04

«

»

TOPへ戻る

新着投稿

過去の投稿


プライバシーポリシー

当サイトのご利用規約

サイトの詳細につきましては上記のご利用規約をご確認ください。

当サイトはリンクフリーではありません。
事前の連絡と許可審査が必要です。

スマートフォン、タブレットで読み取ってください

先頭へ