トップページ » 先人からの学び

先人からの学び

こんにちは。
レイキ ヒ-ラ-&ヒプノセラピストの瀬川です。

 

本日、春の選抜高校野球において、県勢の八戸学院光星と大阪桐蔭の試合が行われました。
過去2度、決勝戦で敗退していることもあって、奮起して試合を行ったことと思いますが、結果は敗戦となりました。
夏に向けて課題も見つけて一層練習に励むことと思いますし、また、今日の時点から夏の甲子園に向けては、県内の高校は全て横一線になり、それぞれが目標に向けて進んでいくものと思われます。

 

ところで、甲子園というと、常連校や強豪校という名を耳にした方もいらっしゃると思います。
過去に何度優勝していようとも、それから3年も過ぎれば、その当時の選手も卒業し、実際に甲子園でプレ-する選手達は全く新しくなります。
つまり、常連校や強豪校と言われていようと、ほとんどの選手達にとっては一生に一度プレ-出来るかどうかという、全く初めての体験ということがほとんどだと思います。

 

それでは、常連校や強豪校と言われている高校と、それ以外の高校とでは何が違っているのでしょうか?
勿論、強い学校にはレベルの高い選手が集まるという現実的な側面もあるのでしょうが、私は、

 

「環境」が違う

 

と考えています。
ここでの「環境」とは、グラウンドの設備が良いとかの条件ではなく、

 

先輩方やOBなどの「体験」を身近に聞くことが出来る

 

という意味での「環境」です。
この体験には、実際にプレ-した体験、それまでの練習で試行錯誤した体験、あるいは実際にプレ-していなくとも甲子園で応援した体験、それをサポ-トする側の全ての方々の体験というのも含まれます。

 

このような体験を身近で頻繁に聞いていると、おそらく、

 

甲子園という舞台は「夢」ではなく、身近な「目標」になっていく

 

という側面があるように思います。
つまり練習を行うにも、何をするにしても、甲子園で実際にプレ-出来るという思いが確信に変わり、そのようなイメ-ジを常に持って野球に打ち込めるのかもしれません。

 

私達の創造力というのは、「イメ-ジ」を伴うと、実現に向けて、何倍にでも加速されていくという特徴があります。

 

そして、このような体験を聞くというのは、先人の教えと同様です。
教えには実際に耳にするものもあれば、書籍、映画、音楽など、様々な形態で触れることが出来ます。
また、先人とは別に著名な人ばかりではありません。
身近な所では、父母、祖父母といった身の周りの人々も含まれます。

 

そのような先人の教えの中には、少なからず「真理」が含まれているように思います。
そして、「少なからず」というのは、

 

教えの「全て」があなたに当てはまる訳ではない

 

ということも含まれます。
そのような教えの中には、あなたの人生を狭める、あるいは制限してしまうような性質のものも含まれているかもしれません。

 

私達の誰もが「選択する権利」を与えられています。

 

教えの全てを受け入れたり納得する必要はありません。
ご自身の中で、自分にとって役に立つ情報や体験を吸収出来ればそれで良いと思います。

そして当然のことながら、初めて甲子園に出場する高校も何校もあります。

 

是非、「選択する権利」が与えられていることを自覚して、ご自身の目標を叶える手助けとして、先人の教えを利用してみてはいかがでしょうか、、、。

2015年3月26日 05:03

«

»

TOPへ戻る

新着投稿

過去の投稿


プライバシーポリシー

当サイトのご利用規約

サイトの詳細につきましては上記のご利用規約をご確認ください。

当サイトはリンクフリーではありません。
事前の連絡と許可審査が必要です。

スマートフォン、タブレットで読み取ってください

先頭へ