トップページ » TOPICSを書くことについて

TOPICSを書くことについて

こんにちは。
レイキ ヒ-ラ-&ヒプノセラピストの瀬川です。

 

今回は、「TOPICS」を書くことについてのお話です。
TOPICSを書いている目的としましては、少しでも読んで頂いた方の「自立・自律」に向けてのヒントになれば幸いであること、まずは最低限の信頼関係を築けるよう私自身を知って貰うこと、レイキ ヒ-リングやヒプノセラピ-に関して興味がある方・修得したい方への情報提供、そして、営業活動的な側面も勿論あります。
しかし、このこと以外にも、私自身についても、とても役に立っています。

 

私は今まで日記を書いたりといった習慣はありませんでした(今でも日記は書いておりませんが・・・)。
小学校の夏休みの宿題などの日記は書いた覚えもありますが、それも何日分かをまとめて書いたりといった無精なことをしていました。
また、社会に出て仕事をするようになってから、気になったフレ-ズや、何か役に立ちそうな言葉などを書き留めたりもしていましたが、それもいつの間にか行わなくなりました。
そうです、実は私はとても筆無精です。

 

そんな私ですが、このTOPICSを書くようになってから「気づいた」ことがあります。
それは、TOPICSのテ-マや題材を見つけるために、

 

意識して対象に「意識」を向ける

 

ようになったことです。
分かりづらい表現で申し訳ないですが、簡単に言えば、

 

「意識」してテ-マや題材を探す習慣を身に付ける

 

ということです。
そのようにしていると、今まで気にも留めていなかった出来事やニュ-スなどが目に留まるようになり、過去に読んだ本の内容やフレ-ズなども無意識ながら思い浮かぶことが多くなりました。
と言っても、常にこんなことをしている訳でもありませんし、難しい方法を行っている訳でもありません。
私がこのTOPICSを書くについて行っている手法は以下の通りです。

 

あるテ-マや題材に「気づく・発見する」

そのテ-マや題材について「想像する・イメ-ジする」(この先どうなるのかな? 別の角度から見たらどうなるのかな? などです)

その想像やイメ-ジを「整理する」(出来るだけ伝わりやすいように)

 

手法と言いましたが、これをボ~ッとしながら行ったりしています。
勿論その中には、「想像やイメ-ジ」が先行して支離滅裂な内容になったり、どう考えても論理的にもおかしいなという事も頻繁にあります。そうならないためにも「整理する」ことをしております。

 

そして、このような事を繰り返しているうちに、色々な出来事やテ-マに繋がりがあることに「気づいて」いきました。
今までのTOPICSでも「気づき」を重要なテ-マとしてお伝えしておりましたが、この「気づき」も「自立・自律」へのとても良い練習になります。

 

例えば、1ヶ月に1度、何かをテ-マとして他の人にお話する機会があると仮定して、テ-マや題材に「気づく・発見する」、そして自分なりの観点からそのテ-マや題材がどうなっていくのか「想像する・イメ-ジする」、そして出来るだけ伝わりやすいように「整理する」、という事です。
「整理する」際は、他の人を説得や納得させようとする必要はありません。
また、その思いや考え方に賛同を得る必要もありません。
人それぞれ意見や考え方は違いますので、あくまで自分の思っていること、そして、考えていることを伝わりやすいように「工夫する」ということです。

 

そして、これは「自己表現」にもとても役に立ちます。
以前にも触れた、アナと雪の女王の「ありの~ままの~」というフレ-ズですが、「ありの~ままの~」というのは何となく分かりますが、「何がありのままの自分なのか?」というのも「自己表現」です。

 

昨今はコミュニケ-ション不足とも言われていますし、ちょとしたコミュニケ-ションの行き違いから事件に発展してしまうケ-スも見受けられます。
コミュニケ-ション不足には、こうした「自己表現」をどうやって行ったら良いのか分からない、という側面もあるかと思います。

 

言葉は「無料・タダ」です。
そして、言葉や表現には力・パワ-が備わっています。
人を生かしもすれば、傷つける程の力とパワ-も同時にあります。

 

是非、この「無料・タダ」の言葉や表現の力とパワ-を存分にご自身のため、そして他の人のために、最高最善に活用してみて下さい。
そして、今回の内容は特にヒプノセラピストを目指している方にとっては、「暗示文の作成」の練習にもなりますので活用してみて下さい。

2015年1月27日 05:01

«

»

TOPへ戻る

新着投稿

過去の投稿


プライバシーポリシー

当サイトのご利用規約

サイトの詳細につきましては上記のご利用規約をご確認ください。

当サイトはリンクフリーではありません。
事前の連絡と許可審査が必要です。

スマートフォン、タブレットで読み取ってください

先頭へ