トップページ » レイキ ヒ-リングについて

レイキ ヒ-リングについて

こんにちは。
レイキ ヒ-ラ-&ヒプノセラピストの瀬川です。

 

今日はクリスマス・イブですね。
最近のTOPICSでは、「意識」「暗示」といった、ヒプノセラピ-(催眠療法)にまつわる話題が多かったので、今回は「ヒ-リング」という観点から「レイキ」を取り上げてみたいと思います。

 

まず、「レイキ」については現在、NIH(米国国立衛生研究所)による研究や、ハ-バ-ド大学、コロンビア大学メディカルセンタ-、MDアンダ-ソンがんセンタ-などの大学や医療施設において、実際の臨床や検証がなされていますが、「レイキ」を一言で言えば、一種の「生体エネルギ-」と言えると思います。

 

「生体エネルギ-」と言うと難しく感じるかもしれませんが、イメ-ジとしては「気」みたいなものと捉えて頂いても構いません(厳密には「レイキ」と「気」は別物と考えられています)。

 

つまり、「レイキ」とは私達誰にでも流れている生命を維持する「エネルギ-」と捉えることも可能です。
そして、「レイキ」は乳幼児、高齢の方、ご病気の方、動物、植物にも流れている「エネルギ-」です。

 

この「レイキ」を活用したヒ-リング手法を「レイキ ヒ-リング」と称していますが、このヒ-リング手法は、何か特殊な能力を持った人、あるいは「レイキ」を修得した人のみが出来るという性質のものではありません。
実は、「レイキ ヒ-リング」は、

 

今すぐに、誰でも行うことが出来るヒ-リング手法です!

 

S.Light.Mにおける「レイキ ヒ-リング認定講座」においては、「レイキ」の理論と実践、そして、アチュ-メントを行い、レイキを活用して頂けるよう行っておりますが、アチュ-メントを受けていないと「レイキ ヒ-リング」が出来ないということはありません。
(※ 「アチュ-メント」とは、「レイキ」の流れを効率良く、そして、流れる量を増やすために行う一種の回路調整です)

 

「レイキ」が誰にでも流れているということは、いつでも、誰でも、それを活用出来るということを意味しています。
レイキを修得している人との違いは、単に流れる「量」であったり「効率」の違いによる部分が多いです。
「レイキ」というのは、ストレスを感じていたり、悩みなどでふさぎ込んでいたりすると、流れが滞ったり、流れる量が少なくなることがあります。
これは「レイキ」を修得している人も同様です。
故に、「レイキ」を修得していなくても、人生を楽しく謳歌している人は、「レイキ」を修得したが、日常生活において多くのストレスを抱えている人よりも「レイキ」がよく流れているということは大いにあり得ます。

 

つまり、「レイキ」とは誰かの専売特許でもありませんし、修行などをして身に付けるものではありません。
本来、私達の誰にでも備わっている「力・能力」ということです。

 

そして、やり方は簡単です。
気になる箇所、不調な箇所に「手を当てる」だけです。
そこで「手を当てる」時のポイントです。

 

手を当てたら、あとはリラックスして身を任せることです!

 

「流そう」などの意識や、何かを「イメ-ジ」する必要もありません。
手を当てたら、その後はボ~ッとTVを見ていても良いですし、誰かとおしゃべりをしても構いません。
また、何かをしながら手を当てるだけの「~しながらレイキ」でも大丈夫です。
実は、この「~しながらレイキ」の方が、「レイキを流す」という意識にとらわれないので上手に流れていきます。
(注:ただし、眠気をもよおすことがありますので、お車の運転中などには行わないで下さい)

 

このように「レイキ ヒ-リング」は誰にでも行うことが出来ます。
勿論、自己ヒ-リングのみならず、他の人にやってあげることも出来ます。
修得していないからといって、他の人に行っても症状が悪化することもありませんし、悪いことが起こることもありません。

 

なかなか信じがたいお話かもしれませんが、実際に他の人にやってあげてみると、色々な反応が返ってくることで実感出来ます。
勿論、自己ヒ-リングでも実感出来ます。

 

年末年始の楽しい気分の中、つい飲み過ぎたり食べ過ぎたりすることもあるかと思います。
そのような際は、是非、「手を当てる」という簡単な「レイキ ヒ-リング」を行ってみて下さい。

2014年12月24日 03:12

«

»

TOPへ戻る

新着投稿

過去の投稿


プライバシーポリシー

当サイトのご利用規約

サイトの詳細につきましては上記のご利用規約をご確認ください。

当サイトはリンクフリーではありません。
事前の連絡と許可審査が必要です。

スマートフォン、タブレットで読み取ってください

先頭へ