トップページ » イヤよイヤよも好きのうち?

イヤよイヤよも好きのうち?

こんばんわ。
レイキ ヒ-ラ-&ヒプノセラピストの瀬川です。

 

最近は、「ダメよ~ ダメ、ダメ」のフレ-ズが流行っていますが、「イヤよイヤよも好きのうち」というのを潜在意識の観点から考えてみたいと思います。

 

まず、私のヒ-リングやヒプノセラピ-の仕事の内容について、好奇心や興味を持たれる方もいれば、真っ向から否定や拒否をされる方もいらっしゃいます。
それはそれで、人それぞれの受け止め方がありますし自由ですので、全然構わないと思います。
私は、ヒ-リングやセラピ-などに興味や好奇心を持っている方とお話をする時は、色々な体験や詳しいことをお話したりもしますが、そうでない場合は、最低限の紹介にとどめ、通常の会話で盛り上がろうと心がけております。

 

そこで、今回ポイントとしているのは「極度に反応」されるケ-スがある場合です。
これは私の場合に限りません。
皆さんの中でも、自分では何気ない話題のつもりが、必要以上に反論されたり、論破されようと試みられたりされたケ-スはないでしょうか?

 

私はこのような時、その相手方の中に、

「無意識で抑制している何かがあるのかな?」

という捉え方をしたりします。

 

人は自分の中で、ある程度の消化や理解が進んでいる物事には、「極度に反応」することは、あまりありません。
「極度に反応」する場合は、その人も気づいていない無意識の中にある「何か」を守ろうとして反応しているケ-スが多いように思われます。
別にそれが悪い訳でもありません。
実際に今まで自分の世界観の中に受け入れてこなかったことが、ある出来事をきっかけに、堰きを破ったように好きになるケ-スも多々あります。

 

このように、もし皆さんの中でも、何か真っ向から拒否や否定したい話題などが出てきた時に、

「自分の中に何か抑制しているものがあるのかな?」

と考えてみて下さい。

その多くは、

「怖れ」

を基に発していることがよくあります。
それに気づけば、「極度に反応」することも少なくなっていくと思います。

 

「イヤよイヤよも好きのうち」というのは、「イヤ」と思いつつも、その人の無意識の中では「受け入れても良い」という本心が隠されているという見方も出来ます。
そして、それを受け入れるには「怖れ」などの隠された感情に気づくことが大切になります。
かと言って、嫌いなものを無理に好きになる必要も、受け入れる必要もありません。

 

「極度に反応」する出来事があることに気づいた場合は、どうぞ自分の中の隠された感情に気づくように心がけてみて下さい。
そうするとそのような出来事への対処も変わっていきますし、そのような出来事に遭遇する回数も減っていきます。

 

ただし、相手が嫌がっているにもかかわらず、好意を持っている人に対して、「イヤよイヤよも好きのうち」ということを自分の理屈だけで振りかざさないようにして下さい!

 

皆、誰もが「自由意思」を持っているように、相手も「自由意思」を持っています。
それを変える権利も奪う権利も、本人以外は持っていません。

 

それを実力行使しようとすると、スト-カ-行為となり、犯罪になります!

 

そして、これも最近流行のアナと雪の女王の主題歌の中に出てくる、

「ありの~ままの~」という歌詞と、「自由意思」について考えてみて下さい。

色々な発見や気づきがあるかもしれません、、、。

2014年9月25日 06:09

«

»

TOPへ戻る

新着投稿

過去の投稿


プライバシーポリシー

当サイトのご利用規約

サイトの詳細につきましては上記のご利用規約をご確認ください。

当サイトはリンクフリーではありません。
事前の連絡と許可審査が必要です。

スマートフォン、タブレットで読み取ってください

先頭へ